« 弱いから負けるんです | トップページ | 巨人伝説 »

2006/08/20

vs水戸 勝ちが良薬

勝った!!

vs水戸、1-0!!

ふう。

とにかく勝つことですよ。前節あんな負け方した後では、とにかく勝って落ち着くことが薬。

テキスト速報の文面見てるだけで、押されてる感じが手に取るように分かったけど、とにもかくにも勝ってよかった。

この後録画放送があるようなので、見たら追記します。

・・・・・・

始まります。PCで絵を描いてたら肩こってきたので、ここで休憩。

GK代わってるのが一番のサプライズ。

・・・・・・

前半終了。

ホントだ。完璧足止まってる。

全然攻め手ない。

双方ほとんど見せ場なく、笠松競技場が陸上トラック付きで、観客席が遠いため、応援の声もとおーくにしか聞こえないので、なんか凄く寂しい感じ……。

攻め手ないことについては、後で考察。

さて後半。

・・・・・・

フランサさ~ん!!!!

いやね、相手が引いてきてんだから、攻めあぐねるのはある意味当然なんですよね。

バックラインを下げて、裏の使えるスペースを消し、MFも下がってバイタルエリアも狭くしちゃう。すると縦に入れても挟み込まれて取られちゃうんじゃないか、という感じでなかなか前にボールが出せず。

それをいかに崩すかは、永遠の課題。そこの所のせめぎ合いなわけですが。

前半見て考えてたのは。

相手はディエゴ、リカ、両外国人をマンツーマンで抑え、ウチの起点を潰す作戦。対してウチは、途中で4バックにしてリカさんを一列下げ、それを回避。

で、リカさんはボールを持てるようになったけど、相変わらずディエゴさんは潰され、ワントップの忠成君も潰され気味で、真っ直ぐ縦には入らない。

ただ、マンツーマンで付いてるって事は、ディエゴさんが動き回るとマーカーも引っ張られるわけだから、その空いたスペースをうまいことサイドMFが入り込んで使えたら……。

などなど、無い知恵絞って考えていましたが。

そんなの関係ないもんね!!

スペース無くても、上手いからその空間で十分プレーできるし!!

プレッシャー掛けられても、余裕あるから回り見えてて、ダイレクトではたいちゃうから、へーきだし!!

しかもそのダイレクトプレーが正確無比だから、狭い隙間も抜けちゃうしね!!

フランサさん、ばんざーい!!

いやー、個の力が戦術を上回る事がある好例ですね。相手が張ってる網の隙間を技術で抜けてく。

ボール取られない、はたく所は簡単にはたく、味方の動きを見逃さない。

一つ起点を作れれば、周りも思い切って動き出せる。前半とは別のチームのようでした。

問題は。

石崎監督曰く運動量に不安があり、頭ッから使えない事……。

その辺何とかなったら、攻撃力倍ぐらいになるのになー。

さて、一つ勝って落ち着いた所で。

今週はウィークデーにも試合がある過密スケジュール。踏ん張りどころです。

次戦は火曜日、国立でヴェルディ戦。

見に行こうかな……。

|

« 弱いから負けるんです | トップページ | 巨人伝説 »

レイソル2006 昇格への道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/11514995

この記事へのトラックバック一覧です: vs水戸 勝ちが良薬:

« 弱いから負けるんです | トップページ | 巨人伝説 »