« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007/01/31

キャンプスタート

さ、切り替え、切り替え。

キャンプ始まりましたよ!

(↑自分に)

というわけで、キャンプスタート。

サッカー自体は去年から、J1に上がった時のことも考えたものでしたし、補強もそれに沿って、去年の土台を生かした補強で。

あとはこのキャンプでそれを磨き上げて、J1での戦いに耐えられるものにするのみです。

新戦力の人達はチームにフィットするだろうか。

今年の方が当然押し込まれる展開が多いと思うんだけど、やっぱり1ボランチで行くのかな。

ディエゴさんに代わる新外国人選手が間に合わなかったけど、大丈夫だろうか。

というちょっと不安なドキドキから。

フランサさんが、かなりやる気満々な発言してたけど、どれぐらい凄くなるんだろうか。

攻撃的MFが、若手からベテランまで、しかも色んなタイプの人が多士済々で、どんな布陣になるのかな。

という期待に満ちたドキドキまで。

とにかく胸高鳴る時期がやってきたのです。どんな風になるのかな、今年のレイソル。早く練習試合とか、ちばぎんカップとか、やんないかな。(←気が早い)

とにかくみんな頑張ってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/30

冬眠中

クマの「クー」が人工冬眠に 上野動物園で一般公開

東京・上野動物園(小宮輝之園長)で、雌のツキノワグマ「クー」が人工的な冬眠状態に入り、一般公開されている。

冬眠と断定できる明確な根拠はないが、クーが18日ごろから一日中寝ている状態で、通常1分間に約10回の呼吸数が3回に減った。

クーは昨年5月、新潟県朝日村で保護された。引き取った同園は、冬眠中の生態を調べるため人工冬眠に取り組んでいる。呼吸数や心拍数を計測し、注意深く見守る。

共同通信06/12/28

ワシも、冬眠したいが。

寝てる場合じゃないんじゃよ。

Hibernation

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/29

ディエゴさんが緑色に

噂通り、ディエゴさんが東京Vへ……。

あ~あ。

最初報道があった時には、なかなか契約に至らないのはヴェルディの横槍か! と怒り心頭だったんですけど。

カンファレンスでの話によると、釣り上がったのは蔚山現代が参戦してきたからで、ヴェルディはその後みたいですね。

そのヴェルディにしても、最初は社長が嬉々として、すぐにも発表出来そうなことを言ってたのに、これだけ延び延びになったのは、結構ゴネられたんでしょうか。

大体ウチだって貧乏チームじゃないのに、それが獲得断念って言うんだから、よっぽどだよな。

まあ、高い契約になればなるほど手取り増えるんですけどね、代理人さん。選手が一番働きやすいようにして、いいパフォーマンスを発揮できるように気配りしないと、その次の契約がまずい事になったりする場合が、あるんじゃないですかね? もしこいつが駄目になっても、他の奴で稼ぐからいいってことですか?

くっそ~。やっぱ、腹立つ。(怒)

はあ。それにしてもディエゴさん可哀想。J1遠いですよねえ。

最初は神戸にやって来て、一試合出たとこで監督が変わっちゃって、構想外。

で、去年ウチで頑張って、J1昇格。

なのになぜか今年もJ2のヴェルディに。

いつになったら、日の目を見るんでしょう……。

これで去年のメンバーの去就は出揃ったのかな? 根引さんはコーチに、リカさんはクルゼイロ、深津君がFC岐阜、瀬戸さんYKK AP、山下さん栃木SC。

それでディエゴさんが東京Vへ、と。

出番の多かった人もそうでなかった人も、去年の特別な思い入れのあるチームの構成員。

みんな頑張って欲しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/01/28

今週の雑感記 納豆騒動

納豆ダイエット。

あっという間にやって来て、あっという間に去って行きました。

血圧がちょいと気になる私めは、大豆製品が良いと聞き、せっせと納豆食べてたんですが。品切れ続発。

なのに、ガセネタだと!?(怒)

ふざけんな、フジテレ……

いかんいかん、こんな事で血圧上げちゃあ……。

それにしても食べ物絡みで不祥事続きますけど。油断ですよねえ。

「食べたら毒かもしれない食べ物を作る食品メーカー」とか、「嘘かもしれない情報を流すメディア」とか、そう思われたら最期、存在価値がなくなるのに。

とりあえず、不二家はもう怖くて……。

捏造発覚後、スーパーで山と積まれて売れ残っている納豆を見ました。さらにメーカーには、注文のキャンセルがどっと来たらしく、仕込んだ納豆が無駄になっちゃうかも、と。あの納豆たちは、やっぱり賞味期限切れで廃棄処分だったんでしょうか。

それもまたもったいない話。

○ 風の大地 (作・坂田信弘 画・かざま鋭二 ビッグコミックオリジナル)

左足首に激痛がー!

ゴルフ漫画の醍醐味ですけど、試合が進むにつれ、どんどん振幅がでかくなっていく。

そんな無茶なというショットにトライ、なんと成功、でも次の試練が……。この繰り返しに手に汗握るわけですよ。

足首はもう駄目だし、せっかくぶっ飛ばしたティショットは、飛び過ぎて一転大ピンチだし、どうなるんだろう。

○ ダレン・シャン (原作Darren Shan 新井隆広 週刊少年サンデー)

最近安定していい位置に。

話もじっくり描かれていて、こういうのは好き。

ハリー・ポッターの大当たりの後、本屋でよく見かけるようになった、洋物のファンタジー。他メディアもそれに飛びついて、映画やら漫画やらなわけですが。

先日「文春きいちご賞」で、2006年ダメ映画大賞を獲ってしまったゲド戦記とは対照的。

読んだ事無いんだけど、漫画面白いと、原作も気になります。読んでみようかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007/01/27

1/21NOAH武道館 重い…

新企画をおったてようと、えっちらおっちら頑張っていて。プロレスは録画して、後でのお楽しみ。

後でびっくりですよ。

CATVのタイマーが入ってない……。

大慌てで地上波で見ました。危なかった。

メインイベントはGHCヘビー級選手権、王者三沢光晴vs挑戦者森嶋猛。

重たい試合でした。

挑戦者の森嶋君。解説秋山さんが言ってましたが、「武道館のメインは緊張感が違う。自分の身体じゃないように感じる」との言葉通り。

一発一発は強烈なんだけど、全体的に重たい。必死にもがいている感じ。

後で知ったんですが、三沢さんはしょっぱな場外で食らったパワーボムで脳震盪を起こし、意識が飛んでいた模様。なるほど、それで三沢さんもなんか重たかったわけだ。

森嶋君の破壊力が規格外なのは、この件でも、さらに三沢さんが試合後よろめいて崩れ、病院直行だったことでも分かります。

スタミナ不足と本人コメントしてたようですが、それも緊張感から来るものだったんでしょうか。

後、もう少し。この壁を越えれば。

でも、人生、それがなかなか簡単には行かなくて。

もがいてもがいて、頑張って。傍から見たら、もどかしい。でもそれは自分で越えて行くしかない。

試合を見た後、そんな人間模様に心を馳せておりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/26

2007年の展望

レイソル公式HPに、2007年の試合日程が載ってました。

見てみました。

……短くね?

