« ブンブン9月号 最終回 | トップページ | 犬大忙し »

2006/09/06

vsイエメン なんとかかんとか

さて、サウジ戦の敗戦を受けて、どうしても勝ちたいイエメン戦です。

それにしても酷暑に高地と、ずいぶん酷な試合会場が続きますね。

11月のサウジ戦、日本のホームは、仙台ユアスタとか、新潟ビッグスワンとかがいいんじゃないですかね。お返しで(笑)。

収容人数で言えば、ビッグスワン?

さて試合開始。羽生先発がどう出るか。

・・・・・・

前半終了。

聞きしに勝るピッチの悪さ。

テレビではっきり分かるぐらい、イレギュラーバウンド。パスは乱れ、コントロールに気を使い、攻撃のスピードは上がらず。

午前中はフットサル、夕方には打ち合わせと、今日一日イベント盛りだくさんで疲れているもんだから、中東特有の単調な歌の応援とあいまって、油断すると意識が遠のく。

目の覚めるような一撃を希望します。

と言うか、高地で消耗が激しいから、早く点取らないと、この間と同じ事になってしまうかも知れず、心配。

・・・・・・

試合終了。勝ちました!!

vsイエメン、1-0!!

危なかったなあ。

ピッチが悪いもんだから、シュートもクロスも浮いてしまい、どうにもならんぞ、どうしよう、という嫌な流れ。

しかし、前の試合ではさっぱり意思統一出来ていなかったパワープレーが、今度は効を奏して、ギリギリで決勝点。よかったー。

それにしてもです。試合は何とか勝ったからいいんだけど。

オシムジャパンの道のりは、遠そうだなあ、というのが見えた2連戦。

そして実は、それはジーコジャパンから続いているのではないか、と思ってみたり。

最後のパワープレー、ベンチから響く大熊コーチの大きな声。

そしてようやくパワープレーの形になっていくチーム。

最後の、坪井選手の放り込みを巻選手が落として、我那覇選手が押し込んで、というのは、まさにパワープレーといった形でしたが。それまでは、前の試合と同じで、前線にもうターゲットが揃っているのに、ボール回してみたり、決定的な突破をしようとしてみたり。

それを大熊コーチが逐一修正していた。

闘莉王選手を上げた瞬間に、選手自ら感じないと駄目なんじゃないか?

それこそ、「考える」という事なのではないか?

ジーコ監督は「自由」というキーワードでそこを何とかしようとしたけど、道半ばで終焉を迎え、オシム監督はもうちょっと親切に教えてるって事ではないだろか。

オシム監督は練習試合なんかで、メンバーだけ発表して、後はフォーメーションも何も一切指示出さずに送り出す、という事をしてるみたいだけど、こういう部分を期待しているのでは。

前のフル代表も、五輪代表もユース代表も、自分達で問題解決する能力の部分で、最後砕け散ってる面もあり。

そろそろいい加減何とかせねば、ステップアップは難しいと思われるので、ぜひ今度こそ頑張って何とかして欲しいです。

|

« ブンブン9月号 最終回 | トップページ | 犬大忙し »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/11787478

この記事へのトラックバック一覧です: vsイエメン なんとかかんとか:

« ブンブン9月号 最終回 | トップページ | 犬大忙し »