« 今週の雑感記 | トップページ | やめた!! »

2005/12/11

vs甲府 

落ちた。

でも一戦目の時点で嫌な予感はあった。

一夜漬けを繰り返したチームと、一年間この日のために積み上げていたチームの対戦になっていたからだ。

神戸、東京V、そして柏と、J1の中でも別に経営規模に問題のないチームが三つ落ちた事で、日本のサッカーのレベルは上がったんだなと痛感した。

もう、金で選手を揃えれば勝てる時代は、終わったのだ。

全体的なクオリティーが上がっていて、創意工夫でひっくり返せるぐらいに、差が縮まっている。

選手からフロントまで一つの方向を向いて、どれだけチームを成熟させることが出来るか。組織全体のサッカーに対する向き合い方が、問われるようになっているのだと思う。

残念ながらレイソルは、どういうサッカーをするのかという目標が、ぼやけたままだった。一瞬いい形になっても、それを貫くことが出来なかった。

これを早野監督のせいにして、スケープゴートを作っても、問題は解決しない。どういうサッカーを志向しているか、監督を選ぶところ、選手を採るところから始まっている問題でもあるし、選手間の話し合いによって、すり合わせられる部分もあるからだ。

このような事態に、よく戦犯という言葉が使われるが、スポーツの世界に勝者と敗者が生まれるのは必然的なことで、別に犯罪的行為の帰結、というわけではない。サッカーの神様は残酷だが公平で、当然の結末を用意したのだと思う。

チーム力が劣ったから、負けたのだ。悔しかったら、努力して、知恵を使い体を使い、チーム力を上げて勝つしかないのだ。

甲府の皆さん、おめでとうございます。来年、僕らの分まで頑張ってください。

 

仕事も遅れちゃったし、こんな状態でブログいじってる気分でもないので、しばらくお休みします。それでは。

|

« 今週の雑感記 | トップページ | やめた!! »

レイソル2004・2005 降格への道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/7555852

この記事へのトラックバック一覧です: vs甲府 :

« 今週の雑感記 | トップページ | やめた!! »