« 逆立ちキュウちゃん | トップページ | ぼくもいれて »

2006/06/01

vsドイツ タカの恩返し

惜しいっ!!

W杯の前哨戦、vsドイツ、2-2!!

高原選手がドイツに恩返しの2得点。早速「今年のリーグ得点の二倍ですが?」というイジワルな質問が出ていたようです(笑)。

それにしても、逃げ切りたかったなー。

でも、前回はこっちのホームだというのに3-0の完敗だった事を考えれば、アウェーでドローは格段の進歩か。

コンビを高めていけば、日本の速い攻撃が十分通用することも分かりました。最近よく耳にする事ですが、日本人の俊敏性は、大柄なヨーロッパ人にとっては苦手なようです。

代わりに空中戦で勝てません。リードを追いつかれたのは、どちらもセットプレーから。

もう長所も短所もいまさらな話題ですね。このチームは素早いパス回しから点を狙い、頑張ってなるべく空中戦に負けないようにする、と。

当然日本の調子が気になってたわけですが。W杯で応援するチームは、大体いつも決まってて、ドイツもその一つ。こちらの仕上がり具合も気になります。

ゲルマン魂が健在だったのはいいとして、今年は自国開催なのに、評判がよろしくないのが気になるところ。

ここまで来たらもう、じたばたしたって始まらないので、どちらもいいコンディションで臨んで欲しいです。

クロアチアvsイラン(2-2)も見ました。クロアチア偵察しとかないとね。

イランが小さく見えるのがちょっとショック。数字見りゃそうなんだけどもさ。

でかくて強いくせに、上手いというのはなんか反則?

試合は終始クロアチアペース。嫌だなあ、と思ったのは、攻撃パターンが。

アウトサイドのスルナ選手にボランチが絡んで、右サイドから崩してくる。

左サイドはFWのペルショ選手が流れる形で、ここはDFがついていくとして。

ウチの左サイドと向こうの右サイドで、ど突き合いになる予感。

守備激しいんだけど、イランのドリブルに手を焼いて、後ろから行く事が多かったから、やはり俊敏性が日本の勝負所か。

ドイツ戦がまさに格好のケーススタディ。本番も先制して、で今度は追いつかれないようにして欲しいですね。

|

« 逆立ちキュウちゃん | トップページ | ぼくもいれて »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/10319677

この記事へのトラックバック一覧です: vsドイツ タカの恩返し:

« 逆立ちキュウちゃん | トップページ | ぼくもいれて »