« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008/06/30

EURO2008決勝 スペインvsドイツ

スペイン、1-0でドイツ撃破、優勝!!

録画して起きてから見ようかと思ったけど、やっぱりそのまま観戦。

無敵艦隊がほんとに無敵だったのを初めて見た大会。

技術は高く、切り替えは速く、球際は厳しく。

世界のサッカーはどんどん進化してますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あの日のボツのこと 1

今週末、ナベ先生の次の仕事に入る前に、進めておかなきゃいけない案件がいくつかあって、大忙し。

で、ネタを用意する暇がなかったので、この間発掘した昔の落書きでも。

Ayane3

Ayane4

これは以前滑った企画のキャラクター表。ペン入れした別の絵が研究所の方に載ってます。

これをやっていたのは2006年末頃。「ケッタ・ゴール!」が打ち切りになって、とにかく早々に次の仕事を取らねばと慌てていた時期でした。

「ケッタ・ゴール!」は打ち切られちゃったけれど、連載中に何かコツをつかんだ気がしていた僕は、それを応用して萌え漫画が描けるはずだと、別の雑誌に持ち込み。

打ち合わせは自分史上初というぐらい順調。何せ一発でネームが通ります。一つの作品で二年間、数十回の直しをして結局ボツという経験もあるのですから、やはりコツをつかんだようでした。

しかしこの企画、担当さんはすんなり通ったんですが。

編集長の「絵柄が……」という一言で、あえなく轟沈しました。

そこで僕はある結論に至ります。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/29

vs浦和 白星発進!!!!

やった―――――!!!!

勝った―――――!!!!

vs浦和、2-1!!!!

戦前の注目は、浦和ポンテ選手の復帰で。スポーツニュースもそういう作り。事前のインタビューを録っていた。

そのポンテ選手の柔らかいピンポイントのFKに、阿部選手が合わせて同点とされる。

でも。

ウチだって、フランサさんが帰ってきてるもんね!!!!

ボールを受けると、浦和守備陣を引き付けて、絶妙のアウトサイドのパス!!!! それを太田さんが冷静に相手を外して、流し込んで決勝点!!!!

チュンソン君の先制弾(カズダンス付き)も、北京五輪へ向けてアピール弾になったはずだし、よかった、よかった。

ばんざーい!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/28

今週の雑感記 実感

ナベ先生の仕事。

滑った企画を見てもらったら、他の人に見てもらったときと同じポイントを指摘される。やっぱ、がっちり直さないとだめだ。

終わるころを見計らい、仕事場にみんなが遊びに来て、温泉へGO。しかし、終了一時間前に行ったため、最後はジャグジーでしめようと湯船に浸かったら、足を伸ばしてさあくつろぐぞというところで泡が止まる(笑)。

皆でいろいろ漫画の話。最近激動なので、そんな話題。

○ 同級生ダディ (フクダ地蔵 ヤングサンデー)

フクちゃんの漫画がまた掲載。

しかし、まさに激動真っ只中。あと一ヶ月でヤングサンデー休刊。

とにかくがんばれー!

○ じゃじゃ馬グルーミン★UP! (ゆうきまさみ 小学館)

仕事場で久しぶりに読んで、はまる。

爆発的に面白い、というのではなく、ついスルスルと読んでしまう、そういう種類の面白さ。止まれない~。

4人姉妹の住む牧場に、行き倒れて居候になる主人公という、はっきりラブコメ漫画の設定を持ちながら、ガツガツとそちらへは行かず、のんびりじっくりと話は進む。それを許せる大らかさと懐の深さ。それがあの頃にはあった。

四姉妹の登場が、一人ずつ順繰りに描かれているけど、今だったら、これ、一気に詰め込めと言われるんじゃなかろうか。余裕ないからね。

漫画の不況が鮮明になるにつれ、余裕がなくなり、漫画はこう描くべきだと、許容度がどんどん狭まってきたという実感。

そして、そこから自分がはみ出したんじゃないか、というのも実感。

でもこうして、やっぱり面白いという事はいろいろと幅広いものだ、とも感じられるので。

よれずに突き進もうと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/27

vs浦和展望

さあ、Jリーグ再開!!

浦和戦の展望ですよ!!

と言っても、ポンテ選手が帰ってくると、浦和は別のチームになるし、ウチもフランサさんが帰ってきたら別のチームだし。

という事で、偵察があまり役に立たないのですが(笑)。

まず守備では。

ポンテ選手をとにかく消したい。

上手いので行ってもかわされるかも知れないけど、時間を与えると、好き放題やられてしまう。引け腰にならず、ねちっこく。

高原&エジミウソンの2トップは、両方ボールに触りたいタイプなので、そこで潰せるといい展開に。

闘莉王選手は、やっぱりボランチで来るのだろうか?

攻撃では。

やっぱりフランサさんはジョーカー的使い方?

