« 崖の上のポニョ | トップページ | 練習試合vsチリU-20&FC東京戦展望 »

2007/03/28

U-22vsシリアU-22 チュンソン君スタメン

グループ内最大のライバルと目されているシリアと、ホームで対戦。

アジアユースの時には日本とPK戦、ワールドユースではイタリアを破ってるって! 簡単な相手ではなさそう。

そして。

チュンソン君がスタメンです!!

気合入れて応援しますよ!!

という事で試合開始。

・・・・・・

前半終了、2点先制!

いい感じですよ、この並び。前から試して欲しかったんですよね。

この調子で、あとはチュンソン君にも得点が欲しいな。

頑張れ!!

・・・・・・

後半17分チュンソンOUTカレンIN。

こうなると、すっかりテンション下がってしまうのは恒例。最後10分、意識なかった(笑)。

試合は3-0で、危なげなく日本勝利。

チュンソン、平山、家長の並びは非常にいい並びでした。三人の特徴が噛み合ってた。

いつもは1トップ2シャドーで、2シャドーが両方FWタイプだったり、MFタイプだったり、とにかく横並びさせる感じだったのが、今日はちょっと違っていて。

その大きさから、真ん中にでーんと構えている事を期待される平山選手ですが、ポストをするときわりと下がってきたり、サイドに流れてボールキープしてみたりで、ゴール前を離れる事が意外に多い。それが批判される事もあるんですが、本人のリズムだから、なかなか難しい。

その点はチュンソン君が、ゴールへ向かう意識が強く、DFラインの裏を狙い、ゴール前で待ち構えていて、補完的に動けていた。

チュンソン君がDFラインの裏を狙うなら、バイタルエリアを幅広く使っていたのが家長選手。平山選手がDFをひきつけ、裏をチュンソン君、手前を家長選手が狙う、2シャドーというより、2トップ1シャドーとでも言うべきか。

後はチュンソン君が点取って、前線三人揃い踏みになってれば、誰からも文句が出ない出来だったんですが、惜しくも得点はならず。

でも2シャドー横並びより、こっちの方が機能すると思うんで、続けて欲しいです。

・・・・・・

試合後反町監督コメント。

「今日は2トップにしたことでパスコースが1つ増えたので、当てて走るという日本の特性が生きたと思います。ただ、これは相手があっての話なので2トップが必ずいいということではないです。今後は相手を踏まえた上でベストの選択をしたいと思っています」(J's GOAL)

まだ先は長い……。

でも、レイソルサポの身びいきがあるとしても、このチームには上手すぎてボールをこねるタイプの選手が多いので、チュンソン君のようなゴールに貪欲なタイプは必要だと思うのです。

頑張れ、チュンソン君。

|

« 崖の上のポニョ | トップページ | 練習試合vsチリU-20&FC東京戦展望 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/14439268

この記事へのトラックバック一覧です: U-22vsシリアU-22 チュンソン君スタメン:

« 崖の上のポニョ | トップページ | 練習試合vsチリU-20&FC東京戦展望 »