« 17話目終了 ♪闘う君の唄を | トップページ | vs札幌 なんとかかんとか »

2006/05/27

今週の雑感記 えのきどさんのコラムを読みました

こんばんは、かわせです。

寝ました。

そりゃもうたっぷり。

時計がぐるっと一周するほど。

まだ眠い(笑)。

それでは今週の雑感記。

○ ワールドカップ茶柱観測所 週刊サッカーマガジン

サッカーマガジンの、えのきどいちろうさんのコラムを読みました。この間の柏vs仙台をべた褒めです。

「素晴らしいゲームだった」うんうん、確かにいいゲームでしたねー。

「TVで見てた人には全然分からんでしょう。どのマークが外れたなんて話じゃ、気持ちの入った試合は分からん」えー、そんなー。

そんな事言われちゃったら、久々のCATV生中継に浮かれていた、オイラの立場は?(笑)

コラムは、何でもW杯に絡めて報道する、上っ調子なメディアに対する違和感を訴え、それに対して、W杯とはぜんぜん遠いJ2で行われた熱戦の中に、サッカーの本質を見る内容。

締めの一文は。「もし、ワールドカップの為にサッカーがあるとしたら、この好ゲームは何だ。説明がつくなら誰か教えてくれ。選手もサポーターも何故、あんなにムキになってる? 何の為に闘っている?」

そう、W杯なんて格付けは必要ないのです。それこそ「絶対に負けられない戦い」が、そこにありさえすれば。

というわけで、W杯も応援するし、並行するJ2もめちゃめちゃ応援しますよ!

いやむしろ、J2のレイソル戦の方が、負けた時のダメージでかい。ほんとに絶対、負けられない。

○ DEATH NOTE 週刊少年ジャンプ

裏話を聞きました。

激しく共感しました。

オイラも頑張ろう。

サイドバーのコーナー「my best of」。やっぱり連載終わったから、更新しないと。何にしよう。

もう少し考えます。

○ あひるの空 週刊少年マガジン

ジャンプのベストを何にしようかと考える一方、マガジンでは。

最近の展開を踏まえて、「トッキュー」から「あひるの空」に更新。

自分も漫画を描くわけだから、漫画を評価する時に、やっぱり描き手の視点が入ってきます。

困難な描き方にチャレンジしていればいるほど、凄いなあ、と思うのです。

ぶっちゃけた話、アンケート取りやすい描き方というのはあります。取りやすいと言っても、それをやれば必ず成功するというわけじゃなく、上手く描かないとやっぱり駄目なんですが、難易度は下がる。

人気商売だから、そういうのにすがりたくなるんだけど、そうすると選択できる道筋が狭まってしまう。

そこで勇気を持って一歩踏み出すことによって、ぐっと幅が広がる。困難を乗り越えた先に、新たな地平がある。

問題児たちがバスケをするという、割とオーソドックスな設定から始まったこの作品。

大会始まって、盛り上がってきて。

ところがビックリ、そこで敗退。

「素人が何ヶ月か練習したぐらいで勝てるほど、バスケは甘くない」って、そんな漫画たくさんあるじゃん!?

しかもそこから廃部の憂き目にあって。

そこで、みんなの「バスケをやりたい!」という気持ちをもう一度描く。今までのが、全部伏線だ!

リアリティのレベルを一段上げている。この難易度の高い展開を上手く乗り越えたら、また試合の展開になった時、気持ちの乗り方が全然変わってくる。それこそ「絶対に負けられない戦い」になる。

100話越えた所から、もう一段ギアを上げようとしているこの作品の、これからの行く先に大注目。

それでは今週はこの辺で。また来週ー。

|

« 17話目終了 ♪闘う君の唄を | トップページ | vs札幌 なんとかかんとか »

レイソル2006 昇格への道」カテゴリの記事

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/10243482

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の雑感記 えのきどさんのコラムを読みました:

« 17話目終了 ♪闘う君の唄を | トップページ | vs札幌 なんとかかんとか »