となると、浦和はがちっと構えて守ってくるチームなので、まずは両サイドから積極的に。

で、後半スペースできてきた辺りで、切り札登場、マジック炸裂を希望!

中断前、ナビスコ杯と、いい流れだったので。

その流れのままスタートダッシュ!!

がんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/26

宇宙ビール

サッポロ、世界初の「宇宙ビール」を醸造へ

サッポロホールディングスが、世界初となる「宇宙ビール」の醸造を計画している。原料には、2006年に国際宇宙ステーションのロシア実験棟で保管されていた大麦種子の子孫が使われるという。

サッポロは岡山大学の研究者らとの共同で、11月に「宇宙ビール」630リットルと「宇宙麦茶」100リットルの生産を予定。今のところ市販の計画はないが、試飲の機会は一部で設けられるという。

ロイター08/5/28

たぶん味は特に変わらないと思うんですが。

それでも宇宙と聞くと、飲んでみたい気が(笑)。

Cosmic_beer

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/06/25

イノシシのおまわりさん

自動車泥棒がイノシシに遭遇、警察に「救助」され逮捕

ドイツ東部シュベリンで、警察に追われた自動車泥棒の男が、逃げ込んだ森で興奮した野生のイノシシの一団に遭遇。イノシシに追い詰められ行き場を失った末に警察に救助されるという珍事があった。警察が23日、明らかにした。

警察によると、男2人が乗った盗難車両は、長距離にわたり警察に追跡される途中、パトカーに激突。警察は同乗者の身柄は確保したものの、運転していた男(18)は、森の中へ逃走、行方を見失った。

警察のスポークスマンは「その後、男はイノシシの一団に遭遇。リーダー格のイノシシが向かって来たため、男は立ちつくし両手を上げて助けを求めた」と説明した。

警察官らは男をイノシシから救出した後、逮捕した。

ロイター08/5/25

Wild_boar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/24

絶食フライト

時差ぼけの予防には絶食が効く可能性=米研究者

米国の研究チームは22日、長時間のフライト前に空腹にしておくことで、時差ぼけを避けられる可能性があるとの見方を示した。脳内の体内時計は通常、外部の明るさに反応して睡眠や食事などのリズムをコントロールしているが、食事が不十分だと第2の体内時計が動き出す可能性があり、それを利用すると時差ぼけを予防できるかもしれないという。

研究を行ったハーバード・メディカルスクールのクリフォード・サパー博士は「約16時間の絶食期間を設ければ、新しい体内時計を動かすのには十分」と指摘。米国から日本への旅行者は約11時間の時差を調整しなくてはならないが、同博士は「体内時計は1日に少しだけしか変化しないので、平均的な人で時差調整には約1週間かかる。たいていそのころは帰途に着く時間だろう」と述べた。

サパー博士らによると、動物は空腹になると食べ物を見つけることを優先させるため、第2の体内時計を通常の体内時計に優先させることができる。また、これら体内時計をつかさどる遺伝子はすべての哺乳動物が持っているという。

同博士は「次回日本に行くときは必ずやってみるつもりだ」と話している。同研究の結果はサイエンス誌に掲載される。

ロイター08/5/23

サッカーの海外遠征に有効?

Fasting

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/06/23

vsバーレーン 悪癖

やっぱりゴールへ向かわないと。

W杯アジア三次予選最終戦、vsバーレーン、1-0。

常に「絶対に負けられない戦い」なTV局のアナウンサーは、試合前、一生懸命あおっていたけれど。

三次予選の突破は双方決まっていて、次の組み合わせは抽選次第だから、勝敗はどうでもよい、ぶっちゃけ消化試合。負けるよりは勝つ方がいいよね、ぐらいの。

ただ、こんな雨の中、お客さんはたくさん駆けつけていて、その人達のために、いい試合はしてほしいな、と思っていた。

ところが、試合が進むにつれ、そこのところの雲行きが怪しく。

最初は優勢だったし、セーブされたけどPKも取ったし、行けるだろうと思っていたんだけど。

日本の悪癖、「上手いけど怖くない」という状態に陥り、ボールは回るけど、得点の気配なし。打てるチャンスでも確実につなぎ、見てる方のフラストレーションが溜まっていく。

確かに相手は引いていたけど、雨も降ってピッチも滑るんだから、もっと強引なミドルシュートがあってもいいのに。

普段から少ないんだよね……。虚を突くのを良しとしないというか、一発勝負を良しとしないというか、そういう国民性のせいだろうか、と試合見ながら悶々としていて。

これで負けたら最悪、と心配になっていたら。

最終盤のパワープレー時、とりあえずゴール前に送り込んだ内田選手のヘディングが、上手いぐあいにぽよーんと弾んで、ゴールイン。

なんとか勝った。よかった。

ゴールに向かうボールに、得点のチャンスがあるのだという、サッカーの永遠の真理を見せられました。

最終予選では、この悪癖が顔を出しませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/22

練習試合vsFC東京&ドゥンビアさん移籍

本日の練習試合、vsFC東京は、1-3。

カボレ選手にハットトリックされてるよ。うーむ……。疲れがあったみたい。

対するウチは、キタジが好調のようで。練習試合や紅白戦で得点が続いています。

中断明けまで一週間。しっかりコンディション整えて、決めろスタートダッシュ!