わー、34試合しかない。ホームアンドアウェーで二回戦しかないですよ? なんか違和感が(笑)。

開幕戦はホームで磐田ですね。天皇杯は物凄く惜しい、まさに惜敗でしたが、その借りを返せたら最高のスタート。

序盤に上位に行きそうなチームとの対戦が目白押しで、結構厳しいな。ここで苦しくても、バタバタしないのがポイントだな、きっと。

さて、各チームほぼ補強も出揃い、練習も始まったわけですが。

なんかどこもいい補強をして、順調なように見える弱気の虫……。

まあ、こういうのは特に新外国人選手なんかが、額面通り働くかで、大きく変わってくるんで、蓋を開けてみないと分からないんですけれど。

さて、今年のレイソルは、コンパクトで高性能なチームを目指し、勝ち点45が目標です。

僕好みのコツコツ型編成で、ウキウキしたのと同時に、実は正直申し上げますと、ドキドキです。

……若手の伸びしろ残したけど、伸びなかったら、どうしよう……。

いやいや、ウチには今、年代代表の候補が、桐畑、パンゾー、石川、大島、ヤナギ、実、チュンソンと、7人もいるんですよ。長谷川君も前に入ってたし。 U-24で考えたらしいから、ワールドユース経験者の近藤君、谷澤君もカウントですよ。何ならユースっ子も入れちゃうよ?

これだけいたら、何人かは行けるだろう……。(←自分に言い聞かせ)

並べてみようかな。

柏レイソルU-24。

          

 菅沼 柳澤 谷澤 鈴木

       大谷

石川 近藤 小林祐 小林亮

       桐畑

青字は青いユニフォームに袖を通した人ね。ヤナギなんて、代表ユニ、普段着ですよ?

え? カタール組は選抜で、代表じゃない? まあまあ。一応ユニは同じみたいだし。忠成君はフライング?

……と、冗談はさておき。

これだけ有望株がいて、これで彼らを伸ばさなかったら、うそですよ。ポジション与えてあげるのは間違ってるけど、チャンスを与えて競わせないと。

理想は毎年一人ずつぐらい、二十歳過ぎぐらいの若い子が一人立ちしてポジションを取ること。そうすると一番上が30ちょいぐらいでバランスよく回る。

……ええ、こんなに書いてるのは、不安だからなんですけどね。ビッグネームに頼って、安心感を得たいのは人の性。

でも絶対、こっちの方法論の方が正しいんだから。大量補強大量解雇じゃ効率悪くて、すっごい金が余ってるんでもない限り、どっかで破綻するんだから。

チームのベースを作り、育てながら闘う石崎監督の手腕に期待です。

勝ち点45かあ。去年で言うと、13勝6分か。

やはり序盤にしぶとく勝ち点取りたいな。

2007年シーズンの、実感が湧いてきましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/25

太りすぎ

フランス人男性が航空会社提訴、肥満による追加料金請求で

フランス人の男性が、肥満を理由に2人分の座席の支払いを要求されたとして、エールフランスを提訴した。

男性が20日にロイターに述べたところによると、ニューデリーの空港で2005年、エールフランスの職員が、人前で男性のウエストを計測し、1人分の座席に座るには太りすぎている、と判断したという。

一方、「パリジャン」紙の報道によると、エールフランス側の弁護士は、19日に行われた裁判で、同航空は太り過ぎの乗客に2人分の座席の支払いを求めるというはっきりした方針を持っていると強調。「客観的に見て、この男性は太っている。法廷の椅子にも入りきらないほどだ。どうして飛行機の座席に座ることができようか」と述べたという。

弁護士のコメントは取れていないが、訴えた男性は弁護士の発言を確認、裁判では何回も「肥満」という言葉で非難されたとしている。

男性の体重は160キロを上回っている。

ロイター06/12/21

見出しを見て、一瞬、現在の原油高から来る燃料費の高騰で、とうとう体重で運賃決まるようになったのかと思った。1kg当り輸送料はいくら、とか(笑)。

Fatty

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/24

祝 20万

カウンターが20万を超えました。いつもご覧頂き、本当にありがとうございます。

と言うか、そろそろじゃなかったっけと確認しようと覗いたら、ちょうど20万ぴったりでした! あれ? 僕が20万人目ですか? 自分のアクセスはカウントされるんだっけか?

この間記事が1000を超え、今度はカウンターが20万を超え(しかもちょうど見れたし)、何かめでたい感じです(笑)。

せっかくこつこつ続いていることですし、何かここを使って面白い事が出来たらなあ、と思っている今日この頃。

最近かなりサッカーに寄っているので(笑)、漫画寄りで何か……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/23

ネズミくん大脱走

手荷物からネズミ80匹、サウジ航空の機内はパニック(ロイター)

サウジアラビアの国内線でフライト中に、乗客が機内に持ち込んだ手荷物の中からネズミ80匹が逃げ出し、乗客らがパニックに陥るという騒ぎが起きた。15日付のアルハヤト紙が報じた。

記事によると、サウジ航空の担当者は「リヤドを飛び立って1時間後、高度2万8000フィート(約8500メートル)を飛行中に乗客はネズミに驚かされたのです」と述べた。

サウジアラビア当局は13日、飛行機が同国北西部のタブークに着陸した後この手荷物の持ち主の身柄を拘束し、どのようにして生きたネズミを機内に持ち込んだのか追及しているという。

ロイター06/12/17

それより、何のためにネズミ?

もしかして、実験用のラット?

