« U-20vsチェコU-20 同じ課題 | トップページ | 今週の雑感記 島根の弁護士 »

2007/07/13

vsUAE もやもや

アジアカップ第2戦、UAE戦です。

ここで勝っとかないと、ちょっとまずい? 相手も初戦落としているので正念場、お互い引くに引けない一戦です。

本日の日本は2トップ。相手は守備を固めてカウンターのチームですが、ターゲットが一枚多いわけですし、ボールを回すだけではなく、思い切った楔を入れて、こじ開けてほしいです。

強引に行って突破できなくても、FKが取れれば高さではアドバンテージがあるので、得点のチャンス。積極的な攻撃を希望。

という事で、そろそろキックオフ。

・・・・・・

前半終了3-0!!

1点目はショートコーナーから高さで勝ち。

2点目は右サイドでパス交換、マークをはがして余裕を持って上げたクロスを、高原選手が素早くシュート。ブラインドになってキーパー動けず。

3点目は右で崩して引きつけて、左サイドぽっかり空いた遠藤選手へナイスパス。キーパー飛び込んで止まらず、かっさらってPK。

怖いぐらいに順調な試合展開。後は油断せず、さぼらず、きっちり勝ち切ること。

・・・・・・

試合終了、3-1。

うーん……。

あそこできちっと集中して、ゲームを無風で終わらせたいのに。

向こうに退場者が出て圧倒的有利に。ゆったりとボール回しはいいとして、気持ちもゆったり、出足が止まる。

そして虚を突かれるように中央を駆け上がられて、数的有利の状態なのに1点取られ。

前後半でまるっきり別のゲーム。もやもや感が残ります。

さらに、自ら申告して交代した人が二人も出たけど、大丈夫でしょうか。

色々気になる事が残った、後半でした。

次、地元ベトナム。現在絶好調の模様。

しっかり勝って、一位通過したいですね。

|

« U-20vsチェコU-20 同じ課題 | トップページ | 今週の雑感記 島根の弁護士 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

日本代表の試合を観ていて、いつも考えるのは相手チームの気質です。

UAEの選手達は気持ちの集中が上手くなかったかっもしれませんが、1点をとったときの迫力は凄かったと思います。「狩人」を思いました。

サッカーは「道」の感覚でするものではなくて、「狩」の感覚なのではないか?と、以前から思っているのですが、ますます強まるばかりです。(知人は「哲学」の問題だ。と言いますが)
 やはり、息の根を止めるまで徹底的にやらないといけません。そうでないと、こちらが生きて帰れないかもしれませんから。手負いの獣は、一番怖いと思います。
 「狩り」は、その危機感を常に孕んでいると思います。

投稿: 佐藤K(KAZZ Satoh) | 2007/07/15 12:16

前後半が逆だったら、苦戦→快勝で、浮かれてたと思うんですけど(笑)。
 
日本は文化的に隙を突くことを良しとしない部分があるので、普段のリーグの対戦で、その感覚がなかなか磨かれないのでしょうか。
 
でも「自分達のサッカーを貫く」という言葉に、ウキウキしてしまうんですよね。

投稿: かわせ | 2007/07/15 15:23

「隙を突く」ことを善しとしないと同時に、「隙を突かれない」構えを常にしていたのだと思います。
 夜中の番組で古武術家の甲野さんが、サッカー解説者(になってしまった)中西さんをブロックし行く手をさえぎっていました。

この感覚が前提にあって、「自分達のサッカーを貫く」を貫いてほしいです。絶対に「日本人にしかできないサッカー」があるはずだと思います。

投稿: 佐藤K(KAZZ Satoh) | 2007/07/18 11:06

その番組はおもしろそうですね。
 
ぼくも合気道やってから、フットサルをやるようになったら、昔より守備の読みがよくなってました。「気」まで言うとちょっと大げさですが、確かに気配は感じます。
 
気配を察知し、先読みできても、昔のように身体が動かない、というオチなんですけど(笑)。

投稿: かわせ | 2007/07/18 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/15746855

この記事へのトラックバック一覧です: vsUAE もやもや:

« U-20vsチェコU-20 同じ課題 | トップページ | 今週の雑感記 島根の弁護士 »