« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008/04/30

vs清水 苦しい

連敗……。

vs清水、0-2。

苦しいですね……。

今年は前半苦しいな、と予想していたけれど、ここまでとは。

だんだん固まってきたところで、ハプニングでまた人がいなくなったのが苦しい。

選手のみんなは、いない人を言い訳にはしないと言っていて、その気概は良しなんだけど。

実際問題、やっぱり苦しい。

しかし、GW連戦中で、嘆いている暇はなく。

こういう時こそ、応援しなくちゃ。

というわけで、すぐに千葉の偵察を開始。

がんばれ、がんばれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/29

vs清水展望

中2日は、偵察も大変。大急ぎ。

清水はFWをターゲット西澤選手、動き回る原選手のコンビにしてから、調子が上がっています。難敵。

守備では。

トップ下のフェルナンジーニョ選手を上手く消したい。

前節川崎戦では、大橋選手が入った後半、下がってくるジュニーニョ選手とともにバイタルエリアを使われて、ラインが下がってしまった。清水ではフェルナンジーニョ選手。自由に持たせないこと。

藤本選手のキックは正確なので、セットプレーも注意。

攻撃では。

堅い守備をどう崩すか。

組織も安定しているので、思い切った仕掛けがほしいところ。攻撃には勢いが出ているので、継続してどんどん行きたい。

とにかく目の前の試合に勝つだけだ!

がんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/28

コアラも

オーストラリアのコアラ、気候変動の犠牲になる可能性

オーストラリアの研究者らは、気候変動の影響によってコアラが犠牲になる可能性があるとの見方を示している。気候の変動によってコアラの主食であるユーカリの葉が食用に適さないタイプに変質する可能性があるという。

ジェームズ・クック大学のアイバン・ロウラー博士の研究によると、空気中の二酸化炭素が増加すると、ユーカリの葉に含まれる窒素などの栄養分は減少する一方、毒性のあるタンニンが増える。また、ユーカリの葉に含まれるタンパク質の量も大幅に減少するため、コアラはその分大量のユーカリを食べなくてはならなくなるという。

ロウラー博士は「コアラを取り巻く食物連鎖は非常に繊細なバランスで成り立っているので、小さな変化が深刻な結果を招きかねない」と警告している。

ロイター08/4/7

シロクマが温暖化のため絶滅しそうだというのは、最近知れ渡ってきましたが。

コアラも?

Koala

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/26

vs川崎 願いよ届け

チームに激震。

オイラに動揺。

進めなきゃいけないネームが、1ページしか進んでいません。

ニュースを聞いて、僕が願った事は。

とにかく試合に集中してほしいという事。

たぶん出発直前に大騒ぎだったと思うんだけど。

その動揺を押さえ込んで、試合に臨んでほしいという事。

思った事は。

もし自分が監督だったら。

あの人を急遽メンバーに入れるに違いないという事。

あの人の人間力を頼るだろうという事。

 

そして。

 

キタジ、入ってる!!!!

 

頼むぞ!!!!

 

みんな、がんばれ!!!!

 

さあ、BS1で生中継。ネームおいといて、全力で応援だ!!

ウチのスタメンは前節ヴェルディ戦と同じ。川崎は前節の失点を受けて、中盤の守備力を上げてきた模様。

狙いは両サイド裏。両翼が足の速い人になったので、もう、どんどん走れ!!

・・・・・・

前半終了、2-0!!!!

ポポさんの突破、素晴らしい!!

アレックスさんのシュートお見事!!

パンゾー君の思い切った攻め上がりとシュート!! そうだ、積極的に行けば、入るのだ!!

そして何よりみんな、走ってる!!

川崎は後半さらに攻めてくるはず。球際負けない。受身にならない。

そして、さらにどんどん裏狙え!!

・・・・・・

試合終了、2-3……。

PKは南さんの身体の下をすり抜け。

寄せが一瞬遅れたところでミドル2発。

紙一重のところで勝ち点飛んでった……。

がっくり……。

終了直後、ナベ先生と電話で愚痴り。

その後、ふて寝しようと思ったけど。

チームが前を向いて闘い続けるしかない、苦しい時に。

ふててる場合ではないなと、思い返し。

でも、やけ食いだけは、させてくれ!

