« 練習試合vs名古屋 | トップページ | ネーム習得法 »

2006/02/12

vsアメリカ 課題あり

W杯の期間中、裏でひっそり開催されているJ2の方が、気になるかもしれない、という非国民発言をしましたが(笑)、代表どうでもいい、という事じゃ当然ないのですよ?

vsアメリカ、2-3。なんかまあ、極端な試合だったなー。

レイソルが順調に仕上がっているから、最近サッカーはのほほんムードだったのですが。

心配になってきた。大丈夫かな、W杯。

前半立ち上がり、ちょっとだけ、プレスがかかっていい時間帯があったけど、後は防戦一方。で、あれよあれよという間に3点取られ。

後半になったら、今度は向こうがちょっと疲れてきて、ほぼずっと日本の時間帯。

で、よく言われる「決定力の差」で、1点差負け。

原因を考えてみると。

ハーフタイムに解説で「フィジカルに差が」と言っていたので、そうかウチはプレシーズンだった、と納得しようと思ったけど、調べたらMLSもシーズン前。単純に差があるだけだった(笑)。

オリンピックの時も、アメリカの体力サッカーに呑み込まれて、負けたんだよねー。アメリカはフィジカルを前面に押し出していけいけサッカーになり、日本は技術と組織で勝負するサッカーになるのは、お国柄?

「柔よく剛を制す」は有名な言葉だけど、全然制してません。ちなみにこれに「剛よく柔を断つ」という言葉が続いてるのは、割と知られてませんね。まさにその状態。

1トップだったのも裏目だったかも。自ら中盤をごちゃごちゃにして、余計相手にプレスされた印象。

で、後半になると、そこに手を入れて、まず2トップに。さらに、さすがのアメリカも運動量が少し落ちてきたら、今度は日本の技術が優位になって、ゲームを支配。

しかし、残念ながら、あと一歩、及ばず。

気になったのは。

この試合に限らず、ずーっと思ってるんだけど、ジーコ監督は「うまけりゃなんとかなる」と思ってる節があって、フィジカル強い守備の人を特に使いません。

ほんとに大丈夫なんだろか。

ボランチに一枚ハードワーカーがいれば、前半の失点減らせたんじゃなかろうか。

あと宮本、田中と、なぜかリベロが二枚いる3バックは、こういうでかい相手に対してちと辛くない?

オーストラリアも、似たタイプのチームなんだけど……。

それからこれはジーコ監督に限らず、日本全体の問題として。

日本人は技術で中盤制する事に、かなり重きを置いてる、と言うか、そういうのが好きな国民性があるよね、と思うんですが。

制した後、どうするんだ?

スキルフルな選手で中盤制したとして、当然ポゼッションで劣勢になった相手は、とりあえずゴール前を固めてくるわけで。

世界水準で考えたら、体格では劣るから、放り込んでも空中戦で勝てない。

オーストラリアもクロアチアも、でかいですよ?

「決定力不足」という言葉でひっくくられちゃってるけど、ゴール前まで運んで、さあどうする? という部分が、今一番の問題のような気がする。

ゴール前、スピードアップして相手を振り切りたいのに、それが出来ないのは、そこのイメージがはっきりしていないからだと思う……んだけど、これも大雑把な机上論で、そんな簡単にイメージすり合わせられないから、選手はみんな苦労するんだろうし。

ブラジルのように、誰を集めてもなんとなくブラジルサッカー、というぐらい、サッカー文化が浸透していればいいんだけど、日本はまだそのレベルじゃないし。

ほんと、どうするんでしょう?

ああ、のほほんモードで幸せだったのになー……。

|

« 練習試合vs名古屋 | トップページ | ネーム習得法 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

別に「非国民」(私の大嫌いな言葉)じゃないです。
J2の方が気にならないなら,それこそ「非レイソル民」でっせ。

投稿: ケンペス | 2006/02/12 10:57

J2落ちしたときには、自分のモチベーションの低下を心配したんですが、全然杞憂でした。

むしろ上がったような気がします(笑)。

多分W杯期間中は、両方気になって大忙しです。今度は仕事の進行が心配です(笑)。

投稿: ひろし | 2006/02/13 18:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/8607658

この記事へのトラックバック一覧です: vsアメリカ 課題あり:

« 練習試合vs名古屋 | トップページ | ネーム習得法 »