« CS第一ステージ ロッテ先勝 | トップページ | CS第2ステージ進出決定!! »

2007/10/10

9/29NOAH大阪府立体育会館 寄る年波

なんかクライマックス・シリーズ第2戦は、負けたみたいだけど、それはなかったことにして(嘆)。

先週忙しくて書きそびれていた、プロレスの記事をお送りします。

9/29NOAH大阪府立体育会館大会、メインイベントGHCヘビー級選手権、王者三沢光晴vs挑戦者丸藤正道。

苦しい……。

三沢さん、もう限界……。

足滑らせたり、細かいミスがたくさんあって、技がちゃんとかからない。

歳かなあ……、と悲しくなりました。

いつもならCATVで見るんだけど、実はこの日はこんな大一番だというのに、生放送なし。そこで地上波で見たので、こんな印象になったのです。

地上波は放送時間短いから、試合途中がカット。そのため試合終盤で、疲れてるとこだけ放送されました。だから、ミスばっかり、という印象が、すごく強かった。

その後、次の大会の放送のあとに流れたノーカット版で、ちゃんと中盤の攻防も通して見ると、第一印象ほどには酷くない。

でもやっぱり、年齢の影響は、そこかしこに。

昔スタン・ハンセンが、やっぱりこれぐらいの年のころ、衰えが目立ち始めて、見ていて悲しく思った事を思い出しました。

ただ、これは、歳で衰えていくという現実を、見ているこちらが実感として飲み込めれば、今度はそれを踏まえて応援できるようになるのも、そこで体験済みで。

僕がプロレス好きなのは、バイオレンスの部分でもスペクタクルの部分でもなく、闘う気持ちのところなので。老いと闘い己を貫こうとするさまも、かっこよく見えるのです。

まだまだがんばれ、三沢さん!

|

« CS第一ステージ ロッテ先勝 | トップページ | CS第2ステージ進出決定!! »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/16675592

この記事へのトラックバック一覧です: 9/29NOAH大阪府立体育会館 寄る年波:

« CS第一ステージ ロッテ先勝 | トップページ | CS第2ステージ進出決定!! »