« あつあつジャンボコロッケ | トップページ | ペンギン大隊南極へ »

2006/08/26

今週の雑感記 ポールのミラクル大作戦

本日筆者は旅に出ていると思われます(笑)。

予約投稿は便利です。

でも今日の愛媛戦を追う事が出来ません。

勝っててくれー!!

○ ポールのミラクル大作戦

1976/10~1977/9、フジテレビ系列で放送された、タツノコ作品。

カートゥーンネットワークで今週まで放送されてたのを録って見てた。まだ途中までしか見てないんですが。

CATVや衛星放送で多チャンネル時代がやってきて、昔懐かしい作品をもう一度見る機会が増えたのですが、これは僕にとっては諸刃の剣で。

こういう仕事についてしまったため、物語を見る目が物凄くシビアになっていて、夢打ち砕かれる時があるのです。

「なんだこりゃ、すんげえ子供騙しじゃんか!! こんなのに騙されてたんだ……」と、哀しくなる時があり。

見るのに結構覚悟がいります。

でも逆に、凄く幸せな気持ちになる時も、あり。

これはそういう作品でした。よかった、夢破れなかった!

夢の世界からやって来たぬいぐるみの妖精パックンと共に、向こうの世界に遊びに行ったら、幼馴染のニーナが悪の魔王ベルトサタンに捕まってしまい、それを何とか取り戻さなければならぬ……という話。

ぶっちゃけ、あらが無いわけじゃないんですよ。強引で説明不足な設定があったり、シナリオに明らかな不備のある回があったり。

「まあ、子供向けだからな」と、割り引かなきゃいけない所もあるんですけど。

じゃあ子供に見せたいかどうかと問われた時に、これは見せたい作品だったのです。

これは子供の想像力を、いい意味で刺激する作品です。

不思議な世界が、ほんとに不思議で素敵です。

そういう世界観に心ときめかせ、ベルトサタンの恐怖におののき、それに立ち向かうポールに手に汗握って欲しい。

僕が子供の時、そうだったように。

そう思える作品って、結構貴重だと思うんですよ。やっぱりどうしたって、作る側には作り手の事情があるわけで。で、大人としては、見ればどこかしらそれを感じるわけで。

それでも子供に、これに騙されてごらん、と薦められる作品。

どこか、作り手の良心を信じられるから。

例えば序盤から、結構ニーナを連れ戻せそうになったりするんだけど。そのたびに、ベルトサタンが出てきて「ベールター!!」と掛け声かけると魔力が発動、哀れニーナはベルトサタンの手に再び……という構成。

おいおい、ずいぶん強引だな、とか、まあ、シリーズ序盤でヒロイン助かっちゃったら話終わっちゃうしな、と思いつつ。

あの時の子供の僕は、それに一喜一憂し、すっかり騙され、本気で悔しがってたよな、と思い出し。

こういう作品で騙されてたのは、幸せな体験だったなあ、と思うのです。

|

« あつあつジャンボコロッケ | トップページ | ペンギン大隊南極へ »

映画・アニメ・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/11570321

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の雑感記 ポールのミラクル大作戦:

« あつあつジャンボコロッケ | トップページ | ペンギン大隊南極へ »