買い物行ってきます……。

・・・・・・

ポテチやけ食いして、一息ついたら。

試合後の異議で退場者が出ている……。

試合終了した途端、悔しくてTV切ったので、気がつかなかった……。

二人も悔しかったんだろうな……。

でも赤紙めっちゃ痛い……。

気持ち切り替えようと、清水の偵察を始めたところだった。

それでも前向いて闘うんだ。

がんばれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/25

逮捕

(+_+) 余罪があったとは……。

川崎も関塚監督が健康上の問題で辞任して揺れてるかもしれないけど、ウチも激震。震度は上かも。

午前練習後逮捕だって……。今週の準備が丸々無駄じゃん……。

しかも動揺したまま、みんなバス乗って行っちゃったよ。大丈夫かなあ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

vsV回顧&vs川崎展望

何度見ても、得点シーンはいいものです。大量得点で快勝のヴェルディ戦。

ヴェルディが調子上がってない分は、差っ引かなくちゃいけないと思うんだけど、とにかく点が入ったのが喜ばしい。結果が出ないと、やっぱり焦りが出てくるから。

この日のポイントは、真ん中の構成。ポポさんを1トップに、チュンソン君とアレックスさんがトップ下。

トップ下二枚ですが、チュンソン君は上がり目でアレックスさんは少し下がり目な印象。特長生かして上手く役割分担出来ていて、いい感じ。

ポポさんが1トップだと、上背がないのでロングボールのターゲットマンがいなくなっちゃうけど、下のボールなら、フィジカルはしっかりしているので、やってやれないことはない。この配置が一番いいかも?

右から左から、中央も崩してセットプレーも、と申し分ない大量得点。

さらに。

J1初出場となった大島君の「ピッチがキラキラ光って見えた」というコメント。

ユースの後輩を早く入れてあげるために、プレーを切った大谷君と石川君の心配り。

なんかもう、幸せ感でいっぱいの試合でした。よかったよかった。

さて、次は川崎戦。ナビスコ杯のリベンジマッチ。

川崎は前節、多摩川クラシコで4失点で敗戦。まだ不安定か。

守備では。

ナビスコ杯ではプレスがかからず、やられてしまったようですが、今回はかけ切りたい。

特に中盤のパスの出所、中村選手は潰したい。そして、システムにもよりますが、出てきた場合は大橋選手も。

前回ハットトリックのジュニーニョ選手を抑えたいのはもちろん、チョン・テセ選手も調子いいので注意。

攻撃では。

前節は出場停止で休みだった茂原さんがポイントか。

3バックの川崎に対して、サイドに起点を作って押し込みたい。

ただ、CBは大きいので、そこは一工夫。

がんばって勝ちましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/24

野に花咲き蛙鳴き

さらにウグイスも鳴いていた。

そんな春なのに、風邪ひいた(嘆)。

ここ最近、行く先々で風邪がはやっていて、どこかでもらったみたい。

別に高熱が出るほどではなく、仕事してたら、原稿に鼻水がたらーっとたれそうになったという、どちらかと言えば面白トピックなんだけど。

こじらせるとなんなので、仕事打ち上げ温泉に行かず、直帰。くそう。

漫画読んで、寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/23

悪のサーカス団

イタリアのサーカス団、少女にピラニアの水槽で泳ぐよう強要

イタリアの警察は、同国南部のサーカス団から、興行の一環としてピラニアのいる透明水槽で泳ぐよう強要されていたブルガリア人少女(19)と、その妹(16)を救出したと発表した。

警察によると、妹の方は、箱に押し込められた状態でサーカス団員からヘビを投げつけられ、けがをしていた。

2人は週給100ユーロ(約1万5600円)を受け取り、以前は動物の輸送用に使われていたトレーラーの中で寝泊まりしていた。

警察は、姉妹を事実上の奴隷状態に置いた疑いで、ナポリの南でサーカス団を主宰していたイタリア人3人を逮捕した。

ロイター08/3/26

本当にあるんだ。こんな世界名作劇場にでも出てきそうなこと。

Circus

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/04/22

ロバの団員さん

ロシアの有名バレエ団、ベテラン団員のロバが引退

ロシアの有名なバレエ団「マリインスキー・バレエ」で、ベテラン団員だった21歳の雌のロバ「モニカ」が現役を引退した。

このロバは過去19年間、ドン・キホーテの劇中で太ったサンチョ・パンサを背中に乗せてきたが、年金をもらって退職することになったという。

モニカは送別会でバレリーナとワルツを踊ったほか、記念品としてニンジンのケーキとエプロンドレス、スカーフが贈られた。

舞台での役は今後、「アリナ」という別の雌のロバが引き継ぐことになっている。

ロイター08/3/25

Primadonna

逆じゃないと、リフトができません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/21

サテvsマリノス 続々と

仕事先で早寝だったので、朝更新。

サテvsマリノス、3-4。

立て続けに失点してるけど、まあ、ユースっ子が多かったし。

それより、怪我人が続々とピッチに戻ってきたのが、朗報。

特にキタジゴールがうれしい(^^)/

早く本番でも見たいです。がんばれー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/20

vsヴェルディ 大勝!!!!