さてさて、徳島に武者修行に出していたドゥンビアさんが、スイスのBSCヤングボーイズに移籍となりました。

以前のドゥンビアさんは、オフサイドのラインをまるっきり無視したような、ぶっちぎりの飛び出しを見せていたのですが。今季の徳島の試合を見たら、その辺の駆け引きが上手くなってて、得点も伸びていて。

こりゃあ来年が楽しみだわい、と思ってたんですけど。

柏に帰ってくるどころか、跳び越して、ヨーロッパまで行っちゃったよ!?

びっくり。

代表に穴埋めで呼ばれて出場した、あの短い時間で運命が変わったという事でしょうか。

こうなったら、スイスを足がかりにもっと伸びて、何年か後に、フランサさんばりの超強力助っ人として帰ってきてほしいですね! がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/21

今週の雑感記 ゴールへ向かって

日曜日、バイクで仕事に向かう道中、道がガラガラ。ゴールデンウィークみたい。

気がつけば、家族連れの車とほとんどと言っていいほど、出会わない。ガソリン高騰の影響?

犬の散歩をしているお母さん。小さい女の子を連れている。

犬はリードを引っ張って、あっち行きこっち行き。女の子もちょろちょろと、あっち行きこっち行き。車道に飛び出しそうになって、お母さん大変。

子供もリードにつなぎたい?

今週仕事が立て続け。

自分のは一時中断だけれども、ちょっと考え直さないといけないので、ちょうどいい。手を動かしながら、アイディアを練る。

○ ゴールへ向かって

作品を作る時、きちっとゴールへ向かう事は大切だ、と思うのです。

気をつけないと、けっこう、ちゃんとしたゴールを設定せずに進んでいってしまう事態があるんですよ。

一つはお話の中でのゴール。先々どうなるか。特に僕は、ストーリーは積み重ねていって、最後爆発するのが魅力だと思っているので。

爆発と書くと派手な話のことかなと思われるかもしれませんが、淡々とした話でも、そこに終わりがある以上、そこが終わりであるべき作者の思いというのがあって、そういう気持ちが最後花開くと成功。いいオチになる。

ところがウケることに気持ちが行っちゃっていると、冒頭からそういうネタばかりが並ぶ事になり、最初は面白そうなんだけど、だんだんグダグダになっていって、失敗、という事態を招く。要注意。

もう一つは、何を持って成功とするか、というゴール。特に、誰に向かって描いているのか、という事。

どういう人に喜んで読んでほしいか、というイメージがないと、先の「話のゴール」も決まらない。

でも、仕事として話を作っていると、つい人気とか売り上げとか、数字を相手にしがち。読んでいる人は人間で、個性があるのに、顔が見えなくなる。

そうすると、やっぱりフラフラとして求心力のない物になり、失敗するので要注意。

ちょうど見直すタイミングなので、自分にそう言い聞かせてるのです(笑)。

○ 金色のガッシュ!! 33 (雷句誠 小学館)

「金色のガッシュ!!」最終巻、発売。

雷句先生小学館提訴で話題になっていますが。

小学館の編集がひどい、という噂はよく聞くんだけど、僕は一度しか持ち込みに行ったことがなくて、よく分からないのです。

ただ、雷句先生がブログに載せた訴状を読んで、共感するところはありました。担当編集とこじれたところを書いた一文。

当時、この高島雅氏は編集長に「金色のガッシュ!!」の引き延ばしを命じられていました。私との最初の打ち合わせで、引き延ばしのネタをたくさん出しましたので。しかし私の気持ちはもう「金色のガッシュ!!」は終わりを考えていて、それらしい事を編集にも伝えていました。

ですから、よっぽどの良いアイデアやお話展開でなければ「金色のガッシュ!!」を引き延ばすつもりはなかったのです。残念ながら高島雅氏の出してきたネタはあまり良くありませんでした。

引き延ばしは駄目でも、普通にガッシュのお話のネタはたくさん出してきました。が、残念ながら使えないそのネタは「アイデア」ではなく「思いつき」の段階で止まっている。アイデアとは、数ある「思いつき」を、その漫画のキャラ、お話にあて、面白くなるかどうかを頭の中で何度もシミュレーションする。

その中からほんのわずかだけがキャラを活かし、お話を面白くする「アイデア」となる。単なる「思いつき」を無理矢理押し込めばキャラも無茶苦茶になるし、お話も死んでしまう。

しかし、高島雅氏は強引に「思いつき」をゴリ押しし、後のお話に仕上げる展開、どんな矛盾やページ的無理があろうとやれと言う、そして大幅にオーバーしたページ数を出せば、「そんなの18ページに入るわけないだろ?!」と高島雅氏はキレ始める。

そんななか何とか話を面白くしようとするがやはり限界はある。自分であらかじめ考えてたお話を潰して、なぜ苦しんでまでつまらないお話を描かねばならないのかとストレスがたまる。

人間関係がこじれちゃってて、特にひどくなっている気配ですが、でもこれは、よくあることなのです。

漫画家はこれでよく悩みます。僕も悩みました。引き伸ばしの方はなかったですけれども(笑)。

でもこれ、本質的に仕方ないと思うんですよね。僕の場合、担当さんがひどい人だった、というのは全然ないんです。それでもすれ違う。前述の、ゴールが違うから。

漫画家は、面白い物が描きたい、と思っています。対して編集者は、売れる物を作るのが仕事です。

「面白い=売れる」なら、何も問題ないんですけど、最後の所でかみ合わなかったりします。「面白い」には個人差があって、ある人にとって一番面白い物が、世の中で一番売れる物とは限らないからです。

漫画家だってそりゃ売れたいし、編集者だって面白い物作りたいだろうけど、優先順位がどちらか。どっちが正しいという問題ではありません。立場の違いから来る必然。どっちも正しい。

となると、作家的には「ここで終わるのが一番面白い!」となっても、出版社としては「売れてるのにもったいない」となるし。

編集者が作家側から見たら「思いつきレベルのアイディア」になるのも、その場その場で面白いシーンにして人気を出せば売れる、という連載漫画の仕組みが影響している、と思うのです。

そういう本質的な違いのある中で。

かつ、どうもそれが、すごいこじれちゃってる節のある中で。

これだけ自分の想いを貫いて、ゴールに飛び込んだというのは、ホントに稀有な事例。

もしかしたら、もう出ないかもしれない大傑作ですよ!!

雷句先生お疲れ様でした。

裁判もがんばってください。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/06/20

6/14NOAH横浜文化体育館 反省

6/14NOAH横浜文化体育館大会メインイベント、GHCヘビー級選手権、王者森嶋猛vs挑戦者杉浦貴。

フィニッシュ前の森嶋君の、超重爆ムーンサルトプレスにはびっくりしたけど。

試合後インタビューで森嶋君が反省しきりだったのに、もっとびっくりした。

冒頭から平謝り。確かに最上級かと言われれば、そうじゃないかもしれないけど、そんなに悪かったかな。

聞き手のアナウンサーもびっくりして、そんなことないですよねお客さんと振り、お客さんもそれに応えていたけれど、森嶋君はかたくなで。

解説の秋山さんも、気持ちは分かりますよ、と具体的なことは言わなかったけど、理解を示していた。

きっと、素人では分からない、細かい事がいろいろあったんだろう。そこを追い求めるプロフェッショナルな気持ちは、よく分かる。

大丈夫!

素人目に見ても緊張でガチガチで、動きの悪い初防衛戦だってあるんだから(笑)。

じゃあきっと、次はもっとすごいんだな、と期待して待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/19

練習試合vs新潟経営大学 ひさびさ

久々に試合!

練習試合vs新潟経営大学、30分3本計2-1!!

ナビスコ杯が終わってから、10日ほどしか経っていませんが、すでにレイソル欠乏症です。ほんと、すごい久々な気分。

疲れもあり、圧勝というわけには行かなかったようですが。

フランサさん、キタジのポストを中心に、2列目が押し上げていくという、本来の攻撃の形が見えたようです。

今年は、なかなか攻撃のコンビネーションを構築できずに、序盤苦労したからなあ。

ここでばっちり連携高めて、中断明けから突っ走ってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/18

犬用ビール

オーストラリアで犬用「ビール」がヒット商品に

オーストラリア国内のペットショップでは、飼い犬向けのノンアルコールビールがヒット商品となっている。「ドッグ・ビール(DB)」と名づけられたこの商品を開発したのは、シドニーでぺット関連商品ショップを経営するエリース・シューマッハーさん。

自身の飼い犬2匹がビールを喜んでなめたことで着想したという。

シューマッハーさんはロイターの取材に対し「(商品の)スローガンは『ベストフレンドにビールをごちそうしよう』。飲んでみたところ、味はビーフのようでにおいはビールみたいだった」と述べた。

犬向けノンアルコールビールは、通常のビールと同じく茶色のボトル詰めで、値段は1本5豪ドル(約500円)で販売されている。

ロイター08/5/19

牛肉味?

