« 今週の雑感記 | トップページ | vs鳥栖 またやってもうた…… »

2006/05/14

vsスコットランド そして残るのは誰だ?

「ベッカム2世と呼ばれている、ダレン・フレッチャー!」

とりあえず、ベッカムがついてたら言っとかなきゃ、とアナウンサー。

正確には「ベッカム2世と呼ばれてい、ダレン・フレッチャー」。ユース上がりの右サイドMFだったから。マンチェスターUは好きなので、よく見てますが、最近は使われ方も違ってきたし、ちょっともう、そう呼ぶのはムリあるような?

そんなフレッチャー君のいるスコットランドとの対戦は、0-0のスコアレスドロー。

さて、スコアレスという事は、肝心の玉ちゃんが。

点取ってません!!

生き残れるだろうか……。

まあ、ヨーロッパ中小国は、ああいう闘い方に慣れてますよね。すげえベタ引き。両サイドが下がって、5バックになってる上に、後半途中日本がボール持ってる時にふと数えてみたら、5バックの前に、さらに5人並んでた。

前線に誰も残ってない!

ブルガリアに大勝したスコットランドは、この試合引き分けでもよかったわけで。こうなると徹底して守りを固めてくるのは、強豪国との対戦でもまれているからか。

ベタ引きされたらミドルシュートというのが定石だけど、そのスペースにもうじゃうじゃ人がいるんだもん。

となると残る頼みはFK。しかし三都主選手の素晴らしいキックも、GKに阻まれジ・エンド。

本番にむけて、不安を残す結果となりました。

さて、これで来週頭には、日本代表メンバー発表が待ち構えているわけですが。ちょっと勝手に選んでみたいと思います(笑)。

考え方の基本は、オーストラリア、クロアチア戦を考えて、4バックを主体に、各ポジションで必ずバックアップがいること。

まずGK。川口、楢崎、土肥。まあ、ここは多分当るでしょう。

DF。加地、中澤、宮本、田中、坪井、駒野。中澤選手、怪我で引っ込んだけど、大丈夫でしょうか。

MF。中田英、中村、小野、福西、小笠原、遠藤、松井、中田浩、三都主。4バック主体と言いながら、三都主選手をMFで数えるのは、せめてもの抵抗(笑)。

中田浩選手を入れてみたのがポイント。村井選手が怪我してしまったので、アウトサイド、SBの控えが駒野選手だけになってしまうな、と思ってた時、閃いた。

アンカーとして働けて、左SBも出来る。3バックも考えたら、CBをもう1人、と考えたけど、そこもカバー。めちゃ便利。

稲本選手がどうなるかですね。好みを言ったら、阿部選手もなんですが、ボランチばっかりになっちゃうからなー。

問題のFW。まず玉田。問答無用で(笑)。で、久保、高原、大黒、巻。

最近、よく世間ではFWをプレースタイルで分類するけど、それよりプレーゾーンで考えた方が、噛み合わせがいいんじゃないかと思ってて。

でかい人と速い人、ではなくて、ゴール前で勝負する人と、幅広く動き回る人。

そうすると前者が、久保、巻、大黒、佐藤。後者が、高原、柳沢、鈴木、玉田。大久保選手はまだ候補のうちなのかな。

鈴木-玉田は、一見役割分担できてそうで、アジアカップでなかなか噛み合わず。同じスピード系と目される大黒-玉田の方が、相性よかった。

そこで前者のグループから、まず久保選手。後者から高原選手。

大黒、佐藤が完全にかぶっているので、肉薄してきたけど、大黒。実は玉田、柳沢がライバルなのでは、と思われ、そこで問答無用で玉田(笑)。

柳沢選手を残すことも考えたんだけど、久保選手のコンディションが心配なので、巻選手を。

これで、23人。

こんな妄想を繰り広げている人が、日本中にたくさんいるんでしょうねー(笑)。

さあ、本物のワールドカップメンバーは、どうなるのでしょう。

玉ちゃん残ってくれー!!

|

« 今週の雑感記 | トップページ | vs鳥栖 またやってもうた…… »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/9878772

この記事へのトラックバック一覧です: vsスコットランド そして残るのは誰だ?:

« 今週の雑感記 | トップページ | vs鳥栖 またやってもうた…… »