« 3/25NOAH石川県産業展示館3号館 永源さんお疲れ様 | トップページ | ボンボン4月号を読んで思ったこと »

2006/04/03

vs東京Vレビュー まず一山越えて

というわけで、日テレの深夜、ダイジェストだけど見ました、vs東京V。

無くなっちゃったのかと思ったヴェルディの録画放送ですが、コメントでご指摘いただいたとおり、レイソル戦はありました。よかった。

しかも勝ち試合で、さらによかった(笑)。

見ていて感じたこと。

他のカードでヴェルディを見た時に、ボールは回るがスペースへ出ない、と思っていたのですが、その点だいぶ改善された模様。

かなり迫力ある攻めになってました。

と言うか、バジーリオ選手は、あんなに速かったっけ? ほんとに昔レイソルにいた人?

対するレイソルもかなり攻撃に連動性が出てきて、スピードアップした感が。双方かなりハイペースのせめぎ合い。

そんな中、影の殊勲は谷澤君でしょうか。どんどん飛び出し、ファールじゃないと止められない、迫力のランニング。相手を退場へと追い込む。ここから逆転劇が。

あとフランサさんが活躍したのも嬉しいところ。

J2では引いて守ってカウンターの相手が多い。そんな時、フランサさんの超絶テクが、絶対役に立つはずだ。

相手が人数かけて、スペースを消しても、その狭いスペースで十分働けちゃう。今日の逆転弾のアシストも、囲まれながらも細かいタッチでキープして、狭いスペース、しかも相手DFが予想もしなかった角度へ、どんぴしゃの柔らかいパス。

相手組織をぶち壊すテクニックを持ってるフランサさんが、全開バリバリで働く日が、早く来ないかなーと、あのアシストを見て思いました。

そう言えば、キタジの鼻はやっぱり折れてたそうなんですが、フェイスガードしてなかったな。ヘディングに行く時、怖くないんでしょうか。気合入ってますね。

いやー、とにかくまず一山越えて、ほんとによかった。

次はまた短い休みで水曜日愛媛戦。厳しいですね、スケジュール。でもせっかく他を突き放したんだから、取りこぼさずに行って欲しいですね。

がんばれー!

|

« 3/25NOAH石川県産業展示館3号館 永源さんお疲れ様 | トップページ | ボンボン4月号を読んで思ったこと »

レイソル2006 昇格への道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/9387087

この記事へのトラックバック一覧です: vs東京Vレビュー まず一山越えて:

« 3/25NOAH石川県産業展示館3号館 永源さんお疲れ様 | トップページ | ボンボン4月号を読んで思ったこと »