« 去りゆく翼 | トップページ | 多忙につき »

2006/12/19

大切に使おう

ハッブル望遠鏡をシャトルで補修、2013年まで延命

【ワシントン=増満浩志】米航空宇宙局(NASA)は31日、存続が危ぶまれていたハッブル宇宙望遠鏡について、2008年半ばに打ち上げるスペースシャトルで補修を行い、13年まで延命させる計画を発表した。

ハッブルの観測寿命は08年末までとみられているが、シャトル飛行で老朽機器の交換と、新たな観測装置の取り付けを行い、宇宙全体の大規模構造などの解明を目指す。

NASAは、シャトルによる補修飛行を02年までに4回行ったが、03年のコロンビア事故の余波で、その後の補修を断念、科学者から失望の声が上がっていた。

読売新聞06/11/1

修理決定。よかったよかった。

やっぱり、もったいないもんね。

Hubble

|

« 去りゆく翼 | トップページ | 多忙につき »

にゅーすdeまんが2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/12533151

この記事へのトラックバック一覧です: 大切に使おう:

« 去りゆく翼 | トップページ | 多忙につき »