« 練習試合vsFC東京&ドゥンビアさん移籍 | トップページ | 絶食フライト »

2008/06/23

vsバーレーン 悪癖

やっぱりゴールへ向かわないと。

W杯アジア三次予選最終戦、vsバーレーン、1-0。

常に「絶対に負けられない戦い」なTV局のアナウンサーは、試合前、一生懸命あおっていたけれど。

三次予選の突破は双方決まっていて、次の組み合わせは抽選次第だから、勝敗はどうでもよい、ぶっちゃけ消化試合。負けるよりは勝つ方がいいよね、ぐらいの。

ただ、こんな雨の中、お客さんはたくさん駆けつけていて、その人達のために、いい試合はしてほしいな、と思っていた。

ところが、試合が進むにつれ、そこのところの雲行きが怪しく。

最初は優勢だったし、セーブされたけどPKも取ったし、行けるだろうと思っていたんだけど。

日本の悪癖、「上手いけど怖くない」という状態に陥り、ボールは回るけど、得点の気配なし。打てるチャンスでも確実につなぎ、見てる方のフラストレーションが溜まっていく。

確かに相手は引いていたけど、雨も降ってピッチも滑るんだから、もっと強引なミドルシュートがあってもいいのに。

普段から少ないんだよね……。虚を突くのを良しとしないというか、一発勝負を良しとしないというか、そういう国民性のせいだろうか、と試合見ながら悶々としていて。

これで負けたら最悪、と心配になっていたら。

最終盤のパワープレー時、とりあえずゴール前に送り込んだ内田選手のヘディングが、上手いぐあいにぽよーんと弾んで、ゴールイン。

なんとか勝った。よかった。

ゴールに向かうボールに、得点のチャンスがあるのだという、サッカーの永遠の真理を見せられました。

最終予選では、この悪癖が顔を出しませんように。

|

« 練習試合vsFC東京&ドゥンビアさん移籍 | トップページ | 絶食フライト »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/41617771

この記事へのトラックバック一覧です: vsバーレーン 悪癖:

« 練習試合vsFC東京&ドゥンビアさん移籍 | トップページ | 絶食フライト »