Baggage

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/22

ホンダジェット訂正

画像が間違っていましたので、訂正。

どうやら試験機の画像を、新しい物だと勘違いしてしまったようです。情報収集のスキルに問題あり。間違った情報を流してしまいました。申し訳ありませんでした。

そうです、昔のプロペラ機じゃないんだから、そんなに簡単に設計変えられるはずはないのでした。

という事で、今度はCM画像を確認して、こちらが正解。

やっぱりちょっとぽっちゃり感があるのがキュート。Honda_jet_teisei

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダジェット

「ホンダジェット」受注好調 米国で100機突破

ホンダが開発した7人乗りの小型航空機「ホンダジェット」の受注が好調だ。2010年をめどに米国の工場で年間70機程度で量産を始める予定だが、低燃費や自動車ではぐくんだホンダブランドにも支えられ、すでに米国での受注は100機を突破している。増産に向け生産計画の見直しも検討されている。

共同通信06/12/9

「空を見ろ!」

「車だ」

「オートバイだ」

「いや、ホンダジェットだー!」

そういうCMなんだそうですよ?

前に見た時は低翼だったのに、いつの間にか、高翼になってる。

飛行機って、特に民間機は、経済性を追求して設計すると、どんどん形が似てきちゃうんですが。

高翼の上にでっかいターボファンのホンダジェットは、かなり独特。

しかもちょっともったりしたとこが、可愛くてツボ(笑)。

Honda_jet

追記:訂正。

やっぱり低翼だって。試験機の画像を勘違いしたみたい。

CM画像を探し当てる前にアップしてしまいました。すいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/21

議事録読みました

サポーターカンファレンス議事録、読みました。もうちょっと頑張って起きてたら、すぐ読めたんだけど。後30分(笑)。議事録アップ、お疲れ様でした。

というわけで、ディエゴさんがウチに帰ってこないという事が分かって、しょんぼりなんですけれども……。

カンファレンスに行った人のブログを眺めていて、情報公開は大切だなあ、と思いました。ちゃんと誠実に説明してくれるから、みんな「残念だけど、仕方ない」という辺りで納得している。

この姿勢はずっと継続して欲しいですね。

僕も仕方ないから、納得するか……。

お金でもめてんだろうなーとは思ってて、緑のチームの横槍は、さもありなんという感じだったんだけど、蔚山現代の参戦はちょっと意外。KからJへというのはよくあったけど(例:G大阪マグノアウベス 全北現代→大分)、逆は珍しくない?

さて、去年もサポカンの後、発表されたメンバー眺めて妄想してたので、今年も。今去年のを自分で見たら「全然当たってない!」という感じだったので、温かい目で見てください(笑)。

好みも交えて、こんな感じ?

      フランサ

 菅沼  (佐藤)  鈴木

  (山根)  アルセウ

石川 近藤 古賀 小林亮

       南

まずGK。初心に帰って21番とは、南さんやる気ですね。水谷さんも取ったことだし、ここは大丈夫。

DF。古賀さんは当然大活躍してくれないと困るとして。他のポジション争いは、実際のところ大混戦だと思う。

そんな中CBを近藤君にしたのは、単に僕がイングランドびいきで、ガツンと強いCBが好きだから(笑)。

左石川君は期待を込めて。カタールにも行ったし、今売り出し中。

なんか日本の若手って、ちょっと伸びたところで「でもまだ僕若いし」という感じで伸びが止まる場合が多いですけど、いいんですよ? C・ロナウドぐらい貫禄のプレーしても! それぐらい突き抜けてくれ!

右亮君はまず守備を買い。J1では押し込まれるケースが増えそうだし。でもその点では、もしCBがこうなった時は、パンゾー君の両SB起用があるかもしれない。

MF。山根さんと由紀彦さんにカッコがついているのは、ディエゴさんの影響で。代わりに獲って来る新外国人次第だな、と思って。

単純にディエゴさんの代わりなら、攻撃的MFに置き、かつ去年のシステムを踏まえ4-1-4-1のシステムで並べるところなんですが。

去年はリカさんが、試合展開を見て下がってダブルボランチになったりしてましたが。そのリカさんをJ1での守備負担を考えて、契約更新しなかった。竹本GMのコメントでも、守備を気にしている。

で、もしかして、外国人ボランチコンビというのも、あるのかなあ、と。去年の大分のトゥーリオ&エジミウソンみたいに渋く働いてくれたら、素敵。

となった時の攻撃的MFですよ。

ここも凄い混戦だと思うんですが、ディエゴさんが抜けた今、凄い重要ですよ、二列目の人達の奮起!

というわけでまず菅沼君が。去年愛媛で攻撃的MFにコンバートされ、後半開眼。後半の得点はディエゴさんと同じペース、と戻ってきた時持ち上げましたが。

ほんとにそれぐらい働いてくれ! いや、君こそC・ロナウド張りに若くして突き抜けてちょーだい!

そういう希望を込めました(笑)。

右のたっちゃんも、決定力を高めて欲しい。後半少し改善傾向でしたが、さらに、もっともっと。

新戦力の吉朗さんも、ここ出来るんですよね。

トップ下は前述の通り、獲ってくる新外国人次第の部分があり。ここに入るなら、ボランチに山根さん、腰が良くなったら大谷君も。

ボランチだった場合、去年の使われ方を考えると、まず第一候補は由紀彦さんかな、と。頼れるベテラン。

実はドリブルを買われてサイドで使われることの多い谷澤君を、真ん中で使うのもありなのではないか、と思ってみたり。僕の脳裏には、ワールドユースでの超絶スルーパスが焼きついているので。

FWが8人もいて大所帯ですが、去年は怪我に泣いたので。

フランサさんが、フル稼働に意欲を燃やしているのが心強いですね。キタジも今年は怪我無く頑張って欲しいし、帰化する忠成君がドガンと爆発してくれても……と言うか、して。

と、相変わらず妄想長いんですけど(笑)。

議事録読んで、僕の推奨する継続性重視のコツコツ型のチーム作りが確認出来て、良かった。

確かに、ビッグネームに頼りたくなるのが、安心を求める人の本能ですが。

名前は実績を上げてからついてくるものだから、実力のピークより遅れて来る。浦和ぐらい資金力で突き抜けちゃえば別ですが、金でビッグネームぶっこ抜きは、効率の点ではいまいち。

しかもやりすぎると人件費が経営を圧迫、若手に切り替えだ! と大騒ぎになるのは良くあることで。

要所を押さえて、毎年コツコツと、ベテランの経験を生かし、若手を鍛え、バランス見ながらチームを作っていくのが、長い目で見た時に絶対良い方策だと思います。

あと一つ補強が残ってますけど、これで2007年のレイソルは本格始動。

さあ今年も応援するぞー!!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

サポカン

がーーーん……

ディエゴさんが……

議事録読んだらコメントするから、ちょっと待って……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/20

今週の雑感記 仮面の侍軍団

結果待ちだった企画、滑っちゃった。

がっかりなんですが。

次に考えてる手は、もうあるのです。

空いた時間に色々進めておく、というのは、こういう時のため。常日頃から頭は回転させておく。一つ上手く行かなくても、次の作戦は立案済み。

だけど。

次の作戦、遂行するのにちょっと時間かかるんだよなあ……。

待ってる間に、激闘編は進みました(笑)。

ただ、チェックを受ける機会がないので、公開は少し先?

