« のだめカンタービレ | トップページ | vsインド ふわっと »

2006/10/11

10/6NOAH後楽園ホール テロリスト襲来

10/6NOAH後楽園ホール大会。いろいろ見所ありました。

GHCチャンピオンから陥落した秋山さんが、菊地さんに言われてた通り、青くなって第一試合から出直し。しかし、それにつき合わさせられてる菊地さんの方が大変そうだったり。

橋君がようやく怪我から復帰したり。

GHCタッグが、やっぱり小橋さんが復帰するまで空くのもなんだから返上という事で、王者決定トーナメントに向けての動きがあったり。

ヨーロッパ組で固められた外国人選手とか。

そんな中、一番興味深かったのが、セミの三沢&杉浦&太田vs村上&臼田&原。ビッグマウスラウドが殴り込み。「平成のテロリスト」村上和成がやって来た!

けれど、向こうがテロリストなら、こちらには元自衛隊、杉浦さんが! どうせなら太田君ではなく青木君と組んで、自衛隊で両脇固めたら面白かったのに、と思ったのは不謹慎でしょうか?(笑)

試合の方は対抗戦特有の、緊迫感溢れる滑り出し。

ビックリしたのは、太田君。いつものイメージは、不器用だけど一生懸命で泥臭く、というものだったんですが。レスリングの動きしたら、結構強いじゃないですか!

打撃はヘニャヘニャだったので、最後やっぱり取られちゃったけど、僕の中では株が上がりました。

そして杉浦さんのつえーことつえーこと……。タックル入ってもびくともせず。

ネームバリューを考えれば当然三沢vs村上なんだろうけれど、試合として、村上vs杉浦が面白そうだと感じたセミファイナルでした。

|

« のだめカンタービレ | トップページ | vsインド ふわっと »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/12206430

この記事へのトラックバック一覧です: 10/6NOAH後楽園ホール テロリスト襲来:

« のだめカンタービレ | トップページ | vsインド ふわっと »