« 練習試合vs清水 | トップページ | vsフィンランド 課題修正 »

2006/02/18

今週の雑感記

こんばんは、かわせです。

オリンピックです。

普通に生活している人だと、オリンピックにしろW杯にしろ、ヨーロッパで行われている大会を見るのは、眠くて大変かもしれませんが。

全然平気。

普段から、グリニッジ時間で生活しているから(笑)。

というわけで仕事中つけてるんですが、どうもいまいち、日本人選手の活躍が……。アテネは大フィーバーだったんですけどねえ。

成績どうこうより、不完全燃焼っぽい人が多いのが、応援していて、辛いところですねー。

それでは今週の雑感記。

○ 金色のガッシュ 週刊少年サンデー

帰ってきた!!

やっぱりこういう、盛り上がってる話がラインナップに入ってくると、雑誌にドンと筋が入ったように見えますね。

でも、どうなってたのか、思い出すのに一苦労(笑)。

つなぎの企画ページ、読み飛ばしてたからな。

○ MAJOR 週刊少年サンデー

現実世界でも近づいてます、ワールド・ベースボール・クラシック。

漫画の中では名前は変えてあるけど、明らかにモデルがいるわけですが、哀しいですね。

監督が仰木さん。

あと、松井がいる……。

○ 聖結晶アルバトロス 週刊少年サンデー

素石命図(ジュエル・インデックス)をわざわざ逆さまにして、周期表ちゃんと言えるかなと、試してみるオイラは元物理学科(笑)。

いけねえ、結構忘れてる……。

ランタノイドとアクチノイドは、やっぱり特別なんだろうか、とか。

理系じゃないと、さっぱりですね(笑)、すいません。

○ ICE SCREAM! 週刊少年マガジン

最初は別にスルーするつもりだったんだけど、昨日朝まで粘って中継を見て、高橋選手の四回転転倒を見ちゃったからには、書かないといけないなと。

「トリノ」「今人気の女子フィギュアスケート」「ミキティばりに女子高生」「年上幼なじみでラブコメ」と、何考えて企画を立てたか、非常によく分かる本作ですが。

その後が問題。

クライマックスで想いを込めた大技が決まるのは、スポーツ漫画の王道パターン。ただし。

それにどれだけの想いを込めたか、その技を決めるのがどれだけ困難かを描かないと、まったく意味無し。軽くさっくり決まるなら、込めた想いもその程度なんだろうと、読者にも軽く受け止められてしまう。

二回転半転倒の後、ぺろりと舌出し、軽ーく決まっちゃう四回転。

なんか解説によると、男子世界のトップレベルでさえ、朝の練習で転ばずに3回決めたら、絶好調と言われるレベルの技みたいですよ?

しかも「なんか飛んだらできちゃった。しかも彼氏もできて、ついでにトリノの切符もゲットできてラッキー」では、この4年、トリノ行きに人生を賭けて、かつあのハイレベルの代表選考の中、惜しくも選ばれなかった選手の人達が浮かばれない……。

便乗人気を当て込んで、この扱いでは、スポーツに対して失礼だ。

それでは今週はこの辺で。また来週ー。

|

« 練習試合vs清水 | トップページ | vsフィンランド 課題修正 »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/8675486

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の雑感記:

« 練習試合vs清水 | トップページ | vsフィンランド 課題修正 »