○ コミックガンボ

無料の漫画雑誌が出たそうです。

フリーペーパーというものが出始めた頃から、「漫画ではやらないのかな」と思っていました。タダに勝る求心力のあるお値段はないですからね(笑)。

ただ、この間TVでフリーペーパーのドキュメンタリーを見たときには、採算合わせるためには7割ぐらいは広告を入れないと駄目、という話だったんですが。

漫画は単行本の収益も考えるから、そこまでではないとしても、その辺どうなんでしょう?

家から出ない漫画家は、駅で配るフリーペーパーを手にする機会がないのです(笑)。

社会状況は変わってきているわけだから、漫画も色々変わらないといけないのかもしれない。なので、こういう新機軸も気になるところ。

○ 仮面ライダーをつくった男たち (村枝賢一 週刊少年マガジン)

第三話「仮面の侍軍団」

かっこいい……。

村枝先生は、人情話が本当に上手いよなあ。

溜め込んだ気持ちが、ボンと弾けるシーンが、素晴らしい。

人の情は常に漫画のテーマになる素材。表情一つで表現できるから、漫画に向いていると思う。でもそれに実感を持たせるのは結構難しくて、ちょっとした手の打ち間違いで、素材を駄目にしてしまうことが多い。

そこでびしっと決めてくる村枝先生、お見事です。

「単行本化決定!」とあおりに入っているのは、まだこのシリーズの後もあるという事ですね。嬉しい話。

先週は「仮面ライダーSPIRITS」の1巻の画像だったから、今度は2巻(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/19

緊急着陸

アメリカン航空便、乗客のおならで緊急着陸

米ワシントン発ダラス行きのアメリカン航空便が4日、途中にあるナッシュビルの空港に緊急着陸した。原因は、女性の乗客が飛行中、自分の放屁のにおいを隠そうとしてマッチで火をつけたため。同空港のスポークスマンが6日明らかにした。

それによると、他の乗客からマッチの燃えた匂いがするとの通報があったものの、女性はその場では名乗り出なかったという。

同スポークスマンは「もちろん彼女には怖さと恥ずかしさもあったでしょうが、乗客全員が飛行機を降りざるを得なかったうえに、検査犬を導入するなどして全荷物を検査しなくてはならず、事態収拾までに約3時間かかりました」と語った。

女性には同じ便への再搭乗は許可されず、アメリカン航空の利用も拒否された。

ただ同スポークスマンは「悪意があった訳ではなく不測の出来事だったので、彼女は何ら罪には問われません」としている。

ロイター06/12/7

Gas

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/18

さらに移籍加入

池元友樹選手がFC岐阜から移籍加入です。

脳裏をよぎった言葉が。

「鮎の友釣り」

長谷川君を流すと池元君が釣れる、みたいな(笑)。

でもそういう縁があったという事で。

プロフィールのリバープレートという文字が目に付きます。高校出て、向こうに飛び込んだ、という事ですね。いいですね。やる気満々ですね。サッカーに人生賭けてますね。

そういう人は大歓迎。ようこそー!

それから。

川崎Fの公式HPで、岡山さんの川崎サポに向けたメッセージを、読みました。

世の中には嫌な事がたくさんあって、心が通じ合えない人もたくさんいるけど。

こうして胸を打つ、素敵な人間関係もあるんだ。

そしてそれが今、日立台にある幸せ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007/01/16

宇野沢君が

宇野沢君の福岡への移籍が発表されました。よかった。

体を張って頑張る宇野沢君は、好きなタイプの選手だっただけに、次のチームが決まるかどうか気になっていたのです。

アマチュアなら、学校の部活とか百人超えるチームも珍しくないですけど、プロは給料払わなくちゃいけないから、どうしても絞り込まねばならず。

出番を失ってたんで、もしやと思ってはいたんですが、契約更改せずという事でしょんぼり。

トライアウトにも出ていて、次か決まるかどうかハラハラで。

ホント、決まってよかった。

子供の時からずっとレイソルだったのに、リリースという事になれば、本人ショックだったと思うんですけど。

例えば甲府の長谷川君のように、他チームで花咲かせ、J1返り咲きとかもあるわけで。

と言うかですね、ひとところで駄目が出たからって、全部が駄目になったわけじゃないんですよ! 場所を替えて開く花もあるし、自分を信じて頑張るですよ!

凄い身につまされる話なわけですよ!!

好きな選手な上にこの事態で、ますます感情移入。

ほんっっっっとに、頑張れ!!!!

 

さて、本日から明日にかけ、ココログのメンテナンス。前回はど忘れしていて、管理画面に入れないから慌ててた(笑)。

というわけで、明日はお休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/15

宇宙メニュー

国際宇宙ステーションで日本食いかが

宇宙航空研究開発機構が、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する宇宙飛行士のために、「宇宙日本食」を開発することになった。

国内の食品メーカーなどから自信作を募り、新たに設けられた認定基準をクリアしたものが同機構公認の宇宙日本食として、ISSメニューに組み入れられる。早ければ2008年にも宇宙に届けられることになるという。

15か国の共同事業として進められているISSでは、宇宙食は、長期保存が可能なことや、飛び散って設備を汚さないよう完全包装することなど厳しい“国際基準”が定められている。

今回、同機構はこの国際基準に合わせ、日本食の認定基準を作った。微生物の衛生検査のほか、保存後の粘度、味などの品質も求める。これまで、国内の食品会社などが、おにぎり、白がゆ、クッキーなど計35品目の試作品を作っているが、同機構では、その試作品を含め、メニュー作りを目指す。

読売新聞06/12/6

Menu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/14

次々に移籍加入

記事タイトルは移籍加入なんだけど、まず出てった人についてのコメント。書きそびれてたので。

聡太君が、G大阪へ。でもレンタルだから。武者修行だから。

聡太君は、素材的には申し分なく。ただ、怪我続きで試合経験が足りてない。かぶったり、いきなり逆取られたりが試合中に必ず一度はあって、それが怖いんだけど、あれは経験積んで落ち着きを得るしか。

請われて行くんだから、きっと出番はあるはずで、ぜひ頑張って欲しいです。

レイソル戦以外で(笑)。

山形GK清水君の例があるので、ちと怖いけど、考えない。

さて、移籍と言えば。

ピントさんが、福岡へ。

そして水谷選手が福岡から。

GK同士の交換トレード!?

