« スーパー・アース | トップページ | 練習試合vs法政大学 続々復帰 »

2007/06/01

vsモンテネグロ 浸透中

海外組が増えてきて、だんだん全貌がはっきりしてきたオシムジャパン。

対するは、セルビアとさらに分裂した、旧ユーゴのモンテネグロ。

でかい相手をどう攻略するのかが注目で、さあ試合開始。

・・・・・・

前半終了。あれれ、セールスの人が来て、対応してる間に2点目入ってる。

でかい相手、と思っていたのに、二本とも空中戦で点取ったのは立派。

さて、後半。

・・・・・・

試合終了、2-0。

日本ホームの親善試合ってたいがい、極東の地の利、長旅と時差ぼけで、相手チームは後半途中から足止まるんですが。

なぜか日本が先にスローダウンしてしまって、後半無得点。むしろあのPK入ってたら、分かんなかったのでは?

という部分は気になりましたが。

全体としては、狙いのはっきり見える試合運び。

高さに対して、サイドからは速いクロス。相手より上回る俊敏性を生かして、裏狙い。

コンセプトが浸透して行ってる手ごたえがありますね。

あと、オシムジャパン始動当初、呼ぶ選手のタイプがちょっと偏ってるような気がしてたんだけど、海外組が合流してくるにつれて、バランス取れてきた。こういう狙いだったのかと納得。

選手の選考って、やっぱり監督のサッカーの好みが出ると思うんですが。いい悪いじゃなくて、オシム監督の好みは、僕の好みに近い感じ。あのユーゴ代表も好きだったしな。

という事で、僕の中で非常に好感度高く応援できるチームになってきてます、オシムジャパン。さらに海外組との融合が図られると思われる、次のコロンビア戦はどうだろう?

|

« スーパー・アース | トップページ | 練習試合vs法政大学 続々復帰 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/15279956

この記事へのトラックバック一覧です: vsモンテネグロ 浸透中:

« スーパー・アース | トップページ | 練習試合vs法政大学 続々復帰 »