« vs甲府レビュー&vs名古屋展望 | トップページ | vs名古屋 嵐を越えて »

2007/04/28

今週の雑感記 Alegro Cantabile

この雑感記、どうしても同じ作品の話になってしまうので。

今週はちょいと話題を広げてお送りします。

○ BGM

ネーム切ったり話考えたりする時に、集中する方法は人によって違うと思いますが。

僕は部屋に一人引きこもり、音楽の力を借りるのです。

ただ聞き方がちょっと普通じゃない。一曲を延々とかけ続ける。しかも、連日大体同じ曲。多分他の人が部屋にいたら、いい加減にして、と言うでしょう。平気で10時間ぐらいかかってるので。

現在ヘビーローテーション中なのは、SUEMITSU&THE SUEMITSUの「The Piano It's me」より、「Saga」と「Alegro Cantabile」。「Alegro~」はアニメ「のだめカンタービレ」の歌ですね。

その前はNIRGILISの「BOY」より、「虹」と「sakura」。こっちはエウレカセブン。

こういうやり方で話作ってると、たまにふと自分の作品を読み返しているときに、頭の中で勝手にBGMがかかるときがあります(笑)。

○ 選挙

そんな風にして、高めた僕の集中力を台無しにしてくれた、先週の区議選。日曜日が投票日だったわけですが。

ウチの前を通るほとんどの候補が「○○です! 頑張っています! 皆様のご支援が必要です!」という哀願調。うんざり。

そんな中、きちっと挨拶をし、落ち着いた声で理路整然と、自分の政治活動について、時間を使って演説していた候補が一人だけいて。

目先の事に目をくらますことなく、当たり前の事を当たり前にこなせる、こういう立派な人に頑張って欲しい、と一票。

結構ギリギリで当選! 行っといてよかった(笑)。

○ ぐりとぐら (なかがわえりこ と おおむらゆりこ 福音館書店)

昔読んだなあ。今度新版が出るんだそうですよ。

福音館書店のブログに、その校正作業の様子が。

最後の、作者名の裏話を聞いたら、何か幸せな気持ちになりました。ほんわか……。

○ ダレン・シャンⅢ バンパイア・クリスマス (ダレン・シャン 小学館)

悪役の死に様が、素晴らしい。もう引っ張ること、引っ張ること。やっぱりそうじゃないとね。

悪には悪の華があると言うか、強そうな悪役の死に様っていうのは、悪役最高の見せ場。

最期、別れのシーンもいいですね。

文章で書くと、「正解」を書けちゃうんだけど、それだと味気ない。気持ちを裏打ちする演出が入っているのが、素敵です。

想像力を掻き立てられるのは面白さの一つ。次の展開を否が応でも気にさせられたり、映像が目に見えるようだったり、言外の気持ちが察せられたり。

読むという行為は受動的なんだけど、それに刺激されて読者の心が活発に活動するようになるのが、上手い演出。

○ 蔵人 クロード (尾瀬あきら ビックコミックオリジナル)

「ハイ、社長。専務ハ…セツ、…好キデス。オレ…ワカル。専務……ズットセツ愛シテル」

「……うむ」「じゃあクロード。せっちゃんは宏のいい嫁になると思うか?」

「……モチロン」

これも上手い演出。言外の気持ちがね……。もやもやと伝わってくるですよ。くう~。

しかも、その気持ちがまた、当人達にとっても、まだくっきりと形になっていない、もやもやした気持ちなんですよ。くう~。

僕も、そういう所までみっちり詰まっている話を、作りたいですね。

|

« vs甲府レビュー&vs名古屋展望 | トップページ | vs名古屋 嵐を越えて »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/14775497

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の雑感記 Alegro Cantabile:

» のだめカンタービレ/アニメ [のだめカンタービレ/アニメ]
のだめカンタービレについての情報を公開しております。 [続きを読む]

受信: 2007/04/28 19:21

« vs甲府レビュー&vs名古屋展望 | トップページ | vs名古屋 嵐を越えて »