サッカーでは珍しい事態です(笑)。

しかも第2キーパーの補強どころか、過去三年間、福岡でバリバリのレギュラーです。いいんですか、頂いてしまって?

ピントさんには凄いチャンスだよね、これ。福岡は、もう一人GKを出しちゃってる。出場機会はかなりあるはず。

プロ選手が機会を求めて渡り歩く気持ちは、痛いほどよく分かる。自分もそうだし。今が一番、ピントさんに感情移入しているかも知れない(笑)。ぜひ頑張って欲しいです。

それにしても、何の噂もなかったから、びっくり。今年のフロントの隠密活動振り、侮れません。情報ボロボロ漏れてるチームあるのに、凄いです。

隠密活動という事で、いきなり発表されたのが、新外国人選手アルセウ選手の加入。いらっしゃいませ。

リカさんの後釜かと思いきや、プロフィールを見るとパワー派な感じ。もちっと後ろ目のボランチのよう。最終ラインも出来るらしい。

去年のパルメイラスでは、3ボランチの真ん中という使われ方だった模様。どっちかと言うとアンカーですね。確かに落合君が川崎行きで、あそこは手薄だと思ってた。

これもなかなか的確な補強。後は若くて初の海外みたいなので、ちゃんとフィットしてくれれば。

さて、パルメイラスと言うと。

なかなか決まりませんね。ディエゴさんの去就。もちろん「就」の方ね。

なんか噂によると、パルメイラスは去年大型補強して失敗、今年は慌てて若手に切り替え(よく聞く事態ですね)、それでディエゴさんを戻したい、という事らしいんですが。

それで22歳のアルセウ選手を出しちゃってるんだから、かなり錯綜してると見た。

何とか粘り強く交渉して、確実に「就」の方向へお願いします!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/13

今週の雑感記 地平線でダンス

企画を提出、結果待ち。ちょっとかかるみたいです。

でもその間に、やる事は色々と。

長いスパンで考えれば、すぐに結果に結びつかなくても、少しずつ手を打っておくことが大事だと思うのです。土壇場になって慌てても、上手く行かない。目標持って、こつこつと。

激闘編の続きも描かねば。

○ 地平線でダンス (柏木ハルコ 週刊ビックコミックスピリッツ)

意外な所でご縁があるのです。知ってる人が頑張ってると、刺激になりますね。

新連載の本作はワームホールを使ったタイムマシン、という題材のSF。

上手いなあ。

SF漫画を描く上で、何が難しいかと言えば。

まずSFだという時点で、難しいのではと身構えるお客さんがいるので、いかにスムーズに説明するか。

SFがよく載ってるマニア系の本だと、お客さんも慣れてるので、少々荒っぽい説明でも大丈夫だけど、そうじゃない本だと、丁寧で、かつ手短に分かり易くないと駄目なので、大変。

そして、ネタだけ振っても面白くないわけで。当然漫画として面白くするために、きっちりキャラ立てしないといけないんだけど。

SF設定の説明でページを取られるので、ここも手短に、それでいてきっちり感情移入出来るように描かないといけないから、これまた大変。

で、当然大仕掛けの話が進んでいくんで、それを描くのも大変で。

大変三重苦。

それをさらりとこなしていて、上手い。特にヒロイン春日さんのキャラを立てる10ページぐらいが、テンポもよくて感心。

タイトルに入ってる「地平線」は事象の地平のことだろうか?

当然新連載では単行本が出てないので、画像は前作。

○ 仮面ライダーをつくった男たち (村枝賢一 週刊少年マガジン)

前に読み切りで載ったプロデューサーさんの話が面白かったので、続きを楽しみにしていたんですが、ボリュームアップして3号連続で。

今度は殺陣師さん達の話です。

子供の頃は当然、主役しか見てないんですが(笑)、大人になり、しかも自分が合気道をやって多少の武道の心得が出来てから、あの頃の特撮ヒーロー物をCATVなんかで見て思うのは、殺陣師さん達の体の張りっぷりの物凄さ。

あの受身は、絶対に、痛い……。

プロレスラーもびっくりの、ビッグバンプのオンパレード。しかも下が川原だろうが舗装路だろうがお構いなし。被り物してるから、視界もほとんどゼロのはず。

そんな殺陣師さん達がどんな思いで演じていたのか。次号からも楽しみ。

こちらも単行本はまだなので、画像は村枝先生が、制作秘話じゃなくて仮面ライダーそのものを描いてる「仮面ライダーSPIRITS」を。特に一番最初の一号ライダーのエピソードがかっこよくて、好き。

○ 週刊サッカーマガジン 2007年1月27日号

ふっふっふ。

今週のサッカーマガジン。

特集で、J1各チームの補強動向を追ってるんですが。

ちゃんと入ってますよ。

柏レイソルがJ1に!!

先週号までクラブ情報ページは、まだJ2のままだった。今週からJ1昇格!

年末年始の関係で入稿時期が早かったのか、情報が古過ぎるのはご愛嬌(笑)。

お目当ては石崎監督と山根さんの記事。実は山根さん、「石崎監督を男にする」という目標を達成して、引退を考えてたと知り、びっくり。

翻意してくれて、ありがとう!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/01/12

1/7NOAHディファ有明 いきなりタイトル移動

新年一発目、1/7NOAHディファ有明大会、メインイベントはGHCJrタッグ選手権、王者金丸&杉浦vs挑戦者ブリスコブラザーズ。

なんとびっくりタイトル移動。

NOAHは大好きな団体なんですが、一つ前々から気になる問題が。

リングの上の試合で見せようという気概はいいけど、いくらなんでも話題を作らな過ぎと言うか。前振りなさ過ぎと言うか。

すっごい唐突にタイトルマッチが組まれてしまうことがあり、見てる側として、気持ちの準備が出来ないことがある。

この間の東京愚連隊もそう。僕は全日も見てるから、よく知ってたけど、会場のお客さんの中には、明らかに情報不足な人がいて。フィニッシュホールドが出ても、それと分からない。

今回のブリスコ兄弟は、ROH遠征の映像で何度か見てるけど、まさか来るとは思ってないから、そんな真剣に見ておらず、いたなー兄弟タッグ、ぐらいの印象で。

強いのかどうかも分からない、手探り観戦に。

線はそんなに太くないけど、体の使い方は手練の印象。意外と打撃の当りも強そうだし。しかし、どんな技持ってたっけ……?

