« 透明マント2 | トップページ | vs山形 まだもつれる »

2006/11/23

U-21vs韓国U-21 右サイド完全制圧

昨日はちょいと出かけていたので、帰ってから録画で見ました、日韓戦の今度はホーム。

U-21vs韓国U-21、1-1。またドロー。

この間は洪さん初采配ご祝儀気分で、ドローでもいいやー、と思ったけど、今度は勝ってよかったのに(笑)。

さてこの試合の注目は。家長選手の左SB。

本来はどちらかと言えば前目で使いたい家長選手ですが、所属のG大阪でも、たまにやってるみたいだし、まるっきり無茶な配置というわけでもなく。

この4バックで上手くはまると、サイドからの攻撃が左右ともに二枚刃になって、非常によろしいのでは、と期待しながら試合開始。

結論を言いますと、凄く良かったのではないかと。

特に右の水野選手に、長いサイドチェンジのパスをガンガン通していたのが、非常によかった。自ら突破するだけではなく、一気に逆へ展開出来れば、攻撃力倍増。

それを受けた水野選手の切れ具合も、この試合ではホントに物凄くて。右サイド完全制圧。ナビスコカップでも活躍したし、一回り成長した感じですね。

ただ、この日は4-1-4-1というシステムにしたようなんですが、両サイド二枚刃でクロスが入ってくるのに対して、中央がちょっと。ワントップ孤立させちゃうと、せっかくのクロスが無駄になってしまう。

得点シーンではその点しっかり出来ていたので、そこの所で頑張って運動量上げて、常にゴール前に人がなだれ込んで行けるようになれば、このシステム、かなりいいんではないか、と思いました。

さあ、それより気になるのは本日23日の山形戦。PM1:00より生放送。

対戦成績は良くないんだけど、第三クールでは勝ってるし、もうここまで来たら負けられない。

|

« 透明マント2 | トップページ | vs山形 まだもつれる »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/12781731

この記事へのトラックバック一覧です: U-21vs韓国U-21 右サイド完全制圧:

« 透明マント2 | トップページ | vs山形 まだもつれる »