« 骨と肉 | トップページ | 13話目終了 »

2006/01/25

偏屈じーさん

誉めるのって、難しいよねえ、という話。

「誉めるのが下手だ」と言われる時があります。

その通りです。

これはある種の病気です。

永らく漫画修行をしている間に、身についてしまった習慣病。

自分が感覚のままに描いていても駄目なんだ、というのは割りと早くに気がつきました。センスないな、と。ナベ先生とか、西川先生とか、身近に常人離れした感覚の持ち主がいたから。

ナベ先生の思考の跳び方は、絶対まねできないと思ったし、西川先生がオイラのネームを見て、例えばここがこうなって、と手本を描いてくれた時に、サラサラッと描いた絵がばっちり決まっていたりして、ああこれは感覚からして違うんだな、と痛感したし。

じゃあ、どうしよう、となった時。

センスで描いても駄目なら、理詰めで考え抜いて、身につけるしかないな、と思ったのです。

そこで、物を見る時、ずーっと考えながら見る習慣付けを自分に。今のが伏線でここの所で回収して……というような事を、分析しながら見るのが当たり前になりました。

ところがこれの反作用で。

例えば10のポイントのうち、9まで良くても、残りの1が気になっちゃう。ここをどうすると、もっと良くなるか、という事を考えるのが習慣になっちゃっているから。人に感想を聞かれたとき、そこが一番気になってるもんだから、つい、そのポイントから喋っちゃう。

そうすると、人には「つまんなかったのかな?」という印象に。実際はそれ以外はOKで、かなりの高得点だから、そこで「つまんなかった?」と聞かれれば、「いやおもしろかったよ! ここがああでそこがああで……」と喋りだすんだけど、普通会話ってそんなに続かないから。それじゃ会話じゃなくて、討論会だから。

ついこの間もあったんですよね、そういう事(笑)。

結果、文句ばっかり言ってる、偏屈な人、という事になってしまうのです。

まあ、そういう評判が立ってるだけなら、別にいいんだけど。最近、まずいなと思うのが。

本人に対して、感想を言う時。

前はナベ先生の仕事場にいたから。ナベ先生が誉めるの得意なんですよ。

しかも、普通先生に見せて意見を聞いてから、他の人はどうですか? と感想を求められるので、「ここはこうしたら?」と補足的に言えばよかった。

ところが今だと、マンツーマンになってしまうので。

ちゃんと全体的な評価からしないと、向こうに間違って伝わっちゃう。いい所がたくさんあるのに、まずいとこから喋りだすと、「そんなに悪かったのか……」と、本意ではない受け取られ方をしてしまう。

偏屈じーさんとオイラが言われるだけなら構わないけど、人を迷いヶ淵に追い込んで、人生狂わせるような事はしたくない。

というわけで、全体的に見て、誉めていい状態の物は、まずさらりと誉めないといけません。ところがこれが難しい。染み付いた行動パターンを変えないと駄目だから。

ある意味、このブログはリハビリ(笑)。

何しろオイラ、国民的大ヒットアニメ「千と千尋の神隠し」でさえ、まず問題点から語るからな。いや、凄く楽しめたんですけど。でも、あの映画、ちゃんとオチてな……(以下、長々と続くので略)

|

« 骨と肉 | トップページ | 13話目終了 »

日記・つぶやき2006」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/7875790

この記事へのトラックバック一覧です: 偏屈じーさん:

« 骨と肉 | トップページ | 13話目終了 »