« ナビスコ杯vsマリノス展望 | トップページ | ナビスコ杯vsマリノス 外れていいのに  »

2007/05/09

馬用

ブラジルの人権団体、馬用器具使った肥満患者の検査に抗議

リオデジャネイロの複数の病院が肥満の患者に対し、地元の競馬場にある競走馬用の医療器具を使って検査を行っていることに対し、人権活動家から屈辱的だという批判が起きている。

リオデジャネイロ州保健事務局の報道官は4日、「体重が標準的な器具で支えられる以上である場合はリオデジャネイロで唯一収容可能な器具を備えている競馬場に行ってもらうしかない」と説明した。

胃の縮小手術を受ける患者は、トモグラフィー(断層撮影法)と呼ばれる体の部位を多重撮影できるレントゲンが必要だが、これは通常小さな部屋で行われる。 

リオデジャネイロにある病院に備えられている標準のトモグラフィー器具で診断できるのは体重120─130キロまでの患者に限られる。一方、競走馬用のトモグラフィー器具では通常より丈夫で診断可能なサイズも大きめとなっている。

これに対し、肥満患者を支援するグループは3日、肥満患者用の車椅子やストレッチャーなどの購入を病院に義務付けることを求めて州議会の外で抗議活動を起こした。

グループの代表は、「肥満患者はすでに多くの偏見により苦しんでおり、さらに動物と同じところで治療を受けることは彼らの自尊心を高めることにはならない」と述べ、患者の多くが競馬場で検査を受けることにちゅうちょしていると語った。

ロイター07/4/5

確かに、馬に負けないぐらいの体重になってしまった人のニュースを、たまに見かけますが。

Xreys

|

« ナビスコ杯vsマリノス展望 | トップページ | ナビスコ杯vsマリノス 外れていいのに  »

にゅーすdeまんが2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/14570293

この記事へのトラックバック一覧です: 馬用:

» メタボリックシンドロームの対策・予防をする為の特集 [メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)の予防・対策]
メタボリックシンドローム(メタボリック症候群)の予防・対策を支援します。WEB上には様々な情報がありますが、メタボリックや肥満をデトックスや治療といった観点からみて情報を集めています。 [続きを読む]

受信: 2007/05/10 11:11

« ナビスコ杯vsマリノス展望 | トップページ | ナビスコ杯vsマリノス 外れていいのに  »