« 月刊少年ジャンプ休刊 | トップページ | 練習試合vs法政大&U-22vs香港U-22 »

2007/02/28

2/24NOAH大阪市中央公会堂 渾身のスーパースターエルボー

空中キャッチは、普通ですか?

2/24NOAH大阪市中央公会堂大会、セミファイナルGHCJrタッグ選手権、王者鼓太郎&マルビンvs挑戦者石森&ロメロ。

前回はマルビン選手の空中キャッチフランケンシュタイナーが炸裂、今回は鼓太郎選手の空中キャッチバックドロップが炸裂。

なんかもう、漫画か特撮か、という感じ。凄すぎ。

さて試合は熱戦の末、王者防衛だったのですが。

挑戦者石森選手の頑張りが印象に残りました。

序盤見てたら、なんかすんなり王者組が勝ちそうで。凡戦までは行かないけど、順当に終わっちゃうかな、というペースだったんですが。

石森君、めっちゃ頑張った。

途中のスーパースターエルボーは、決まるんじゃないかと思った。

実はNOAHに来るまでの、僕の石森君への評価は辛口でした。僕だめなんすよ、作られたエース。顔がよくて運動神経がいいと、どうしてもプッシュされますが、本人の頑張りがその分見えなくなって、どうも感情移入できない。

そんな感じで見ていた石森君が、NOAHに来るとき、自ら退路を絶ってみせた。この辺からおやっと気になる選手に。

そういう覚悟が見えてくると、こちらも頑張れという気持ちになってきます。プロレスのそういう所が好きだから。

そんな石森君の放ったスーパースターエルボーは、僕が見てきたうちでは最高の一撃。ただくるっと回って難易度が高いだけではなく、気持ちがこもった、一番高い、一番威力を感じた一発。

でも、返されてしまった……。

それでも頑張る石森君は、最終盤の大技攻勢を食らっても脅威の粘り。

気持ちは十二分に感じました。結局今回は押さえられちゃったけど、こうして頑張っていれば、いつかは報われるはずだ。

めげるな、頑張れ!

|

« 月刊少年ジャンプ休刊 | トップページ | 練習試合vs法政大&U-22vs香港U-22 »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/14065976

この記事へのトラックバック一覧です: 2/24NOAH大阪市中央公会堂 渾身のスーパースターエルボー:

« 月刊少年ジャンプ休刊 | トップページ | 練習試合vs法政大&U-22vs香港U-22 »