« あけましておめでとうございます | トップページ | 認めたくないものだな 自分自身の若さゆえの過ちという物を…… »

2006/01/02

天皇杯決勝

2006年サッカー始め、天皇杯決勝。浦和vs清水、2-1。

実は。

先月悲劇の12/10以降、すっかりサッカーとはご無沙汰で。見るのやだったんだもん、思い出すから。

直後はニュースも避けてたから、ワールドカップの組み分け結果を知ったのも何日か経ってから。玉ちゃんのドキュメンタリーも、直前のイチロー選手の番組は見たのに、見なかったぐらい。当然天皇杯も、どうなってるかなんてノーチェック。

でも、いつまでもそんなことではいけないので、年も変わったことだし、今日から復帰するかなあ、と観戦。

「頑固さ」について考えさせられました。必要だよね、信念。

一時期一緒に降格争いしていた清水が、決勝に残ってる。

リーグでは、なかなか勝ち点が伸びずに低迷した清水ですが、ウチとはちょっと内容が違った。

長谷川健太監督は、低迷してても、基本的なやり方は変えなかった。まずがっちり守って、そこからサイドを使って速く攻める、というコンセプト。

守備はずっとしっかりしてて、後は点さえ取れれば、というところでなかなか勝てなかったんだけど、多分やってる方としては考えが整理されてて、あんまり迷いがなかったんじゃないか。

「やり方はこれで、あとは頑張って攻めきろう」と、頑張る所がはっきりしている。ある意味あの悪夢の逆転劇も、そういう姿勢の賜物だったのかも。

そして、本日決勝戦も。

全体的に、チームとして押してたのは清水。特に前半。中盤素早く寄せる、マリッチの所は潰す、でもってそこから縦へ速く。

ただ、ちょっと速過ぎてプレーに余裕がなく、精度を若干欠いていたのが残念。

対する浦和は、思い通りに試合が運べなくても、じっと辛抱。チャンスを確実に物にした印象。

マリッチ選手は天皇杯全試合でゴールを決めたそうですが、今日が最後。ようやく本領発揮だけど、遅かったという事なんでしょうか。なんか、もったいないですね。

というわけで始まりました2006年。今年は上はワールドカップ、下はJ2と、応援するのも大忙しです。

とりあえず、本日の高校サッカー、流通経済大柏からですね。珍しい、市船出てない、と思ったら、地元の快挙ですよ!

がんばれー!

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | 認めたくないものだな 自分自身の若さゆえの過ちという物を…… »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/7944038

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯決勝:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 認めたくないものだな 自分自身の若さゆえの過ちという物を…… »