« vs大分回顧&vs神戸展望 | トップページ | vs神戸 嵐の中で »

2007/10/27

今週の雑感記 魔法使いの弟子

揺らいでいた僕は、その後立ち直ってピタリと止まり、やっぱりこういう手順で行こうと再確認。

今年は揺らいでは立ち直り、揺らいでは立ち直りを繰り返しているけれど、結果出て軌道に乗るまでは、まあ仕方ないですね。

今週末から年末にかけ、別件で忙しくなる予定なんですが、そうすると時間が足りなくなって、また不安が襲ってくることが今から予想されます。

三人ぐらいに分身できればいいんだが……。一人は遊びに行く係(笑)。

○ 玄米先生の弁当箱 (魚戸おさむ 脚本 北原雅紀 ビックコミックオリジナル)

たまねぎの皮で、だし取れるんだ……。あ、でも無農薬野菜じゃなきゃ、だめか。

最近始まった新連載。マイペースな農学部の先生が主人公の、食がテーマのお話。

魚戸先生は、こういうちょっといい話が上手いし、よく似合う。これからも楽しみです。

まだ四話目で、単行本が出ていないので、こちらは前作「イリヤッド」。アトランティスの謎に迫る、歴史ミステリー。

今回の話は、むしろこちらに近い感じ。その前の「がんばるな!!!家康」。お客さんの立場になりすぎてしまう、住宅メーカー営業マンの話。

代表作は、「家裁の人」でしょうか。

○ 魔法使いの弟子

最近、ちょっとしたはずみで憤慨。

僕は面白い物語は、魔法を使って作るんだ、と思っているのです。

漫画でも小説でも、アニメや映画やドラマでも。

ぱっと見では分からない、細かい奥深いところに、成功と失敗を分ける鍵があるのだ、という事なんですが。

それが普通のレベルではない、繊細で微妙で見えにくいものなので、ノウハウと言うよりは、魔法。それだけすごいんだ、と思ってる。

だから、そういう部分が簡単に踏みにじられちゃうのを、自分のことではなくても見聞きしたりすると、猛烈に腹が立つんですけど。

しかしこの見解には、なかなか賛同者がいなくて、歯がゆいところ。

でも、「これには魔法がかかっている!」と思える作品は、やっぱりちゃんと評価されていて、そういうのが好きな人は、世の中に確実にいる、と思うので。

自分もがんばってそういう魔法が使えるようになって、そういう作品を世に出したい、と、もがいているのです。

|

« vs大分回顧&vs神戸展望 | トップページ | vs神戸 嵐の中で »

日記・つぶやき2007」カテゴリの記事

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/16842257

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の雑感記 魔法使いの弟子:

« vs大分回顧&vs神戸展望 | トップページ | vs神戸 嵐の中で »