« 5/19NOAH後楽園ホール 燃え上がるか? | トップページ | もうすこし »

2006/05/24

夏への扉

ハインラインの代表作といえば、これを挙げている場合が多いですね。

「夏への扉」(ロバート・A・ハインライン、1957年)

ハインライン氏の魅力は、SFらしいスケールのでかい物語の構成と、そこに登場する人物の人間臭さ。

特にオイラは後者をアピール。他の作品のレビューでも書いてますけど。

スケールでかいのは、確かにSFの魅力の一つで、ウキウキします。SFファンの人は、そういう所に惹かれるんだと思うのですが。

スケールでかくて、テーマも難しくて、脳みそシェイクされて沸騰寸前になるような、「SFらしい」お話は、その難解さゆえ、敬遠されてしまう場合もあり。

その場合大切なのが、キャラクターの魅力。感情移入できるかどうか。

感情移入してもらえれば、そこへの興味で、多少難しい話でも引っ張れる。

この作品の主人公、ダン・デイビス氏も人間味たっぷりです。何しろ、恋人に騙されてふられて、失意のあまり飲んだくれてる所から、話がスタートしています(笑)。

そしてやけくそになって冷凍睡眠を申し込んだり、騙した相手を罵倒してやらなきゃ気が済まないと、出かけていったり。うんうん、気持ちはよく分かる。

で、ここから話がどんどん膨らんでいく。思わぬ事態が起きてみたり、謎の伏線が張ってあったり。一度感情移入してしまうと、今度はこのスケールのでかい構成が、更なる効果を生むのです。いったい、ダンはどうなってしまうのか?

読み始めたら止まらない。何気に手にとって、明け方までかかって一気に読んだ。おかげで読んだ日は寝不足になりました(笑)。

そういう筆力が、50年(!)たっても面白く読ませるんだと思います。

代表作という評判にたがわぬ名作です。興味がおありな方は、ぜひどうぞ。

10/11/29追記:久々に読んで、やっぱり面白かったです。

最近身近で見かけるようになったので、ダンの出世作、自動掃除機・文化女中器(ハイヤード・ガール)の説明のところで、僕の脳内ではルンバくんが動いてました。

ルンバを作った会社はiRobot社ですが、やっぱりアシモフの「I,Robot」(僕の邦題のイメージはやっぱり「われはロボット」)から来てるんでしょうか。

「夏への扉」の新装版と、「われはロボット」、続編「ロボットの時代」。

|

« 5/19NOAH後楽園ホール 燃え上がるか? | トップページ | もうすこし »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/9878734

この記事へのトラックバック一覧です: 夏への扉:

« 5/19NOAH後楽園ホール 燃え上がるか? | トップページ | もうすこし »