« 偵察部隊 徳島vs仙台 | トップページ | 練習試合vs亜細亜大 »

2006/03/14

12人の怒れる男

ネームにちょっと詰まってた時、何気なくCATVのチャンネルを回していると、なんか白黒の映画がやっていて。

ちょっと見て、ピンと来た。「あ! これ絶対、面白い映画だ!」

で番組表で確認すると、「12人の怒れる男」。おお、あの有名な!

時間を見ると、まだ冒頭ちょっとしか見逃してない。そのまま、映画鑑賞へ。

直感も馬鹿にしたもんじゃないですよ? 宮崎駿氏は「フィルムのどこか途中から観始めても、力のある映画は、瞬時に何かが伝わって来る」と言っています。「B級C級は、どこを切ってもB級C級」とも。

確かにあるな、と思うのが、どんな仕掛けが用意してあるかとかは分からなくても、どれぐらいの演出が期待できるか、どれぐらいの演技が期待できるかは、ちょっと見でも分かる。

冴えてるやつは、短いパートも光ってるし、雑なのは、ちょっと見てる間にもボロが出ている。

その点、さすが映画史に燦然と輝く名作、「なんだろう、これ?」と思ってるほんの短い時間でも、画面のテンション、セリフの冴え、演技の質の高さが伝わってきて。

面白いですね。密室劇で、場面転換はほとんどなく、動きを作りづらいシチュエーションなんですけどね。

細かい演出演技で、心の揺れ動きをしっかり見せてるし、緩急つけて緊張感作って、ぐいぐい引っ張っていく。

確かにこれは名作だわい、と納得しました。

ついでにネームで悩んでいたとこも、こういうテンション作ればいいんだ、と閃くおまけ付き(笑)。ありがとう。

いや映画って、本当にいいもんですね(笑)。

|

« 偵察部隊 徳島vs仙台 | トップページ | 練習試合vs亜細亜大 »

映画・アニメ・ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/8903883

この記事へのトラックバック一覧です: 12人の怒れる男:

« 偵察部隊 徳島vs仙台 | トップページ | 練習試合vs亜細亜大 »