« ネズミクラッカー | トップページ | 続舌切り雀 »

2008/02/09

今週の雑感記 遊び人奉行 後始末記

雪に降り込められた日曜日。買い物に行くのがめんどくさくなった僕の、昼ご飯。

ケチャップサンド。

食パンにケチャップを塗る。お終い。

バリエーションとして、マヨネーズサンドがあります。具なしだけど、ジャムだって塗るだけなんだから、ありだ、と一人納得。けっこう、好き(笑)。

水曜も雪。早い来客を見送った後、やはり買出しがめんどくさくなる。

卵かけご飯に焼き海苔。おかずなし。

でも実は、子供の時から卵かけご飯はご馳走。大好き。

卵かけご飯でおなかいっぱいになると、しあわせ。安上がりにできてるなあ(笑)。

○ 遊び人奉行 後始末記 (一丸 ビックコミックオリジナル)

時代劇「遠山の金さん」で有名な北町奉行、遠山左衛門尉景元(とおやまさえもんのじょうかげもと)が、実は……というお話。

以前載った読み切りの続編で、今回は前後編。

ろうそく問屋秋田屋の女中、おはる。よく働く看板娘と評判の子が、実は泥棒一味大和屋の人間。

看板娘の顔から、泥棒一味の顔へと変わる、2ページの演出が見事。実に的確で印象深い。

○ 風の大地 (作・坂田信弘 画・かざま鋭二 ビックコミックオリジナル)

「人の声を聞き過ぎると自分が消えちまうぜ。だが聞かな過ぎても消えちまうんだな、これが。(中略)片寄っちゃいけねえぞ、立つも歩くも真っ直ぐ立ちが一番だ。真っ直ぐに立ってりゃ、有難え声だけが身に飛び込んでくる。姿勢が大切だ。身も心も傾けるな、傾きゃ終わるぜ」

そうなんだよねえ。でもそれが、難しい。

大人向けの漫画って、描いたことないけど。

しっかりした言葉を持ってないと、裏打ちのない机上論じゃ、大人の読者には見抜かれちゃうから、大変そう。

○ 続・好きなものを描け

先週このテーマで記事を書いたところ、今週、好きなものを描かなかったら、筆が進まなくなった、という相談事。タイムリー。

それもまさに、打ち合わせの末、方向性を変え、好きな所が削れてしまった事例。

僕も経験あるけど、本気で進まないんですよね、そういうネーム。

とにかく載せるのが先決だから、細かい好みが削れたぐらいなんだ、と自分に言い聞かせて描くんだけど、ダメなんですよ。

テクニック的にこうしてこうすればお終い、というのは分かってて、そう描いて。

それを自分で読んで、「うわー、小手先で魂こもってない……クソだ、こんなの……」と自己嫌悪する、悪循環。気力がどんどんなくなっていく。

僕は結局、漫画描いてて楽しいという前向きなエナジーがみっちり詰まったネームにしないと、絵的にはアレだし、お客さんに売るもんないでしょう、と思ったので、万難を排して好きなものを描け、と決意したんですが。

万難を排するっていうのも、難しい。単純に真っ直ぐ行って玉砕じゃ、だめで。直球にも、針の穴を通すコントロールというものがあり。

相談を受けたネームは見たところ、そこまで小手先オンリーになっておらず、ページ制限的に苦しいけれど、がんばれば、好きなものをちゃんと入れて、針の穴を通せそうな感じでした。

そして、人の相談事だけではなく。現在、企画提出後例のごとく、即座に次弾装填に入っている僕としても。

次書こうとしているジャンルの、業界コンセンサス的に通りそうなやつはああいうの、というのはすぐ分かったけれど、じゃあ好きかと自分に問うと、いまいち乗り気でない答え。

どういう角度で切り込むと、ズバッと通せるのかな、と思案中なのです。

|

« ネズミクラッカー | トップページ | 続舌切り雀 »

日記・つぶやき2008」カテゴリの記事

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/17941277

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の雑感記 遊び人奉行 後始末記:

« ネズミクラッカー | トップページ | 続舌切り雀 »