途中で、そうだ、どっちかがシューティングスタープレスを持ってたはず、と思い出したら、直後自爆。

これで王者の勝ちかな、と思ったら、しかしそこから粘って、なんとびっくり逆転勝ち!!

意外な結末に、あっりゃ~? とあっけに取られた感じ(笑)。

しかしこれで、ちゃんと強いのが分かったので、最終戦に組まれている防衛戦は、楽しめることでしょう。

むむ、次の日「アバランチDVD」という技で勝ってるけど、どれのことだ? 担いで変な落し方したやつ?

やっぱり気を使って、ちゃんとお客さんにお披露目してから、タイトルマッチ組んだ方が……(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/11

フォアー!

グリーンはどこだ、宇宙空間にティーショット

【ワシントン=増満浩志】国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中のロシアの飛行士が22日夜(日本時間23日午前)、船外活動でゴルフボールを宇宙空間へ打ち放った。

これは、ロシアがカナダのゴルフ用品メーカーから請け負ったコマーシャルの撮影。ミハイル・チューリン飛行士が、同社の6番アイアンを片手で持ち、通常の15分の1の重さの特製ボールを打った。

ボールは3個用意されていたが、チューリン飛行士が足をはしごのすき間に差し込んで安定させるのに苦労し、同僚飛行士に足を押さえてもらうなどして、ようやく1個を打つのに成功。無重力の宇宙空間で活動する難しさを感じさせた。AP通信によると、飛距離は百数十万キロにのぼる見込み。

読売新聞06/11/24

二十億ヤードで、パーはいくつ……?

宇宙でのゴルフは、71年にアポロ14号の故シェパード飛行士が月面で行って以来で、35年ぶりだそうです。

飛距離百数十万キロという事は、最後は大気圏に突入して、燃え尽きるって事? ISSを傷つける恐れはない、という結論だったそうなんですが、他の衛星は大丈夫なんでしょうか?

コマーシャルでデブリを増やすのはどうだろうと思ってたので、ちょっと気になるところ。

Golf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/10

ぽんぽんと移籍加入!

かねてから噂の、名古屋の古賀正紘選手の完全移籍加入とFC東京の阿部吉朗選手のレンタル移籍加入が、正式発表。

なんかよそのチームに比べて、動きがなかなかないのでドキドキしてたんですが、水面下でしっかり進んでいた模様。よかった、よかった。

昇格が決まり、さあ来年J1でやるとして、補強すべきはどこだろうと考えた結果、とにかく早急にここはてこ入れだろうと思った二つのポジションに、パシッと当てはまる素敵な補強。ウキウキです。

まずはDFの補強。昇格3チームの中で、ダントツの失点だったので、ここは何とかしなくては。

失点時に目に付いたのは、なんかあたふたしている間にねじ込まれてしまうシーン。でもこれは1ボランチの宿命で、プレスかけ損ねると、どうしてもDFラインがいきなり攻撃に晒されるシーンが出てくる。

そこで落ち着きをもたらしてくれる人が、欲しかったんですが。古賀選手、若い印象があって、一瞬ちょっと違うかなと思ったけど、もう10年選手なんですね。名古屋には大老秋田選手がいたからか?(笑)

若い時からずっとレギュラーで、試合出場は200試合を軽く超え、経験としては十二分。カバーリングタイプではないですが、一対一に強く、しかも高さも抜群で、セットプレーの失点減にも期待大。ぜひ頑張って欲しいです。

対する攻撃陣は、昨年の得点はJ2No.1なので、一見DFほど緊急性がないように見えますが。

ポストをこなせるFWはたくさんいるのに、裏抜けタイプの人がたっちゃんぐらいなのが、ちと怖かった。層が薄いと、怪我したらピンチ。

そこにやって来た阿部吉朗選手は、ばっちりそのタイプ。大分在籍時に右MFもこなしているので、ウチのシステムにも合わせられるはず。

ゴール前飛び込んで、体張って点取れる、FC東京の中でも好きな選手だったので、来てくれて嬉しいです。

(私信:佐々木少年先生へ。大切に使わせて頂きますので、安心して下さい。)

なかなかいい感じに補強は進んでいて、さあ後は本命、ディエゴさんの残留ですね! レンタルじゃなくて、パスごと買い取っちゃえ~!!

さて。

数え間違いでなければ、これが研究所や激闘編やらと合わせて、1000個目の記事なはず。

凄い。自分で感心した(笑)。

普通の日記は三日と持ったことないから、やっぱりこれは、読んで下さる皆さんのおかげです。ありがとうございます。

少しずつマイナーチェンジしながら、気がつけば1000個。これからもこつこつと。

記念すべき1000個目の記事が、前向きないい話題で、よかった(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/09

盛岡商業優勝!!

高校サッカー選手権決勝、盛岡商業vs作陽高校!!

2-1!!

優勝したのは盛岡商業!!

決勝ゴールの千葉君は、柏レイソル盛岡出身だ!!

おめでとー!!

やっぱりメンバー表にレイソルの文字を見るだけで、テンション違うなー。心置きなく盛岡商を応援した決勝戦。

先制されて落胆。

PK外して真っ青。

しかしそのPKを外した林君が、根性で詰めて、同点弾。

で、千葉君の決勝ゴールですよ!!

