« 2007年 新年のご挨拶 | トップページ | 不漁 »

2007/01/02

天皇杯決勝 浦和vsG大阪

一年のサッカー始め、元旦の天皇杯決勝。

今年は浦和vsG大阪。1-0で、浦和がシーズン二冠、天皇杯二連覇。

今シーズンは浦和のシーズンだった、という事ですねー。

見てて凄いなと思ったのは、浦和の勝負強さ。

怪我人などからこの日の浦和は、ベストメンバーを組めず。特にDFラインは深刻で、その結果G大阪に押されっぱなし。

いつ失点してもおかしくない展開だったんだけど、ギリギリのところで踏みとどまる。

G大阪は播戸、マグノ・アウベスの2トップが、浦和DFラインを引っ掻き回し、中盤が余裕のボール回し、完全にポゼッションで優位に立つものの。

ガンバ攻撃陣に唯一弱点があるとすれば、高さがないこと。

完全に押し込み、ベタ引きにさせてるんだけど、高さがないので、そこから意外に苦戦。せっかくサイドを崩せても、クロスがことごとく跳ね返され、針の穴を通すように狭いスペースに突っ込んで行くしかない。

逆に浦和は、押し込まれるならとカウンター狙いに切り替え、交代で岡野選手を投入、永井選手との快速2トップに。これが当って、決勝点。

前半見てた感じでは、ガンバの得点は時間の問題だと思っていたのに、ホントにしぶとかったです。

さて、今年はこういう強いチームとも、やらなきゃいけないわけですよ。

不利は免れないと思うけど、そこを頑張って、勝ちたいですねー。

|

« 2007年 新年のご挨拶 | トップページ | 不漁 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/13293249

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯決勝 浦和vsG大阪:

« 2007年 新年のご挨拶 | トップページ | 不漁 »