Beer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/17

寄与してます

肥満人口の増加、地球温暖化に寄与=英研究

英ロンドン大学の研究チームが、肥満や過体重の人々はそうでない人たちに比べ、移動により多くの燃料が必要となったりより多くの食料を食べたりすることにより、地球温暖化に寄与しているとの見方を示した。また、肥満人口の増加によって、同問題が将来的に深刻化すると警告している。

研究チームのフィル・エドワーズ氏とイアン・ロバーツ氏は、学術誌ランセットに16日掲載された論文で、肥満人口増加の問題はさらに、食料不足やエネルギー価格の上昇にもつながるとしている。エドワーズ氏は電話インタビューで「肥満は(さまざまな問題の)全体像の中でカギとなる部分だ」と述べた。

世界全体では現在、少なくとも4億人の成人が肥満とされている。世界保健機関(WHO)の推計によると、2015年までに成人23億人が過体重となり、肥満の人は7億人を超えるという。

ロイター08/5/16

Global_warming

ちょっと落としたんだけど、ストレス食いでリバウンドしちゃった……。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/06/16

vsタイ 幻の2トップ

仕事先で見てました、W杯アジア三次予選、アウェイ、タイ戦。

3-0で快勝!!

前半は日本のペース。後半はやはり暑さで運動量が落ちたか、プレスがかからなくなり、タイに押し込まれる時間帯も。

しかし、きちっと3点取って、完封。立派です。

後半途中から、玉田&矢野の2トップ。

もしあの時、ウチがあんな状態でなければ、この二人は今でもレイソルで、今ごろ僕は狂喜乱舞していただろう、とちょっと遠い目。

しかし、あの試練を乗り越えたから、今の素敵な状態があるので、帰りたいと思ったのではなく。

早くウチからも選ばれて、熱狂的に応援したいなあ、と思ったのでした。やっぱり普段から応援している選手がいた方が、燃えるから。

その後行われたバーレーンvsオマーンは、1-1。日本の2位以内が確定し、最終予選進出が決まりました。よかった、よかった。

最終予選で、誰か呼ばれないかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/15

EURO2008オランダvsフランス 粉砕!

仕事あるから寝なきゃいけないのに、つい見ちゃった。

オランダvsフランス、4-1!

オランダすごい強い。びっくり。

特に、アンリがさすがの得点で、2-1と1点差になった直後の、ロッベンの得点。

電光石火の鋭いつなぎで一気にゴール前、そこからロッベン、角度ないところでニアの上に突き刺す。

あんぐり。声もなし。

ロスタイムにも、格上なのかと思わせる駄目押し弾。ほんとすごい攻撃力です。これでイタリア、フランスと、強豪国相手に計7点。

死のグループって言われてたのに、こんなにあっさり一位抜け決まるなんて。

対して、なんと、イタリアとフランスは、片方は確実にグループリーグ敗退。下手すると両方消える。

どうなるんだろう。目が離せません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/14

今週の雑感記 受け継ぐ

すべった企画を人に見せて感想を聞く。良い点と悪い点が分かる。

そして問題発生。進めていた次の作品にも、同様の欠点があると気付く。それをきっかけに、考え始める。

となると、これは置いといて、別のを進めたほうがいいのか。あっちだろうか、こっちだろうか。毎度恒例の揺らぎが発生。

落ち着いて考えて、スケジュールを整理。ふう。

愛機レイド君、定期点検へ。

十数年ものの機体。バイク屋さんの見る目が優しい。

ポンコツになるほど、増す愛着。

水曜フットサル。フットサルコートは一応午前中から開いていることになっているんだけど、だいたい平日の午前中なんかにヒマな人はあまりいないので(笑)、予約はほとんど入らないらしい。いつも、僕らのために開けてくれるのだ。が。

従業員さんが遅刻。お詫びにもう一時間サービスしますと。

しかし、体力の落ちた漫画家には、時間延長はサービスなのか罰ゲームなのか(笑)。

○ 受け継ぐ

先週6日、野田昌弘氏がお亡くなりになりました。享年74歳。

SFファンには宇宙軍大元帥としてお馴染みの野田さん。数々の業績をお持ちですが、僕にとっては特に翻訳家としてお馴染み。

子供のころに、漫画やら小説やらで数々のおもしろい物語に出会い、どっぷりはまって、気がつけばこんな人生なわけですけれど。

そんな本の中の一つが野田さんのお仕事。「キャプテン・フューチャー」。小学生のころにタイトルにワクワクして手に取った。最初に読んだのは、「暗黒星大接近」か「太陽系七つの秘宝」か……。

「銀河辺境シリーズ」も好きだったなあ。

そうして面白い物語の数々に大きな影響を受けて育ち、大人になって作る側に回り。

「ドラえもん」の藤子・F先生が亡くなった時に、強く思ったんですが。

生物というのは、いつか死ぬ。でも子孫を残して、次世代へつなぐ。そうして連綿とDNAを受け継いできた歴史が、生命の歴史。そしてそれは人間も同じ。

さらに人間は、文明や文化というものも、次世代へと受け継いでいくわけで。

ならば、面白いものを読んで育ち、作る側に回った僕は、その受け取った面白さを、今度は自分が表現して伝えなくてはならない。そうして受け継ぐ歴史が、物語の歴史。

野田さんの訃報に接し、その思いを新たにしたのでした。

腕の問題で、なかなか上手く表現しきれていませんが、がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/13