いやー、よかった、よかった。

今大会はレベルが拮抗していて、名門校が次々と敗退、決勝戦は岩手県勢と岡山県勢という、高校サッカーの勢力図を塗り替える結果となったんですが。

試合中解説席で話題になっていたのが、ちょうどこの子達がサッカーを始める頃Jリーグがスタートしていて、その頃取り組んだ下部組織の充実とか、指導者の育成とかの効果が現れているんだろうということ。

その点ではレイソルは、この決勝カードに貢献してるよね。

しかも勝ったし、めっちゃ嬉しい。

もう1回、おめでとー!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/08

サーベイ終了

9年活躍の最古火星探査機、通信途絶で観測終了へ

【ワシントン=増満浩志】火星を周回している欧米の4探査機のうち、最古参のマーズ・グローバル・サーベイヤーが通信途絶に陥り、観測を終える見通しとなった。米航空宇宙局(NASA)が21日発表した。

同機による探査は、当初計画の2年を大幅に超えて約9年にわたり、過去の火星探査機で最長。24万枚以上の画像を地球へ送信してきた。NASAは「観測データの分析は今後も続き、さらに新発見もあるだろう」と見込んでいる。

サーベイヤーは1996年11月に打ち上げられ、翌年9月に火星軌道へ到達。水による浸食とみられる跡や、水が消滅した後に残ったと推測される鉱物などを発見。一昨年火星に着陸した探査車オポチュニティーは、サーベイヤーの成果を基に、過去に水が存在した直接証拠を見つけた。

読売新聞06/11/22

そして。

火星表面に新しい水流跡?米研究者が探査機画像を解析

【ワシントン=増満浩志】火星には今も水が存在し、時々地表面を流れている可能性が高いと、米研究者が8日付の米科学誌サイエンスに発表する。

クレーター内に最近、出現したばかりの溝状の地形「ガリー」について、探査機の画像を詳しく解析した結果、溝は長く延びて枝分かれしており、氷や霜を含む堆積(たいせき)物とみられる明るい色調の物質に覆われていた。これらの結果から、「液体が斜面をゆっくり流れ下った跡」と結論づけている。

画像は、探査機マーズ・グローバル・サーベイヤーが同じ場所を繰り返し撮影したもの。新しい画像にだけ写っていたガリー2か所の様子を、マリン宇宙科学システムズ社(カリフォルニア州)で解析した。溝を覆う物質の水源として、地下水や解けた氷、雪の塊などが考えられるという。

読売新聞06/12/7

最近の火星探査機は、頑張ってますね。当初計画を大幅に超える働きぶり。

この辺の探査機は、予算抑えられててお安く作らなきゃいけなかったのに、ホント頑張った。お疲れ様。

Water_on_mars

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/07

盛岡商決勝進出!!

全国高校サッカー選手権準決勝、千葉県代表八千代高校vs岩手県代表盛岡商業の一戦は。

1-0で盛岡。

ごめん、どっちかと言うと、7:3で盛岡商応援してた。

いやね、最初は昨日書いたとおり、五分五分で見てたんですけどね。

日テレアナウンサーがいけないんですよ。

プロレス中継でもよくあって、いつも気になってるんだけど、調べてきたネタをやたら強調。

「磐田入りが内定している山本」とか「千葉入りが内定している米倉」とか、枕詞になってて、連呼してるじゃん?

そっか……。

柏じゃないんだよな……。

本人達には問題はまったくないんですよ。米倉選手なんて、FC千葉なのはな出身で、今度千葉入りだから、地元育ちの子が地元チームに入ったという、非常にいい話なわけで。

でもやっぱねえ……。春から敵だという事を、そんなに強調されてしまうと……。ちょっとモチベーションがダウン。

対する盛岡商は前述の通り、柏レイソル盛岡出身の子がたくさんいます。

柏レイソル盛岡って、U-15までしか、ないんですね。

柏レイソル青梅出身の子はユースにいるけど、盛岡からとなると、やっぱり簡単には呼び寄せられないのか、見当たらなくて。

それでもプロ目指してる子いるんだろうなあ……。なんか頑張って欲しいですね。

というわけで、アナウンサーが「磐田入り……」と叫ぶたびに、僕は少しずつ盛岡寄りになってました(笑)。

試合は土砂降りの中の熱戦。

パスサッカーを志向する八千代には、ちょっと不利。特にセンターサークル辺りに水が浮いてて、パスがよく引っかかってた。

対する盛岡商は、スピードを生かして、長いボールを多用。天候を考えたらこの方が正解で、試合はどちらかと言うと盛岡商ペース。

しかし八千代も、さすがの山本選手が、何度かキレのいいプレーでシュートチャンスを作る。

どっちに転ぶか分かんないなー、と思って見ていた試合は、ロスタイムCKからもつれて、盛岡商が決勝点。盛岡商の決勝進出が決まりました。

決勝の相手は岡山県代表作陽高校。

今度は心置きなく、レイソルつながりで、盛岡商を応援しますよ!! がんばれー!!

 

サッカーの話題をもう一つ。

岡山さんがレンタルから、完全移籍へ!

めでたいですね!

岡山さんのコメント読んで、嬉しくなってしまいました。サポーター冥利に尽きますね。今年も一心同体で!!

……家は買ったんですかね?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007/01/06

レッツゴー八千代~♪

♪オッオーオ、オオオ、オオオ レッツゴーかしわー♪オッオーオ、オオオ、オオオ レッツゴーかしーわー♪

違った、八千代だった。

いや、聞きなれたチャントが、応援席からしてたもんだから(笑)。

というわけで、全国高校サッカー選手権大会準々決勝、千葉県代表八千代高校vs福井県代表丸岡高校。

2-1で八千代国立へ!!

初戦で国見倒してるし、ディフェンディングチャンピオン野州にも勝ったし、このままあと二つ勝てば、優勝だ!!

……けれど、今日は危なかった。

華麗なパスサッカーという前評判だから、どれどれと思って見ていたら。

ちょっと球離れが悪い?

磐田入りする山本選手、千葉入りする米倉選手など、キープ出来る選手の個人技で、ポゼッション優位に立ってるけど、あんまり崩せてないよ?

守備時の帰陣は速いんだけど、攻撃への切り替えがちょっと遅い。足止まってる。で、詰まっちゃって、ボール回らない。……疲れか?

むしろ一見押し込まれている丸岡の方が、はっきりとFW棗選手のスピードを生かしたカウンター戦術で、いい形の攻撃があり。

実はやばくないか? とハラハラしてたら。

DFが処理にもたついたボールを素早く奪った山本選手が、個人技で無理矢理ねじ込んで先制。

2点目もDFの連携ミスから貰ったFKを、米倉選手が直接狙い、こぼれた所を山本選手が押し込む。

狙い通りに攻められなくても、隙を逃さず点を取る。よしよし。

しかし、これで何とかなるかな、と胸を撫で下ろしてたら。

怪我を押して出場の山本選手を休ませようと引っ込めたら、前線でキープ出来なくなってきて、波状攻撃を浴び大ピンチ。一点返されて、さらに追いつかれるかという展開に。

最後の5分はヒヤヒヤ、逃げ切れてよかったー。

で、本日準決勝の相手は、岩手代表盛岡商業なんですが。当然千葉県代表を応援しようと思っていたところ。

柏レイソル盛岡出身の子がたくさんいる……。レイソル的には盛岡商か?

しばし悩んで、結論は。

もう、どっちも頑張れ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/05

今週の雑感記 ほんわか

今度のメンテナンスで、ココログの@niftyBooksのアフィリエイトのサービスが、なくなってしまうそうなのです。なので、仕事合間にココログにもう一つ装備されている、Amazonのアフィリエイトに切り替え。

最初は楽天だったんだけど、それが@niftyBooksになり、そしてAmazonへ。画像が引っ張れなくなったり、アフィリエイトが無くなったり。なんでしょう。向こうには旨味が少なかったんでしょうか。

アフィリエイトよりむしろ僕の主な目的は、画像でブログを飾ることなんですが。それなのに。

切り替えるたびに、だんだん画像が小さくなって行く(笑)。

○ 竹本泉のいろいろぶっく (ソフトバンククリエイティブ)

ゲーム雑誌に載ったエッセイが一冊に。

僕は、竹本先生のどこかのどかな雰囲気が好きで、読んでいるのです。

それは漫画じゃなくて、こういうエッセイでも醸し出されているので、楽しく読める。

それがなんと10年分。すっごい読み応え(笑)。

○ さらに応援中

Amazonアフィリエイトにしたから、上のように、記事中に画像を貼るのも可能になりました。

さらにインスタントストアという、要はAmazonのカタログから、自分好みにピックアップして、編集する機能も発見。

というわけで、「応援中」のコーナーの下に、既刊本を並べたカタログへのリンクも作りました。

同じ釜の飯を食った仲間達とか、その釜の飯を食べさせて下さった大恩ある先生方とか、応援するですよ!

さすが長く続けている先生方は、出版点数も多くて、並べるのも大変だった。画像ないのはやめよっかな、と弱気になったけど、なんとか完遂(笑)。

「応援」の趣旨とは違うかもしれないけど、僕も仲間に入れて下さい、と自分のも並べてみたら、Amazonには「ケッタ・ゴール!」の画像がなく、しょんぼり。いいなあ、みんな。画像があって。

これ、本屋のこだわり店主になった気分で、好きな本並べられるな……。SF本屋を作ろうかな……。

○ 三丁目の夕日 (西岸良平 ビックコミックオリジナル)

SFといえば。

最近頻度が高いような気がする。三丁目の夕日のSFネタ(笑)。

おしくらまんじゅうの圧力で、ブラックホール発生!!

油断してて、思わず吹いちゃった。

荒唐無稽は、デフォルメされた絵で描く、漫画だからこその特権ではないだろうか。素敵。

○ あじさいの唄 (森栗丸 ビックコミックオリジナル)

この号では「あじさいの唄」でも、犬の栗之介が喋りだしてみたり。いい味出してる。

で、これにもコメントしよう、画像も引っ張ってこよう、と思って、さあびっくり。

品薄なのか、Amazonでは古書のみになってる。プレミアまで付いてるよ?

他のネット本屋も、近所の大きな本屋でも在庫切れ。小学館には、まだ在庫があるみたいだけど……。

僕は、この世知辛いご時世、こういうほんわか癒される作品の需要は、掘り起こせば、実はもっとあるのではないかと思ってるのです。心の底で求めている人が、結構いるんじゃないかと。だからしょっちゅうコメントするんですが。

ちゃんと売れてるなら、刷ればいいのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/04

広告看板

KFCが宇宙人に広告、砂漠に巨大なカーネル・サンダース

米ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)は、ネバダ州の砂漠に巨大なカーネル・サンダースの絵を広げた。14日からキャンペーンを開始した新ブランド戦略の一環として作成されたこの絵の面積は8万7500平方フィート(7875平方メートル)。

宇宙から見える人工物としては中国の万里の長城が有名だが、KFCによると、この絵は世界で初めて宇宙から見ることができる広告になるという。

KFCのデドリック社長は「宇宙人が居るのであれば、KFCは彼らのお気に入りレストランになりたい」とコメント。さらに「NASA(米航空宇宙局)の宇宙飛行士であろうと火星生物からのシグナルであろうと、宇宙空間の生命体からきょう連絡があれば、オリジナルレシピチキンをお送りします」とジョーク交じりに語った。

ロイター06/11/15

面白いから、宇宙ステーションから注文すればいいのに(笑)。

輸送コストが物凄いけど、お値段はいかほど?

Delivery

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/03

不漁

今世紀半ばには漁業が崩壊 海の生物種の減少で

現在のペースで海の生物種の減少が続けば、今世紀半ばには世界の漁業が崩壊するなど人間生活に大きな影響が出るとの研究結果をカナダや米国などの研究チームが3日付の米科学誌サイエンスに発表した。03年には29%の種がピーク時の漁獲量の1割を下回る「崩壊状態」にあり、この傾向が続くとすると、48年には現在の漁業対象種のすべてがピーク時の1割を下回ることになるという。

共同通信06/11/3

Fishing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/02

天皇杯決勝 浦和vsG大阪

一年のサッカー始め、元旦の天皇杯決勝。

今年は浦和vsG大阪。1-0で、浦和がシーズン二冠、天皇杯二連覇。

今シーズンは浦和のシーズンだった、という事ですねー。

見てて凄いなと思ったのは、浦和の勝負強さ。

怪我人などからこの日の浦和は、ベストメンバーを組めず。特にDFラインは深刻で、その結果G大阪に押されっぱなし。

いつ失点してもおかしくない展開だったんだけど、ギリギリのところで踏みとどまる。

G大阪は播戸、マグノ・アウベスの2トップが、浦和DFラインを引っ掻き回し、中盤が余裕のボール回し、完全にポゼッションで優位に立つものの。

ガンバ攻撃陣に唯一弱点があるとすれば、高さがないこと。

完全に押し込み、ベタ引きにさせてるんだけど、高さがないので、そこから意外に苦戦。せっかくサイドを崩せても、クロスがことごとく跳ね返され、針の穴を通すように狭いスペースに突っ込んで行くしかない。

逆に浦和は、押し込まれるならとカウンター狙いに切り替え、交代で岡野選手を投入、永井選手との快速2トップに。これが当って、決勝点。

前半見てた感じでは、ガンバの得点は時間の問題だと思っていたのに、ホントにしぶとかったです。

さて、今年はこういう強いチームとも、やらなきゃいけないわけですよ。

不利は免れないと思うけど、そこを頑張って、勝ちたいですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/01

2007年 新年のご挨拶

2007nenga

明けましておめでとうございます。

2007年を迎えました。

今年もこつこつ頑張ろうと思います。

まずは正月明けの提出物を何とかしなくては。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »