« 10/8NOAH後楽園ホール かんちょー! | トップページ | 先勝!!  »

2005/10/12

私を月まで連れてって!

本屋で見かけたんだけど、完全版が発売されたんですね。「私を月まで連れてって!」(竹宮惠子著。白泉社)

ウチにはすでに文庫版が。好きなんですよ、この漫画。

作中でも使われていますが、「私を月まで連れてって!」のタイトルの元ネタは、歌の「Fly me to the moon」。エヴァンゲリオンのエンディングにもなったやつです。

そんなタイトルが示すとおり、ちょっとシュールなSFネタ(当時はわりとポピュラーだった)と、ロマンチシズムが同居している所が魅力のSFコメディ。

まだ10歳だけど、精神年齢はすっかり大人なおませなエスパー、ニナ・フレキシブルと、NASAの誇るA級パイロットだけど、どこかちょっと子供っぽいダン・マイルド。そんな二人が主人公なんですが。

ニナがかわいい。

いや、かわいいって言うと語弊があるかもしれない。竹宮センセはあんまり女の子女の子した主人公を描きませんが、逆にそういう所がいい。

なんと言うか、人間くささでしょうか。男らしさ、女らしさにも裏表があると思うんですよね。そういう裏表があるところが、キャラクターに深みを与えていて。

例えばニナが、結構嫉妬深く打算的で情緒不安定な所。対してダンが子供っぽさが抜けず、バランス感覚に欠けている所。これもある種の女らしさ男らしさだと思うのですが、そこを上手くコメディ仕立てにして、魅力の一つに仕上げている。

だから、設定だけ言えば10歳の可愛い女の子が26の男に恋をするんだから、「萌え漫画?」って感じだけど。ニナが子供なのは実は「女の子は例え小さくても女で、男は大人になっても男の子である」という所を絵にするためなんだろうか、と感じる。

そういう深みを持ったキャラクターの造形に、裏表ひっくるめて生き生きと人間らしくて、可愛いな、と。こういうふうにキャラクターを描きたいですね。

ちなみにこの作品の中に「E=MC2(自乗)」というタイトルの回がありますが。こいつがスピンオフして、「エデン2185」という作品がありました。

これにいたっては、もはやバイブル。

こちらについては、そのうちに。

追記:「エデン2185」の記事、こちら

|

« 10/8NOAH後楽園ホール かんちょー! | トップページ | 先勝!!  »

漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/6245784

この記事へのトラックバック一覧です: 私を月まで連れてって!:

» 私を月まで連れてって! [clausemitzの日記]
私のマイミクさんのひとりが竹宮恵子さんの「風と木の詩」がどうの… と書いていたので、そういや、あたしも竹宮恵子さんの「ファラオの墓」と 「私を月まで連れてって!」とか大好きだったよなー… と懐かしく思い検索してみますた。 [[完全版 私を月まで連れてって...... [続きを読む]

受信: 2006/09/24 18:29

» 私を月まで連れてって☆ [泣きながら、撤退同盟]
今時の子は、SFを「スペースファンタジー」かなんかだと、思っとりゃせんか? [続きを読む]

受信: 2007/01/06 11:49

« 10/8NOAH後楽園ホール かんちょー! | トップページ | 先勝!!  »