« トイレ突入 | トップページ | なでしこvs北朝鮮 PKに散る… »

2006/12/14

パワードスーツ発売

筑波大開発のロボットスーツ実用化へ

筑波大学が開発した、手足の力を増強するロボットスーツ「HAL」が、国内外で評判となり、実用化されることになった。来年には茨城県つくば市内に生産工場を開設し、量産体制に入る。

「HAL」は、装着した人が筋肉を動かす時に出る微弱な電気を感知、体の動きに合わせてモーターも動く。女性や非力な人でも70~80キロ・グラムの人や物体を抱えあげ、100キロ・グラム以上の荷物を背負うことができる。足の不自由な人の歩行補助やリハビリ、介護、工場労働、災害救助など幅広い応用が期待されている。

開発者の山海嘉之・同大教授によると、問い合わせが400件以上に達したため、量産化を決めた。

ビジネス化はベンチャー企業「サイバーダイン」(本社・つくば市)が担当。当面は年20体程度の生産体制を敷き、2008年には年間400~500体に生産ラインを拡大する。

値段は医療機関向けには約500万~700万円になるが、個人向けにはレンタル料(月7万円)と維持費だけに抑える予定だ。来月上旬、つくば市内の病院に実用化第1号の製品を納入する。

読売新聞06/10/29

とうとう発売開始です。パワードスーツ。

これも一度記事に。こちら。

子供の頃SFだった物が、どんどん実用化されていくなあ。

Powered_suit2

|

« トイレ突入 | トップページ | なでしこvs北朝鮮 PKに散る… »

にゅーすdeまんが2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/12483912

この記事へのトラックバック一覧です: パワードスーツ発売:

« トイレ突入 | トップページ | なでしこvs北朝鮮 PKに散る… »