« 金!!!! | トップページ | 練習試合vs山形 »

2006/02/25

2/17NOAH後楽園ホール ハンセンのように

仕事中のお楽しみ、2/17NOAH後楽園ホール大会。

永源さんのつば吐きを浴びてもだえる菊タロー選手に「マスクかぶってんのに?」と、突っ込んでみたり(笑)、佐野さんのとんでもなく高角度のバックドロップを跳ね返した平柳君の頑張りに、成長を感じてみたり。

シリーズ最終戦の武道館で、タイトルマッチが決まった秋山vs鈴木みのるの前哨戦も注目なんだけど、今オイラの一番の注目は。

森嶋君が爆発するかどうか。

前シリーズ最終戦で、もんの凄い試合をしてタイトル防衛したKENTA選手。今勢いに乗ってます。乗ってるついでに森嶋君を「たまに頑張ると誉められて、いいね」とばっさり。

これに怒った森嶋君。「じゃあ本気出して5分で終わらせてもいいんだな! お客さんも好き勝手言ってるけど、そんなつまんない試合しても、文句言わないってことだな!」と、爆発予告。

でも、怒り方もなんか真面目さが出てて、ちょっと大丈夫かなー、と。

そこで注目していたセミファイナル、小橋&本田&金丸vs森嶋&ヨネ&KENTA。結論から言うと、まあ人間簡単には変われないですよ、という事でしたねー。

試合中の技一つ一つには、思い切りがあってよかったんですが。肝心要のところで、今ひとつ弾けられない。

要は試合後。ヨネ選手が多聞さんのデッドエンドに沈んだ後。

一応はね、やってるんだけど。多聞さんも味方のKENTA選手も蹴散らして退場。

でもね。

ラリアットだったのね。

バックドロップで蹴散らして欲しかったのよさ(ピノコ風味)。

さらに言うと、リング下の小橋選手も引っ張りあげて、バックドロップで目下の敵を三人大の字にして、リング上で大見得切って欲しかったわけ。

ハンセンみたいに。

そう。森嶋君は期待の裏返しで、みんなにあーだこーだ言われて大変だけど、要するにスタン・ハンセンを求めてるんだと思うんですよ。オイラも含めて。

森嶋君、真面目だから。レスリング見ただけで、それ伝わってくるし。教わった通りの基本に忠実なレスリング。相手の技も丁寧に受身取って。

でも、体が規格外だから、それだと弱く見えちゃうんですよね。

まさに体格はハンセン級。不沈艦レベルなわけですよ。そこでハンセンみたいにずんずん前に出て、蹴散らして欲しいという期待感が膨らむわけですよ。

試合後もハンセンだったら。ラリアットの出血大サービスで大暴れ、止めに入った若手もとばっちり。で、「ウィーーー!!」とテキサスロングホーンを決めて、颯爽と退場。

それぐらい暴れる森嶋君が、見たいなー。

……というふうに、散々言ってますけど。何でお前が駄目出し? って感じですが(笑)。

実は、そんなもどかしい森嶋君を応援してるのも、好きなのです。なんかこう、応援しがいがあると言うか(笑)。

だってあんなに真面目で、頑張ってるんだもん。爆発しないと、うそでしょう。

頑張れ森嶋君。爆発する日を待ってるぞ。

|

« 金!!!! | トップページ | 練習試合vs山形 »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/8798486

この記事へのトラックバック一覧です: 2/17NOAH後楽園ホール ハンセンのように:

« 金!!!! | トップページ | 練習試合vs山形 »