願いが届いたよ!!!!

大爆発!!!!

vsヴェルディ、5-1!!!!

今年の方が攻撃のバリエーションは増えていて、あとはフィニッシュの精度だけ。絶対いつかドカンと入るはず。

そう自分に言い聞かせていたけれど、結果が出ないとそりゃあ不安で。

結果出た!!!!

よかった!!!!

さあ、ニュースをはしごして、仕事のエネルギーを充填しますよ!!!!

ばんざーい!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/19

今週の雑感記 リュート

手伝い仕事が立て続けに。

一つ一つはきつい仕事じゃないので、辛くはないんだけど、自分のを進める時間が確保できない。

ヤバいっす。もっとスケジュールに余裕があると思っていたので、焦りの芽がむくむくと頭をもたげています。なんとかせにゃ。

○ ハーメルンのバイオリン弾き シェルクンチク (渡辺道明 ヤングガンガン)

という事で、登場しました、リュート兄ちゃん。

と言っても別人ですけど。

ライエルとサイザーが自分達の子供にオカリナと名付けたように、フルートも自分の子供にリュートと名付けていたのです。

ちなみにちゃんと、前作の最終37巻で登場しています。子供たち大集合の図。右端のバイオリンを持っている子ですね。

ところで、グスタフさんが生き残っていますが。

とってつけたわけではなく、ちゃんと予定通りです。「いると便利」がナベ先生のグスタフ評(笑)。

○ 宇宙家族ノベヤマ 1 (岡崎二郎 小学館)

ある男の子の持つDNA配列が、宇宙文明へのメッセージになると判明。ごく普通のその子の家族、野辺山家が、大使として宇宙へ派遣されるというお話。

親しみやすい絵柄、分かりやすい語り口。

しかし、内容はめっちゃ深い、文明論まで語っちゃう本格的なSF。おもしろい。

○ COMITIA84

助っ人参戦していたのは、梅木君の原稿。5/5COMITIA84新刊発売予定。

ほんとはもちっと手伝ってあげたかったけど、ナベ先生の仕事とバッティング。今、佳境なはず。がんばれー!

僕も本を出したかったけど、それは諸事情により延期。うーむ。

Nano2

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/04/18

vsマリノス回顧&vsヴェルディ展望

サッカーは一筋縄では行かない。そんなことを思ったマリノス戦。

確かにプレスは素早いボール回しでかわされちゃうし、おっかないシュートもどかすか打たれて押し込まれたし。マリノスのゲームだったんですが。

去年同時期、もっと押し込まれた試合で勝ってるわけで。

別に内容で負けてたって、点さえ取れれば、勝つチャンスはあるのです。

点ほしいねー……。惜しいチャンスはいくつかあって、どれか押し込むだけなんだけどねー……。

いくつか感想。

鎌田君のボランチは、やっぱりいい感じ。でも、あのハンドの瞬間は、なんだったんだろう?

ポポさんが、やっぱり右ではないかという気がする。

アレックスさんはボールが欲しい人で、高い位置ではないかもしれない。

ミノル君はやはりいいシュートを打っているので、そろそろ入ってほしい。

さてさて、しょんぼりな試合の回顧はこの辺にして。

本日いい話がありました。

茂原さん日本代表候補初選出!!

A代表に人を送り込むのは久しぶり。試合メンバーに入れるかなー。出たら燃えるぞ。がんばれ!!

茂原さんを代表に気持ちよく送り出すためにも、ぜひとも勝ちたいヴェルディ戦は土曜日。展望です。

チーム状態は似ています。水曜ナビスコ杯は惨敗。なんとかしたい同士。

まず守備では。

フッキ選手が退場時暴言はいて、この試合も出場停止なのは、ぶっちゃけ朗報。

しかし、個々の選手の力はあるので油断禁物。

抜擢されてる18歳、河野選手が活躍中。ドリブル切れる。ちょっと痛んでいるみたいだけど、出るなら要注意。

攻撃では。

展望ではなく、希望を書いていいですか。

勝ち点なかった新潟に初勝ち点。

得点のなかったロニー選手、ジュニーニョ選手に初得点。

そろそろ僕らの番じゃないですか?

という事で、茂原さん出場停止で、左サイドで出番がありそうなアレックスさんが、ドカンと爆発してもいい頃ではないですか?

爆発してくれ!!

他の人でも大歓迎!!

がんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/04/17

ナビスコ杯vs川崎 抱え込む

辛さを抱え込むから辛抱。

ナビスコ杯vs川崎、0-3。

今季無得点と、寝ていたジュニーニョ選手が、いきなり目覚めてハットトリック。

いい時間帯はあるみたいなのに、最後のところでやっぱり決まらない、ウチの攻撃。

気負いがあるのか、黄紙二枚でまた退場者。

点はいつか入る。もう少しレベルが上がって、余裕ができれば、入る。

気になるのは、3失点の守備。落ち着いて、次、立て直そう。がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/16

4/12NOAH広島 続く熱戦

グローバルタッグリーグ真っ只中。

4/12NOAH広島グリーンアリーナ大会。盛り上がってますね、リーグ戦。混戦模様。

この日は3カード。田上&潮崎vs高山&佐野、三沢&小川vs佐々木&中嶋、丸藤&杉浦vs秋山&力皇。どれも熱戦。

高山&佐野組は、安定感抜群。潮崎君を捕まえての、ニーリフトとローリングソバットの連打は、とてもきつそうでした。4/15現在勝ち点7で首位。

三沢&小川組はスターと出遅れたものの、さすがのしたたかさ。中嶋君を捕まえて、しっかりいたぶり、きっちりしとめる。小川さんの、中嶋君の足を殺した正面からの膝頭への前蹴りが、渋くて素敵。

丸藤&杉浦の現チャンピオン組と、不敗のままケガでベルト返上の秋山&力皇組の対戦は、気迫が充満。

必殺の無双で杉浦さんをしとめた力さんの、気合あふれる厳しい表情。カットに入れず敗れた丸藤さんの、悔しさに満ちた表情。ぞくぞく。

ほんとに目が離せないリーグ戦。最終27日の武道館は、仕事明けのはずだから、じっくり見られる。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/15

ナビスコ杯vs川崎展望

絶賛助っ人参戦中なので、実は展望と言っても、試合をあまり見れていません。仕事先で、前節の試合をちらちら見ただけ。

なので、あまり細かいことは分かりませんが。

フッキ選手の退団騒動、関塚監督入院と、ピッチ上以外のことで揺れる川崎。そのためでしょうか、去年と同じシステムに戻したのに、いまいち調子が上がってきません。

そして一生懸命もがきながら、なかなか波に乗れないウチ。

まったく上手く行っていないわけではなく、攻撃機会は作れていて、最後どうも決めきれないチーム事情も似ています。

両チームとも、勝って弾みをつけたいはず。そんな想いの対決。

とにかく積極的に、そしてシュートをねじ込んじゃえ!

勝って弾みをつけましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/14

愛読者育成計画

とある小さな女の子の誕生日のプレゼントを考えた。何がいいかな。

最近、がんばって漫画を読もうとしているのを見たのです。たどたどしく、読めるひらがなだけ、一文字一文字声に出して読んでた。

内容はちゃんと分かってないと思うけど。お母さんの蔵書。「キャンディ・キャンディ」

なんて描いてあるの? と聞かれたので、説明してあげました。ニールとイライザが、何でそんなにひどいイジワルをするのか、納得いかない模様。素直ないい子です。

さて、せっかく漫画に興味を持っているのだから、将来の愛読者を育てなくちゃ(笑)。犬かわいいよねって話をしてたから、犬の漫画でも。

スヌーピーの漫画はどうだ。

……買って読み返してみたら、記憶以上にシニカルで、大人向けでした。

これはさすがに早いかな。もともと新聞に載ってた漫画だからなあ。親に読んでもらっても、何のことやらわからないだろう。

ちなみに僕は、好きなのです。スヌーピーが屋根で寝そべってるとことか、変な空想しているとことか(笑)。なのでこれは、僕用に。癒される。

という事で、他の犬漫画を。「おはよう! スパンク」

これはお母さんがなかよしっ子だから、読まされてても懐かしいはず。母子のコミュニケーションに一役買う一品。

やはり今月誕生日のお父さんとお母さんにも、プレゼントがありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/04/13

vsマリノス 代えた直後に

仕事場で、たまたま失点シーンだけ目撃(嘆)。

vsマリノス、0-2……。

1点追撃のために、3人代えた直後にボランチ退場では……。

なかなかうまくいきません。

でも、がんばれ。

ぶれずにがんばれ。

そして、僕は辛抱。

つらいけど、辛抱。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/12

今週の雑感記 引き立て役でも

小さな子供たちとボール遊び。

ボールを捕ると得意顔。何球か続いた所で、こっそり難易度を上げたコースへ投げる。失敗が続いてちょっとしょんぼりし始めたら、今度は確実に捕れるコースに。ギリギリ捕れるかどうかの所に打ち分ける、名ノッカーになった気分(笑)。

続けてると、上手くなっていくのが分かる。子供の学習能力はすごい。

仕事明けの温泉は雨の日。雨の温泉もおつなもの。

水曜フットサル。フランサさんが浮き球のパスを多用するのは、受ける味方にシュートの余裕を与えるためだと聞いてたので、最近お試し中。

狙った所にピンポイントで落とすのは難しい。フットサルだから距離短いというのに。うーむ。

○ フロマンガ (吉田戦車 ビッグコミックオリジナル)

「私はお湯! コックさんに言いたいことがあります」

「…このマンガはなんでもかんでもしゃべらせすぎじゃねえのか…」

絶妙の間で、今週のオリジナルの一押し。仕事場でナベ先生と二人、受けていた。

ちなみに今週の1コマ目は、「車検に出したらクルマがしゃべるようになって帰ってきた」。確かになんでもかんでもしゃべってる(笑)。

○ ダイヤのA (寺嶋裕二 週刊少年マガジン)

「結果的に」ライバルの引き立て役となった、市大三高の負け方が、よかった。

強力な敵を立てるために、以前から出ているキャラクターをあっさりやっつけさせる、というのは、よく見る手なんだけど。

それが「結果的に」に見えるように描いてあるところが、素晴らしい。負け役だからとぞんざいに扱わず、彼らの必死さをきちっと描いた。

また、突然出てきたライバルの実力が、ちゃんと豊富な練習に裏打ちされているところを描いているのもいい。

野球に対するリスペクトにあふれていて、スポーツ好きにはたまらない漫画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/11

vs京都・新潟回顧&vsマリノス展望

火曜に帰ってきて、久々の完全オフ、ごろごろday二日間。明日からはまた助っ人なのです。

フットサルに行き、録りだめてあった5試合を観戦、サッカー三昧。

まずは久々の勝利となった、京都戦の感想から。

どんどん蹴ってくるから、なかなか引っかかる事はないんだけど、それでも行く、果敢なプレス。

そしてゴール前、身体を張って飛び込んで、シュートを阻止。これがレイソル真骨頂。よしよし。

チュンソン君の得点は、ホントに見事。何度見ても、ほれぼれ。

そして現在、新潟戦観戦中。ちょいとお待ちを。

・・・・・・

見終わりました、新潟戦。

まず、新潟が前の試合よりよかった。もっと中盤連動できてなくてスカスカで、ラインはズルズルと下がってボール持ち放題だったのに。ウチの試合で調子上げてこなくてもいいのになあ。

で、スコアレスドローだったけど、攻撃としてはむしろこの試合の方がよかったような。

左右に振るだけではなく、縦にも揺さぶって、決定機を作り出していた。

要するに後は決めるだけだったわけで。

大谷君のボレーがジャストミートしたりとか、太田さんのループがもう少し高く行ったりとか、後半のゴール正面のシュートが左右どっちかへ飛んでたりとか、石川君のシュートがもう少し右で上手いことGKの股間を抜けたりとか、ミノル君のシュートがあと少し外だったらとか……。

ここが辛抱のしどころなんだな、と思います。

方向性は間違ってない。去年よりよくなってる。でも、結果に結びつくところまではいってない。

カウンターを武器に、中位ぐらいまでは行くんですよね。そこから安定して上位に留まるために、相手を崩すパターンを増やす必要がある。

そこで辛抱できなくて、拙速な手を打ち、いい部分までなくしてしまうチームをよく見かけます。そうなったらだめだ。ここでしぶとくやり続けることだ。

ちゃんと居残りシュート練習もしてるんだし。成果は必ず出るはずだ。

という事で、しぶとく行きたいマリノス戦展望。強敵。調子いい。

守備では。

猛烈なプレスから波状攻撃を見せていた昨年と違い、今季マリノスは、つないで崩すサッカーへ。

開幕戦以来のプレスが有効な相手です。選手の質が高いので大変ですが、恐れずどんどん行きたいところ。

特にJ2の時仙台でお馴染みだったロペス選手は、厳しく行って自由にさせたくない。

ボランチの位置から飛び出してくる山瀬選手は要注意。見逃さずにきちっとつかないと、パスありドリブルあり、そしてためらうことなく打ってくる、めっちゃ危険なミドルシュートあり。

セットプレーはでかい選手が揃っているので、とても危険。体寄せる。足を止めずセカンドボールを拾う。

攻撃では。

3バックなので、サイドから攻めたいのですが。

CB陣が大きいので、単純に放り込んでも効果薄。一工夫必要。

後は自分達のサッカー信じて、思い切って攻めきること。

がんばれ!

 

追記:今新聞読んでたら、ロペス選手欠場濃厚の報。

それ行け!! がんばれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/10

酔っ払い戦車

ロシア軍の戦車、ウオツカに酔って民家に激突か

ロシア軍の戦車が、ウオツカを購入するために店に立ち寄り、その後に民家に激突した可能性があることが分かった。携帯電話で撮影された映像には、戦車が住宅の角に激突する場面や、明らかに酔っている兵士が笑いながらウオツカのボトル2本を持ち、戦車から出てこようとしているシーンが映し出されている。

ロシア軍は7日、賠償金の支払いを約束するとともに、戦車は故障により演習に向かう車列から離脱していたと説明。これより前には、戦車が氷で滑ったとも話していた。

軍のスポークスマンは「もちろん違反はあったが、クルーは隊に追いつくために誠意を持って行動した」と述べた。

一方、民家の家主は映像を見て「(兵士たちが)発砲しなくて良かった」と皮肉交じりに語った。

ロイター08/3/9

おっかない。

Tank

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/09

至福の時間

仕事明け。今後の展開の相談を受け、温泉行って、一日遅れの帰還。

作家同士で漫画の話して盛り上がる時間というのは、至福の時間。特に面白くなりそうな話の時は。

それを実際の原稿に描き上げるまでが、いろいろあって大変なんですが。ナベ先生、がんばれー!

そして、面白い漫画について、語り合うのも、至福の時間。

しかし今回、のだめの面白さについて語り合おうとするたび、連絡が入って中断してばかり。あれー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/08

訓練不足?

ドイツ軍の若手兵士、体重過多で運動不足の傾向

ドイツ軍が4日発表した報告書によると、同軍の若手兵士は体重過多であり、たばこを吸い、十分な運動をしていないことが分かった。

それによると、18─29歳の兵士のうち、体重過多の割合は40%前後で一般市民の平均35%を上回っている。また、男女を問わず若い兵士はたばこを吸いすぎる傾向にあり、スポーツも十分に行っていない。

ドイツ軍は現在、制服組24万5000人を抱えており、アフガニスタンやコソボなど海外の紛争地域に約9000人を派遣している。

ロイター08/3/5

運動不足って……。

大丈夫なの?

Fat_soldier

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/07

vs新潟 勝ちたかったけど

引き分け……。

vs新潟、0-0。

仕事最終日です。ナベ先生と息詰めて覗いたテキスト速報。うーむ、勝ちたかった……。とても、勝ちたかった……。

でも完封できるレイソルが戻ってきたのは、いいことで。

なかなか一気に波には乗れないけど、しぶとくこつこつ、一歩ずつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/06

今週の雑感記 ゲゲゲの女房

4月。番組改編の季節。

CATVの番組から、ウェザーニュースがなくなった。

天気予報はネットで確認できるから別にいいけど、かかっていた音楽を仕事のBGMとして重宝していたので、ちょっと困る。

流しっぱなしにしていても気に障ることがない番組というのは、なかなかない。小さな音で何か流れてる、ぐらいが一番集中できるんだけど。

新たなスタイルを模索中。

○ ふたつのスピカ 14 (柳沼行 メディアファクトリー)

「いよいよラストスパート! 宇宙学校での生活も残りわずかです!!」

単行本の帯の文。

きちっと構成されて、ちゃんと閉じる話が好きなんだけど。

いざ終わりの気配が見えてくると、やっぱり寂しい。

○ 真月譚月姫 6 (佐々木少年 メディアワークス)

終わりの気配という事ではこちらも。そろそろ閉じる方向へ。

純粋に読者の立場だと、終わりの気配は寂しさを覚えるのですが。

知り合いの場合には苦労を見てるから、とにかくがんばれ、と。

満足の行く終わりが描けるチャンスは、一生のうち、そんなにない。がんばれ。

○ ゲゲゲの女房 (武良布枝 実業之日本社)

「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげる先生の奥さんの自伝。奥さんの視点で、水木先生の仕事ぶりが書かれています。

戦争で片腕を失った水木先生。肩で原稿を押さえ、一心不乱に漫画を描く。

その後姿に吸い寄せられるように、目が離せなくなる奥さん。自然と湧き上がる、尊敬の念。

そんな水木先生が、極貧の売れない貸本漫画家だったころ。徹夜仕事明けの水木先生に代わり、奥さんが原稿を届けに行った時の事を書いた一文。

社長は私の目の前でおもむろに作品をめくり、あろうことか、ブツブツけちをつけはじめました。

「ああ、これじゃ、だめだ」

「……この間のも、売れなかったし……」

「売れるものを書いてもらわないと、金が払えないんだから……」

人が精魂傾けて描いたものを、ぼろくそにいうのです。

なんて失礼な人だろうと思いました。水木は、原稿を渡しに行くたびに、こういうことを我慢しなければならなかったのかしらと、切なくなりました。あれだけ渾身の力を振り絞って描いたものを、こんな風にいわれるのは、たまらないことだろうと、水木がかわいそうになりました。

それでも、こちらの生活がかかっている以上、とにかくお金をもらわないで帰るわけにはいきません。ですから、私はぐっとこぶしを握り締めて、社長のぼやきを聞き続けました。

「じゃ、これね」

ようやく手渡してくれたのは、約束の半分の1万5千円しかありませんでした。これではこの先、暮らしていけません。私は、ものをいうのが苦手なほうですが、勇気をふりしぼっていいました。

「約束は3万円だって、聞いておりますが」

「奥さん、売れないものには払えないのよ」

「でも、これでは半分しか……」

「半分もらえるだけでも、ありがたいと思ってほしいもんですな」

「……でも、これでは食べていくことができません。何とか、もっともらえませんか」

血相をかえて頼み込みました。上乗せをしてくれたことはしてくれたのですが、往復の電車賃分だけでした。

 

電車の座席に、空になった革のバッグをひざに乗せて座り、新宿に向かいました。駅に着くたびに人が乗り降りしていました。でも、私は顔をあげることができません。水木がこれまでどれほどの屈辱に耐えてきたのかを、身をもって知ってしまったからです。これでは、あんなに一生懸命にマンガを描いている水木があまりにもかわいそうです。気がつくと、バッグの上においていた私の手の上に、涙がぽたぽたと落ちていました。

 

ちーくしょ――――!!!!

 

すごい感情移入。いや、こんなきついダメ出しは、食った事はないんですけど。

そうなんですよね。売れれば勝ち、売れなきゃ用なし。努力賞はない。それがプロの厳しさ。

でも水木先生はこの状態でも己を貫いた。自分に合わない仕事を断ったりしてるのです。貫いて、最後には、勝った。尊敬。

そして、そんな水木先生のそばに、こうして泣いてくれる人がいたのは、きっと支えになっていたに違いない、と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/05

vs新潟展望

前節勝利を受けての新潟戦。連勝したいですねー。

仕事佳境で、エネルギーがほしいところなので、熱望中。それでは展望を。

守備では。

まず長いボールを当ててくるチームとの対戦が続きます。新潟も。

しかし前節、京都の攻撃をきちっと封じたので、この調子で抑えたいところ。

矢野選手は大柄な上、スペースへのランニングを厭わない選手。しっかり目を離さずに、潰したい。

新外国人MFダヴィ選手が、少しずつフィットしてきているような気がするので、油断せず。

攻撃では。

ボールは持てると思うので、そこからの崩し。

引いた相手になんとなく回してしまうと危ないので、思い切ったプレーでフィニッシュまで。

ドカンとミドルシュートが決まるところが見たいな、という希望。

目指せ白星先行!!

勝ちましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/04

現代のノストラダムス

英情報機関、第2次大戦中に占星術師を雇っていた=文書

英情報機関が第2次世界大戦中に占星術師を雇っていたことが、同機関が4日に公表した秘密文書により明らかになった。

文書によると、この占星術師は自らを「現代のノストラダムス(フランスの占星術師)」と称するLouis de Wohl氏。功績を認められ、英陸軍大尉の位を与えられたという。

あるスパイトレーナーは、同文書の中で「多くの人が(Louis de Wohl氏の能力を)偽物だと考えていたにもかかわらず(同氏の)予言を求める人たちが大勢いた」と記している。

ロイター08/3/4

ヒトラーが占星術を利用していると考えての、対抗措置だったようです。

Astrology

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/03

vs京都 本領発揮!!

完封勝ち!!!!

vs京都、1-0!!!!

そうなんですよ。先制点は取れてたんですよ。なのに追いつかれたり、逆転されたり。

そこで本領発揮して、完封すれば勝つわけで!

ニュースで見たら、けっこう際どいのがあってヒヤヒヤでしたが。でも、そういう所で身体張って、水際で完封するのが持ち味さ!(←強がり)

とにかく勝ってよかった happy01

そのニュースで見たチュンソン君の先制点。左足アウトサイドでぴたりとボールコントロール、すかさずシュート。お見事!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/02

3/29NOAH後楽園ホール タッグリーグ開幕!

プロレスは仕事中のカンフル剤。

楽しみにしてたタッグリーグの開幕戦だから、なおさら。

3/29NOAH後楽園ホール大会、グローバルタッグリーグ戦'08。

開幕カードは、佐々木&中嶋vsディーロ&ブキャナン。

ディーロ&ブキャナン応援中。苦労人というフレーズに弱いんだ(笑)。

試合巧者のディーロ&ブキャナン、まだハタチの若い中嶋君をとっ捕まえて、徹底的にいたぶり、ペースを握る。

ほぼ試合はいただきか、と思っていたら、鬼嫁・北斗晶ゆずりの必殺技、ノーザンライト・ボムが炸裂。佐々木健介選手がフォール勝ち。

食らったブキャナンさんは大ダメージ。勝者が退場した後も、しばらくフラフラと、まともに立てず。ホントに一撃必殺。

黒星発進だったディーロ&ブキャナン組。逆転負けはしょんぼりだったんですが。

その後3/30、4/1と2連勝。

なんと、三沢&小川組に、2分で勝ってるよ!?

実力伯仲のリーグ戦。誰が勝ち残るのか、ホントに楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/04/01

vs札幌回顧vs京都展望

もう、とにかく寒かったですねー、札幌戦。

家出る前に天気予報を調べた時は、6時までは持つという予報だったのに、試合開始前から雨。

しかも東京より柏の方が気温低かった。軽装で来てしまい、震えながら観戦。しかも負けちゃって、帰る時の惨めな気分と言ったら……(嘆)。

という事で所感を。

先週僕は初めて、U-23でチュンソン君が出ないといいのに、と願った。FWの台所事情が苦しい時に、疲れるとやだな、と思って。

途中交代。しょんぼり。

大津君。光るものを随所に見せる。足元のうまさ、ひらめき。才能に疑いはない。

ただ、どうしてもまだ競り合いで負けちゃう。何度か、ボールと相手の間に体を入れたいんだろうな、というプレーで弾き飛ばされてた。

相手が疲れてきた後半に投入するのがよいと思うのですが、チーム事情がそれどころではない。もう根性でがんばれ。

バイタルエリアをうまく使えなかったと反省の弁。でも、シュートは打ててる。だから致命的に悪かったわけではない。

ただ、後半、目前で、少なくとも5本はかすめるようなシュートがあった。入っちゃっていいのに。しょんぼり。

鎌田君はよかった。J2で見た時よりも、間合いが詰められるようになっていた。

果敢なオーバーラップから放ったボレーシュートが入っていれば、スーパーヒーロー。惜しい。

石川君がこっそり地道に伸びているような気がした。たくましさを感じた。層は厚くなってるんだよね。

帰ってきてから考えた。茂原さんの左はよかったので、こう並べてみたらどうだろう。

     李

茂原 菅沼 ポポ

ポポさんも前を向いてボールが持てる外に置き、両サイドに起点を作る。菅沼君はシャドーストライカーとして働くような気がする。

……要するに、あと1点が入らなくて、そりゃあ悔しかったんですよ。

もともとシーズン前から、今年は出だしに苦労するだろうなあ、と思ってた。でも開幕戦があまりに見事だったんで、浮かれて頭の中から飛んでった。今現実がやってきた、という気分です。

そんな札幌戦だったわけですが。

もう目の前に次の京都戦が迫っています。切り替えなくては。

という事で展望を。

京都は今シーズンまだ負けなし。やること整理できてて、迷いなく闘えている印象。手ごわい相手です。

まず守備では。

2トップだったり3トップだったりしますが、パウリーニョ、柳沢というスピードのある選手に、早めに出してスペースを突かせる作戦。まずここを潰して。

後方から、佐藤選手の飛び出しや、渡邉選手の思い切ったミドルとかがあるので、そこにも注意。

田原選手が入っていた場合、シジクレイ選手もいて高さがあるので、セットプレー要注意。

攻撃では。

アンカーに入っているシジクレイ選手が厄介です。効いてます。サイドから攻めたいのですが。

サイド攻撃の際、シジクレイ選手は下がって5バック状態になっていて、普通に上げるとこれも引っかかる。

アーリークロスを入れるとか、思い切って切れ込むとか、一工夫欲しい。

踏ん張りどころです。

がんばろう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »