« 酔っ払い戦車 | トップページ | 今週の雑感記 引き立て役でも »

2008/04/11

vs京都・新潟回顧&vsマリノス展望

火曜に帰ってきて、久々の完全オフ、ごろごろday二日間。明日からはまた助っ人なのです。

フットサルに行き、録りだめてあった5試合を観戦、サッカー三昧。

まずは久々の勝利となった、京都戦の感想から。

どんどん蹴ってくるから、なかなか引っかかる事はないんだけど、それでも行く、果敢なプレス。

そしてゴール前、身体を張って飛び込んで、シュートを阻止。これがレイソル真骨頂。よしよし。

チュンソン君の得点は、ホントに見事。何度見ても、ほれぼれ。

そして現在、新潟戦観戦中。ちょいとお待ちを。

・・・・・・

見終わりました、新潟戦。

まず、新潟が前の試合よりよかった。もっと中盤連動できてなくてスカスカで、ラインはズルズルと下がってボール持ち放題だったのに。ウチの試合で調子上げてこなくてもいいのになあ。

で、スコアレスドローだったけど、攻撃としてはむしろこの試合の方がよかったような。

左右に振るだけではなく、縦にも揺さぶって、決定機を作り出していた。

要するに後は決めるだけだったわけで。

大谷君のボレーがジャストミートしたりとか、太田さんのループがもう少し高く行ったりとか、後半のゴール正面のシュートが左右どっちかへ飛んでたりとか、石川君のシュートがもう少し右で上手いことGKの股間を抜けたりとか、ミノル君のシュートがあと少し外だったらとか……。

ここが辛抱のしどころなんだな、と思います。

方向性は間違ってない。去年よりよくなってる。でも、結果に結びつくところまではいってない。

カウンターを武器に、中位ぐらいまでは行くんですよね。そこから安定して上位に留まるために、相手を崩すパターンを増やす必要がある。

そこで辛抱できなくて、拙速な手を打ち、いい部分までなくしてしまうチームをよく見かけます。そうなったらだめだ。ここでしぶとくやり続けることだ。

ちゃんと居残りシュート練習もしてるんだし。成果は必ず出るはずだ。

という事で、しぶとく行きたいマリノス戦展望。強敵。調子いい。

守備では。

猛烈なプレスから波状攻撃を見せていた昨年と違い、今季マリノスは、つないで崩すサッカーへ。

開幕戦以来のプレスが有効な相手です。選手の質が高いので大変ですが、恐れずどんどん行きたいところ。

特にJ2の時仙台でお馴染みだったロペス選手は、厳しく行って自由にさせたくない。

ボランチの位置から飛び出してくる山瀬選手は要注意。見逃さずにきちっとつかないと、パスありドリブルあり、そしてためらうことなく打ってくる、めっちゃ危険なミドルシュートあり。

セットプレーはでかい選手が揃っているので、とても危険。体寄せる。足を止めずセカンドボールを拾う。

攻撃では。

3バックなので、サイドから攻めたいのですが。

CB陣が大きいので、単純に放り込んでも効果薄。一工夫必要。

後は自分達のサッカー信じて、思い切って攻めきること。

がんばれ!

 

追記:今新聞読んでたら、ロペス選手欠場濃厚の報。

それ行け!! がんばれ!!

|

« 酔っ払い戦車 | トップページ | 今週の雑感記 引き立て役でも »

レイソル2008 夢の終わり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/40841995

この記事へのトラックバック一覧です: vs京都・新潟回顧&vsマリノス展望:

« 酔っ払い戦車 | トップページ | 今週の雑感記 引き立て役でも »