« あと少し | トップページ | 都会の孤独 »

2007/10/24

10/16NOAH岡山 職人肌で苦労人

無事クライマックスを書き終え、一通り形になりました。ふう。

一応形になると、ちょっと安心。

あとはここから、細かいところを直していって、完成度を高めていく作業です。

さて、少し余裕が出たところで、先週書きそびれていたプロレス記事を。

10/16NOAH岡山卸センター展示場オレンジホール大会。注目は、GHCタッグ選手権王座決定リーグ戦。

バイソンさん負傷により、斉藤&バイソン組欠場、不戦敗。なんとここで森嶋&ヨネ組が勝てば、王者決定。

しかし、対戦相手のディーロ&ブキャナン組が、そうは問屋が卸すまじ、と激戦を制して勝利。

そして、10/20の田上&潮崎組も撃破して、王者となりました。

ディーロ&ブキャナンは、さすが世界を渡り歩いた実力者だなあ、と思います。

最初に来たシリーズ、体が大きいのにおとなしい、と散々言われ。でも全日の時からもともと、そういうオーソドックスな感じだよなあ、と不憫に思っていたら。

最終戦には、周りの空気を読んで、適応してきた。

そして今回も、そのままダイナミックなプロレスを展開。結果も残して見せました。

職人肌で苦労人、となると、僕の心が揺さぶられるわけですよ。よかった、よかった。

しかし、王者になったのも束の間、シリーズ最終戦には、リーグの試合が減ってしまったことを受けて、早くも防衛戦。丸藤&杉浦組が控えています。

こちらのチームも魅力的。うわー、どっちを応援しよう……。

|

« あと少し | トップページ | 都会の孤独 »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/16848059

この記事へのトラックバック一覧です: 10/16NOAH岡山 職人肌で苦労人:

« あと少し | トップページ | 都会の孤独 »