« vs浦和展望 | トップページ | vs浦和 前進 »

2007/08/11

今週の雑感記 アンドロイド

エンサイン14を更新。

今週前半はちょいとゆとりがあったので、ケッタ・ゴール!の次のプロットを切る。

しかし、そこから大忙し。来週も。

サッカーの記事更新が間に合うだろうか?

水曜にも試合があるため、スカウティングだけでも一苦労(笑)。

○ Fly Away

作業中、BGMとして、CATVの音楽チャンネルをつけてたりするんですが。

最近つい手が止まってしまうのが、SEAMOの「Fly Away」。

PVに新日本プロレスの選手が出ていて、試合を繰り広げているので。普段の中継では見れない超接近映像もあり、おお、かっこいい、と。

曲はテンポのいいノリのいい曲。こういう曲は好き。

そして会場が千葉BLUE FIELDなのに、考えさせられ。

プロレスよく知らない人にも説明しますと、会場は常設会場を持っているKAIENTAI DOJOという団体の物なんですよ。リングとか入場ゲートとか、設営の手間が省けるから。でも選手は、テレビ中継のあるメジャー団体の有名選手。

プロなら悔しいと思わなきゃ、嘘だよな。がんばれ。

そんな背景にも、思いを寄せてしまうのです。プロレスファンの性(笑)。

○ ロンドン 食の歴史物語 (アネット・ホープ 白水社)

これは当り。ネタの宝庫。

こういうの読むと、だんだんイメージが湧いてくる。キャラクターが街の中で動くようになってきた。

もしこの企画が採用されて、仕事が続くようになった時には、購入して常備しよう。

○ アンドロイド

このブログのアクセス解析を見ていると、ときおり画像検索で来られているお客さんがいて。

何の画像を見に来たのかな、と見ると、「アンドロイド」のケースが多く。

需要あるんだな、アンドロイド。外国からも来ますからね。

僕はあんまりネタで語るの、好きじゃないのです。面白いかどうかは、転がし方が重要だと思っているから。

料理に例えると、プロの凄腕の料理人なら、その辺のスーパーの特売品からでも、美味しい料理ができるけど。

僕みたいなのに任せたら、例え最高級の和牛の一番美味しい部位も、「……とりあえず、焼く?」みたいなことになって、下ごしらえも焼き加減も塩加減もすごい適当に、「一応食べられるけど……」レベルの物にしかなりませんよ、という事で。

要は処理の仕方とノウハウの蓄積、料理人の腕が重要だろう、と。

でもやっぱり、素材の吸引力ってのはありますよね。自分もスポーツ漫画とか、必ず一度目を通すジャンルがあるし。

素材によって、期待できるものっていうのがあるんだと思います。

スポーツ漫画を自分が読むのは、あの勝負に賭ける必死なところが好きだからで。必死さをより引き立たせるために、色々な困難を印象付けてくれるのは大歓迎。

そこで、いろんなウンチク使ったり、アクシデントがあったり。

でも、そのネタに引っぱられて、必死なところを描き切ってくれなかったりすると、トーンダウン。ウンチクにウンチクで対抗して、苦労せずに勝っちゃうとか。

そういう読書体験から、腕が肝要、と思ってるんですけれども。

実際、例えに使う料理の世界でも、美味しさというのは、素材と腕の相乗効果なわけで。

素材の良さを腕で生かす、という状態にできるのが、一番いい。

今ちびちびと書き進めている「Sprig8」がアンドロイドの話ですが、ちょこっとだけ載っている「遙か彼方の……」もそうで。そこにけっこう検索で引っかかってる。これだけ需要があるなら、あれもそのうち完成原稿にしようかな、と思ったんですが。

あれは読み切りではなくて、連載のボツネタなので、続きがある。打ち合わせ時にはうまく処理できなくて、ボツの憂き目にあったんですけど、どうせやるなら、うまくやりたい。

僕にとっては、「アンドロイド=けなげロボ」なので、その辺描き切れたらいいなあ、と上記のように素材と腕の関係について、考えたのです。

しかし……。何年がかりなんだろう?(笑)

|

« vs浦和展望 | トップページ | vs浦和 前進 »

日記・つぶやき2007」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/15984719

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の雑感記 アンドロイド:

» SEAMO - Fly Away PV [YouTubeでPV観賞でSHOW!]
SEAMO Fly Away PV (その他PVも有り。まだ動画はすくないですけど。) [続きを読む]

受信: 2007/08/11 12:35

« vs浦和展望 | トップページ | vs浦和 前進 »