U-23vsカメルーン 最後の選考試合

あ、スタメンにチュンソン君がいない。

ぷしゅう~。(←テンション下がる音)

さてキックオフ。

・・・・・・

前半終了、0-0。

守備が安定している日本。

このチーム、だんだんそういう特徴が出てきて、ここに至る。反町監督はもう守り勝つ腹を括ったのだろうか。今日の両SBはCBも出来る人材で、後ろ四枚は一対一も強く、カバーリングも安定。

ただ、1トップ孤立気味。得点力不足は、このチームの場合、FW個人のスキルだけではなく、後ろ重心なのも原因だと思う。

ゴール前に飛び込む人数増やさねば。さてどうする。

そしてチュンソン君は出るのか。さてどうなる。

・・・・・・

試合終了、0-0。

チュンソン君途中出場!

その後の方がいい攻撃があった、と思うのはひいき目ですか?

いいシュートが一本あって、あれが入っていれば文句なし。

最後、水野選手のFK、相手GKが指一本触れた? バーに当る。惜しかった。

守備は最後まで安定。ポジション取りがよく、アフリカ人特有のスピードを発揮させなかった。

攻撃では、流動的な動きは良かったけど、やっぱりもう少し前重心の配置の方が。後半は改善。

さてこれで、次はいよいよメンバー発表。オーバーエイジは誰になるのか。チュンソン君はちゃんと残れるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/12

目潰し

オーストラリア人男性、襲ってきたサメの目突いて無事生還

オーストラリア南西部のビーチで11日、体長4メートルのホオジロザメに襲われた男性が、左足をかまれて大けがをしたものの、サメの目を突いて無事生還していたことが分かった。

この男性ジェイソン・カルさん(37)は、12日付のオーストラリアン紙に対し「最初はイルカだと思った」とコメント。「後ろに引っ張られたのは覚えている。手探りでサメのエラを見つけようとしたが、目を見つけたので指で突いたら(カルさんを)離した」としている。

同国では昨年、12件のサメによる襲撃が報告されている。

ロイター08/5/12

よく助かったなあ。

Shark

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/11

EURO2008オランダvsイタリア ハセにこのボールがくれば

欧州選手権、始まっています。本日見たのは。

オランダvsイタリア、3-0。

おや、意外な大差が。

印象に残ったのは、2点目。

スナイデル選手のボレーはもちろんアクロバティックですごかったんですが、その前の、ダイナミックかつ正確な展開。

実はこの試合の前に、録ってあったJ2の試合を見ていて。山形の試合。

長谷川君を応援しに見ているわけなので、そこばっかりずっと見ている。するとやきもきするわけですよ。クロスがね、けっこうミスキックであさってへ飛んでいく。

んで、この試合を見ていて、ハセにこの質のボールがくればなあ、と……。

それどころか、日本代表にだってほしいわ!!(+o+)

ほんと、強いチームほど、基本的なキックの質が高いんですよね。糸引くようにボールが回って、見ていて気持ちいいのです。

すごいでかい選手そろえるとか、すごい速い選手そろえるとかは難しいけど、キックの質は日本もこうなってほしいですね。

ちなみに長谷川君はなかなか良くなっていましたが、シュートの質はもう一段高めてほしいなと思いました。がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/10

6/1NOAHきたえーる どよめきとため息と

すごいな。

6/1NOAH北海道立総合体育センターきたえーる大会。GHCJrタッグ選手権や、抽選によるヘビー級シングルマッチ3連発と、盛りだくさんな大会の中。

メインイベントの、森嶋猛vsモハメド・ヨネで。

森嶋君がマジですごい。

フィニッシュに至る怒涛のラッシュ。

プロレスで、大技が出てお客さんが沸く、というのはよくあるけれど。

投げっ放しのジャーマンが、ものすごい投げっ放しっぷりで。

ラリアットで、飛びかかるような勢いで殴り倒し。

しばき合いをはさんで、またラリアット。

そして最後は問答無用のバックドロップ。

どよめきとか、悲鳴とかが客席から出てる。最後はため息。

すごい怪物チャンピオンぶり。

しかし次のチャレンジャー杉浦さんも、この日元気一杯。

タイトルマッチが楽しみ。でも、仕事か……?(・・;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/09

ナビスコ杯vs札幌 昨年と同じく

狙い通りに大差勝ち!!

 

ナビスコ杯、vs札幌、3-0!!

 

でも、決勝トーナメント進出ならず!!

 

狙い通り、後半フランサさん入れて、猛烈な追い込みを見せたんだけどなあ。

なんかナビスコ杯になって、ポポさんがもう一段フィットした感があって、ウキウキだったんだけど。

よそが勝っちゃったから……残念。

でもみんながんばった。チームがなかなか上向かなかった時期の前半三戦でもたついた分を、後半三戦で怒涛の挽回。イシさんもがんばりを認めて、休みは四日になったようです。

あの谷澤機雷炸裂がなければ……くうー、かえすがえすも残念。

さてさて、最終節でがんばって3-0、でも決勝トーナメントに届かない、というのは、奇しくも昨年と同じです。

で、これから中断期間に入って、合宿があるわけですが。

中断明け第1戦が浦和というのも、昨年と同じです。

ナビスコ杯は残念だったけど、合宿でぐっとレベルアップして、昨年同様の中断明けからの快進撃を見せてほしいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/08

シモさん@ジャパンスターズ

僕はふだん、「スーパースターがやってくる!」的な親善試合に盛り上がるタイプじゃないんですが。

この試合は違った。

だって、我らが下平さんが、ジャパンスターズに緊急招集!!

「+1フットボールマッチ」ジャパンスターズvsワールドスターズ、2-2。

下平さんの出番は後半から。本職のボランチではなく、左サイド。でもそのおかげでちょうど手前側。TVによく映るので、見ている方としては嬉しい。

シモさんが走る!

シモさんがパス!

シモさんがタックル!

あっ、だんだん足が止まってきた!(笑)

久々にシモさんの活躍を存分に堪能。

ワールドスターズのお目当て、われらが洪さんが、後半すぐに引っ込んでしまったのはちょっと残念。でも、出るまぎわ、シモさんと握手していたのを目ざとくチェック。

たっぷり楽しく応援できました(^^)

他の選手で気になったのは、大黒選手。このままだともったいないよなあ。どうするんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/07

vsオマーン なんとか

さて、W杯アジア三次予選、オマーン戦。

ホーム快勝を受けてのアウェイ。しかし、楽観はできません。何しろ。

めっちゃ、暑い!!

38℃あるってよ!?

きれいなサッカーしてる場合じゃなさそう……。

対するオマーンはいきなりの監督交代劇。そこでどう変わってくるのかも気になるところ。

さあキックオフ。

がんばれ!!

・・・・・・

前半終了、0-1。

CKからのこぼれをシュートされて、早い時間に失点。

そこからの日本、相手の術中にはまっている感じ。

ベタ引きした相手を崩そうとするあまり、中央に偏り、そのうちだんだん、暑さで動きが減っていく。足元でボールが回って、シュートがなくなる、まずいパターン。

思い切ったミドルシュートがほしい。

ターゲットマンを入れて、もっと早めに放り込んでもいいかもしれない。

・・・・・・

試合終了、1-1。

なんとかドロー。ふう。

後半開始から、ギアを上げてきた日本。

仕掛けてPKを取ったタマちゃん、偉い。

相変わらずのマジックPKを決めた遠藤選手、偉い。

そして何と言っても偉かったのは、そのすぐあとのPKをビッグセーブした、楢崎選手!

先に動かず、駆け引き勝ち。あれがなかったら、勝ち点で並ばれて大ピンチだった。大殊勲!

さあこれで、次はタイ戦アウェイ。この試合で熱暑対策できたはずだから、もう少し動けるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビスコ杯vs札幌展望

さあさあ、ナビスコ杯vs札幌戦ですよ! とにかく目指すは勝利! それも、大量得点で!

まずは守備から。

攻めがクローズアップされるけど、守備大切。大差勝ちしたいのに、失点してたらおっつかない。

そんな時ダヴィ選手がいないのは吉報。しかし油断は禁物で、クライトン選手には注意。流れの中の上がりもあるし、セットプレーでいやなボール蹴ってくるし。

きっちり守って狙え完封!

そして攻撃。

3ラインを作ってゾーンで守ってくる札幌。守備的なイメージですが、つけいる隙はある。

間にどんどん顔出して、すばやくボールを回したい。そして積極的な仕掛け。思い切ったシュート。

最後はフランサさんのマジック炸裂を希望。狭いゾーンをぶっ壊してー!!

行くぞ、決勝トーナメント!!

がんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/06

今週の雑感記 下げ圧力

もう梅雨入りだって。早い。わけあって、てるてる坊主を逆さに吊るした成果だろうか。

すべるとやっぱり発生する下げ圧力。そんな中作業しているのは明るい話なので、テンションを維持するのが大変。気力の勝負。

NHKのクローズアップ現代で、出版不況の話。ランキングでしか本が売れないと。全体は下げ止まっておらず、出版点数を増やしてしのぐのも、もう限界。

この構造の外側に出たいんだ。そのための遠回りだ。がんばろう。

さて、キャラクターがきちっとかみ合っていないのが、目下の悩み。どうしよう。

○ 築地魚河岸三代目 21 22 23 (作・九和かずと 画・はしもとみつお 小学館)

新刊出ないなと思ってたら、映画合わせでためておいての連続刊行でした。

出ない間に世界的食糧危機。漫画は変わっていないのに、なぜか話が深刻になったような気がします。

(・・;;)オソロシイ

○ ISON -イソン- (一乃勢まや 富士見ファンタジア文庫)

ウイルス性の病気を治療するため投与された医療用ナノマシンの、思わぬ副作用によって、超人的な知覚力を持つ主人公。その力を生かして、賞金稼ぎとして、凶悪犯を捕まえて生活している。

ある日、なぞの金髪美女によってもたらされた依頼は、プロも二の足踏むような大物狩り。ターゲットは武器商人とテロ組織のボス。けれど、その依頼の裏には、もっと大きな事件が隠れていて……。

テンポのいいアクション物。すいすい読めました。

○ ムーンスペル!! (尼野ゆたか 富士見ファンタジア文庫)

国家詠唱士の試験に五浪している主人公。最近は、もう自分は受からないのではないか、と自信喪失気味。そんな時、雨の中倒れていた少女を助け、その面倒を見ることに。

ところがその少女は、二千年もの間封印されていた、大きな謎を秘めた少女。世界をひっくり返すような力を持つ。それを狙う連中がやってきて……。

掛け合いのテンポがいいラブコメ。こちらもすいすいと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/05

イモあげあげ

スイス政府、サッカーファンのためにジャガイモ追加輸入

サッカーの欧州選手権(ユーロ2008)を来月に控えるスイスが、大会期間中に見込まれるフライドポテトの需要増のため、ジャガイモの輸入制限を緩和することになった。同国農業当局のスポークスマンが7日、国営ラジオで明らかにした。

スイス政府は、大会準備段階ですでにジャガイモの供給不足に陥っているとする業界団体からの要請を受け、5000トンの追加輸入を決定したという。

業界団体は、海外からの観客のためにフライドポテト用のジャガイモがさらに3000トン必要になると試算。残りの2000トンはその他の製品に利用される。

スイスとオーストリアが共同開催するユーロ2008は、来月7日─29日の日程で開催される。

ロイター08/5/8

始まるなあ。どこが優勝するかなあ。

Potato2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/04

呼吸を止めて一秒…?

水中で息を止める世界記録達成

米国のマジシャンがシカゴで30日、水の中で息をどれだけ止められるかの世界記録に挑戦、17分4秒で新記録を達成した。ギネスブックによる最高記録は、スイスの男性による16分32秒で、これを32秒上回ったとしている。新記録を達成したのはデービッド・ブレーンさん(35)。次は、どれだけ起きていられるかの記録に挑戦する予定。これまでの記録は11日間とか。

共同通信08/5/1

マジック?

Breath

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/03

vsオマーン 完勝

見事な勝ちっぷり。

W杯アジア三次予選、vsオマーン、3-0!

完勝過ぎて、眠くなった(笑)。

前回バーレーン戦の敗戦を受け、戦前はかなりピリピリしてたみたいだけど、試合はびっくりするぐらいの日本ペース。まったく危なげなし。

プレスがはまり、どんどんボールが回り、いい時間帯に得点も出来て、言う事なしの完勝。

ただ次から暑いアウェイが二戦続きます。vsオマーン、vsタイ。もう向こうは、35℃超えてるらしい。

かなり厳しい戦いになると思われますが、このサッカーを続けることができるか。がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/06/02

サテvs湘南 育ててます

今年は、サテライトの勝率はよくない。1分2敗で迎えた本日は。

サテvs湘南、0-1。

3敗目。しかし仕方ない。

少数精鋭で挑んだ今年、そこから怪我人出たために、サテはすっかり人手不足。ユースっ子の応援が欠かせない。そのためか、なんか若さの出ている負け方をしているような。

今日は、この試合の後にユースの公式戦があるからか、さらに若かったり。先発の山嵜君なんて高校一年生ですよ。

でも、むしろそれが楽しみなのです。

去年サテの試合を見に行った時、活躍したユースっ子から、輪湖君と太田君がプロ入り。輪湖君は現在甲府で左SBのポジションを勝ち取り、山形に行った太田君も、この間試合に出ていた。

レイソルでじゃないのが残念だけど、そうして伸びていく子を見るのは楽しい。

若い子にチャンスをあげれば、めきめき育つ。今年は特に豊作みたいだし、どう育つかな。

書いてる最中に気付いたけど、山嵜君、TVで見たことある! U-12の時、全国大会に出てた!

ますます楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/06/01

ナビスコ杯vs千葉 さすが

勝ちたかったー!!

ナビスコ杯vs千葉、1-1でドロー。

勝てば首位に立てたんだけど……。PKゲットは谷澤君ですか。調子良さそうだったんで、怖いなあと思っていたけど……。

そんな先制点を取られて苦しい展開の中。

フランサさんが復帰!!

交代後はものすごい追い上げだったみたい。さすがです!!

今日は同点止まりだったけど、次にも期待が持てますね。まだ可能性はある。

大量得点大勝利で、目指せ予選突破!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »