« vs清水 苦しい | トップページ | vs千葉展望 »

2008/05/01

4/27NOAH武道館 声が聞こえた

たっぷり堪能。4/27NOAH武道館大会。

大混戦のグローバルタッグリーグは、最終日の武道館大会を迎え、まだ5チームに優勝が残っていました。

そんな中、優勝は、まったくノーマークだったバイソン&斉藤組。

どれぐらいノーマークだったかというと、アナウンサーの人がちゃんと星勘定してくれないぐらい。

「三沢組、秋山組が点数を伸ばせなければ、巴戦の可能性も!」その時はバイソン&斉藤組が勝ってて、優勝では? メインで両者リングアウトかノーコンテストで無得点の時、そうなる可能性があったんだけど、なかなかちゃんと言ってもらえない。

あまりのノーマークぶりがかわいそうになって、応援していました。勝ってよかった、よかった。

さて、たっぷりと楽しんだグローバルタッグリーグ以外にも、この大会は熱戦が続き。

特に、第5試合、小橋&本田&KENTAvs高山&佐野&潮崎は、意地と意地がぶつかり合う、ものすごいテンションの試合。

小橋さんと潮崎君のチョップの打ち合いで、何でオイラはうるっと来ているのだろう、と。

技に気持ちを込めるとは言うけれど、ホントに声が聞こえるようだった。こういうのはプロレス特有です。

潮崎君は本当に成長したなあ、と感動。とてもいい試合でした。

|

« vs清水 苦しい | トップページ | vs千葉展望 »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/41050110

この記事へのトラックバック一覧です: 4/27NOAH武道館 声が聞こえた:

« vs清水 苦しい | トップページ | vs千葉展望 »