« なでしこvs北朝鮮 あざやかな3発 | トップページ | U-23vsグアテマラ ミドルをズドンと »

2008/02/21

vs中国 主人公な勝ち方

ペースは速くないけど、休みなく仕事は続く。

そろそろ疲れが顔を出し。今日は爆睡して起きれなかった。まだ寝る余裕があるからましだけど。

そんな時に、僕に元気をください、とサッカー観戦。

東アジアサッカー選手権2008、vs中国。

日本は怪我人が出て、満身創痍。

そこで迎えた超アウェイ戦。

こういう時こそ、根性の見せ所!!

がんばれ!!

・・・・・・

前半終了、1-0!

お見事先制点!

きっちりシュートを決めたのは山瀬選手ですが、その前、駒野選手のクロスにニアで飛び込んだ田代選手は偉い。

サイドからの突破で苦しい体勢からクロスを上げた時、ああやってニアに飛び込んでくれるFWは大切。フリーでなければ、ファーにGKを外したクロスを上げるのは、なかなか難しい。そこでニアで体張ってくれるFWは、チームを助ける。

しかし、先制点のあとは、だんだんリズムを失っていく。楢崎選手の身体を張ったプレーで助けられる。

中盤もっとサポート速く、簡単にどんどん回したい。

・・・・・・

試合終了、1-0!!!!

完勝!!!!

スコア以上の完勝!!!!

ホーム&アウェイという慣習があるとはいえ、ここまでありにしちゃったら、もうスポーツじゃないだろう、という偏った判定にじっと耐え。

まともにカードも出ないラフプレーのせいで、日本の選手は倒れてたっつーのに、出されたロスタイム5分も凌ぎ。

正々堂々スポーツの範囲できっちり勝った瞬間の、気合の入った中澤選手の顔!! かっこいいー!!

しかし。

もう見たくないな、中国戦。去年もあったし。

反則ありのダーティーな敵は、漫画の中でも、出てくるのは一度っきりだぜ?

|

« なでしこvs北朝鮮 あざやかな3発 | トップページ | U-23vsグアテマラ ミドルをズドンと »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/40196612

この記事へのトラックバック一覧です: vs中国 主人公な勝ち方:

« なでしこvs北朝鮮 あざやかな3発 | トップページ | U-23vsグアテマラ ミドルをズドンと »