« vs磐田回顧&vs大分展望 | トップページ | vs大分 連勝ならず »

2008/03/15

今週の雑感記 照準中

フットサルでやってしまった。

爪が死んじゃった。

ぐっと踏み込んだ時に、嫌な痛みがあって、終わって見たら内出血。

これがそのうちペロンとはがれる。シュートの時に、痛いんだよなあ。

そんな目にあったけど、久々のフットサルは気持ちよく。

この日はミドルシュートが低く抑えられて、いい感じでした。運動不足で飛び出せないから、そればっか狙ってた(笑)。

○ 星から来た船 (新井素子 コバルト文庫)

「星へ行く船」のシリーズの番外編。本編以前の、昔の話。

人が面白いと感じるものって、まず何かのエネルギーが詰まっているものだと思うのです。それを技術で伝えてく。文章の技術論は、あんまり語れないんですけれども。

このシリーズを読んでいて、すごいエネルギーは感じます。

作家は、自分の作ったキャラクターに、思い入れてるものですが。その愛情が、半端ない。活躍させてあげよう、という親心がすごいです。

それがキャラクター達のバイタリティーとなって、存在感を生み出しているなあ、と思いました。

○ レゾナンス 1.夕色の墜落 (山原ユキ 角川スニーカー文庫)

上の記事に続き、エネルギー視点。

この物語は「呪い等の怪奇現象は、MPと呼ばれる精神寄生体によって引き起こされるのだ」という設定で、その力を持つ主人公が、奇怪な連続殺人の犯人を追う、という話なんですが。

寄生されてるから、基本的に、主人公も犯人も精神的に病んでる。鬱々とした雰囲気で、とにかく話がめっちゃ暗い。

それを書き切るエネルギーがすごい。

僕は暗い話は基本的にだめで、大概途中で投げ出すんですが、あまりにエネルギーが詰まってて、ものすごいテンションだったので、最後まで引っ張られてしまいました。

欝な気分になりました……。女の子がかわいそうじゃよ……。

○ レンタルマギカ ~魔法使い、貸します! (三田誠 角川スニーカー文庫)

こちらは明るく楽しく、それでいて激しいアクションのあるお話。タイトルどおり、魔法使いや巫女さんが活躍します。やっぱりこういうやつの方が好きだ。

洋の東西問わず、いろんな種類の魔術や神道や陰陽道が一緒に出てくるのが、設定のミソなのですが。

そういうギミックにかけるエネルギーが、面白さを生み出しているなと。後書きからも、その様子がうかがえます。

素材をたっぷり仕入れて、それに腕によりをかけて調理する。そういう手間を惜しまぬ姿勢が、美味しくするのだと思います。

○ 面白いという事

ずっと思ってるんだけど、結局十人十色だと思うんですよね、「面白い」ということ。

若い時は「絶対的に面白い」という物があると思ってて、激論戦わせたりしたけれど、討論で優劣決めても、やっぱり納得いかないもんね。

例えば食べ物や音楽で好みがあるように、個人の感覚は、多数決で正解不正解を決める事は出来ないわけで。漫画も小説も嗜好品なんですよね。だから、いいんですよ。面白いと思って読んでる人がいれば。

「こういう面白さを描いてみました」「そうそう、そういうのが好きです」と、ちゃんと伝わってれば、作品としては成功。

ところがこれに商売絡んでくると、話がややこしくなって。

売り上げMAXを目指すのが、ビジネスというものだから。

決められないはずの面白さに、優劣つけて、あっちの方がよい、こっちの方がよいと、打ち合わせでいろいろ言われて、右往左往してみたり。

その時描き手として困るのは、そのネタやスタイルに、大勢のお客さんがついているのには異論がないけど、自分がそうではないのでそっち方面のセンスが鈍く、ピンぼけの小手先の物しか描ける気がしないケース。

特に「好きな物描いてください」と言われてスタートしたのに、そういう話になってくると、「それはもう好きな物じゃないです……」と、大弱り。

けっこう多いんですよね、そういう事態。自分もあるし、周りでも起きるし。

いかにそこの所すり合わせて、軌道に乗せるかというのが、重要。出来れば最初っから、びしっと狙いを定めて行けると、ベスト。

ちょうど今、そういう所でうなっているのです。どうすっかな。

|

« vs磐田回顧&vs大分展望 | トップページ | vs大分 連勝ならず »

日記・つぶやき2008」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/40332559

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の雑感記 照準中:

« vs磐田回顧&vs大分展望 | トップページ | vs大分 連勝ならず »