« U-23vsカメルーン 最後の選考試合 | トップページ | EURO2008オランダvsフランス 粉砕! »

2008/06/14

今週の雑感記 受け継ぐ

すべった企画を人に見せて感想を聞く。良い点と悪い点が分かる。

そして問題発生。進めていた次の作品にも、同様の欠点があると気付く。それをきっかけに、考え始める。

となると、これは置いといて、別のを進めたほうがいいのか。あっちだろうか、こっちだろうか。毎度恒例の揺らぎが発生。

落ち着いて考えて、スケジュールを整理。ふう。

愛機レイド君、定期点検へ。

十数年ものの機体。バイク屋さんの見る目が優しい。

ポンコツになるほど、増す愛着。

水曜フットサル。フットサルコートは一応午前中から開いていることになっているんだけど、だいたい平日の午前中なんかにヒマな人はあまりいないので(笑)、予約はほとんど入らないらしい。いつも、僕らのために開けてくれるのだ。が。

従業員さんが遅刻。お詫びにもう一時間サービスしますと。

しかし、体力の落ちた漫画家には、時間延長はサービスなのか罰ゲームなのか(笑)。

○ 受け継ぐ

先週6日、野田昌弘氏がお亡くなりになりました。享年74歳。

SFファンには宇宙軍大元帥としてお馴染みの野田さん。数々の業績をお持ちですが、僕にとっては特に翻訳家としてお馴染み。

子供のころに、漫画やら小説やらで数々のおもしろい物語に出会い、どっぷりはまって、気がつけばこんな人生なわけですけれど。

そんな本の中の一つが野田さんのお仕事。「キャプテン・フューチャー」。小学生のころにタイトルにワクワクして手に取った。最初に読んだのは、「暗黒星大接近」か「太陽系七つの秘宝」か……。

「銀河辺境シリーズ」も好きだったなあ。

そうして面白い物語の数々に大きな影響を受けて育ち、大人になって作る側に回り。

「ドラえもん」の藤子・F先生が亡くなった時に、強く思ったんですが。

生物というのは、いつか死ぬ。でも子孫を残して、次世代へつなぐ。そうして連綿とDNAを受け継いできた歴史が、生命の歴史。そしてそれは人間も同じ。

さらに人間は、文明や文化というものも、次世代へと受け継いでいくわけで。

ならば、面白いものを読んで育ち、作る側に回った僕は、その受け取った面白さを、今度は自分が表現して伝えなくてはならない。そうして受け継ぐ歴史が、物語の歴史。

野田さんの訃報に接し、その思いを新たにしたのでした。

腕の問題で、なかなか上手く表現しきれていませんが、がんばります。

|

« U-23vsカメルーン 最後の選考試合 | トップページ | EURO2008オランダvsフランス 粉砕! »

日記・つぶやき2008」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/41280448

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の雑感記 受け継ぐ:

» 【ドラえもん】についてブログや通販での検索結果から見ると… [気になるワードを詳しく検索!]
ドラえもん をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると… [続きを読む]

受信: 2008/06/14 03:09

« U-23vsカメルーン 最後の選考試合 | トップページ | EURO2008オランダvsフランス 粉砕! »