« レフティはお金持ち | トップページ | 冥王星降格騒動記 »

2006/09/01

8/26NOAH後楽園ホール 時代の扉を開くのは

8/26NOAH後楽園ホール大会の注目は。セミファイナル、井上雅央vs丸藤正道。

NOAHの次世代を担う若手の代表、丸藤選手が、今シリーズ最終戦、秋山選手の持つGHCヘビーのベルトに挑戦することになっており、この日はそれに向けての試練のシングル。

前回の挑戦者井上選手に勝って上がって来い、とのチャンピオンからのメッセージ。

試合は雅央さんののらくらペースに巻き込まれ苦戦しながらも、丸め込みを執念で潰して勝利。相手土俵に入り込んでも、ちゃんと勝てることを示しました。

ちょいと前に、仲田リングアナが、KENTA、丸藤の会場人気を評して、超世代軍の頃を思い起こさせると発言していましたが、田上さんを破るというビッグサプライズを起こしてからの丸藤選手は、まさに虎のマスクを脱ぎ捨てた頃の三沢さんのような勢いを感じます。

あの頃の三沢さんは「そりゃ、まだ勝てねーだろ」と、見てるこちらが思ってる相手を次々と撃破。みんなを興奮の坩堝に引っ張り込んで行ったわけですが。

まさか、丸藤選手も勝っちゃうんだろうか?

最終戦が楽しみです。

|

« レフティはお金持ち | トップページ | 冥王星降格騒動記 »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/11691310

この記事へのトラックバック一覧です: 8/26NOAH後楽園ホール 時代の扉を開くのは:

« レフティはお金持ち | トップページ | 冥王星降格騒動記 »