« 第一ステージ突破 | トップページ | 私を月まで連れてって! »

2005/10/11

10/8NOAH後楽園ホール かんちょー!

10/8、NOAH後楽園ホール大会。セミではKENTAvs天竜、メインはGHCヘビー前哨戦、力皇&橋vs田上&佐野。
しかし、オイラの心を捉えたのはそれより前のカード。第4試合、三沢&小川&マルビンvs斉藤&越中&杉浦。

何が凄かったかって、三沢さんが(笑)。

最初は普通の試合だったのです。相変わらず越中さんは元気だなー、ぐらいの。

なんかNOAHのマットでは、越中さんのヒップアタックが妙にクローズアップされていて、なんでだろー(笑)と思いながら見ていた。いつの間にか、ヒップアタックに掛け声かかることになってるし(笑)。

でも、越中さんのヒップアタックは、気合を込めての魂の技だから、よくよく考えたらおかしな技なんだけど、シリアスな雰囲気は保たれていて。マルビン選手が頑張ってたりとか、普通に真面目な試合だったのですが。

事件はこの後起きました。

座り込んでいる三沢さんの顔面に、杉浦選手がヒップアタックを叩き込もうとした時のこと。越中さんに触発されるかのごとく、味方がヒップアタックを使い始めるのは、定番ムーブ。一発、二発。

三発目を放とうとした時。炸裂したのが。

浣腸。

爆笑。悶絶する杉浦さん。

何が笑えるって、こういう時の三沢さん。表情がまったく変わりません。目元とか口元とか、少しは緩んでもいいのに。まるで相手の猛攻をエルボーで断ち切ったかのような、厳しい顔。

で、この顔のまま、今度はコーナーに杉浦さんを押し込んで、レフェリーの注意をそらしておいて、また浣腸(笑)。

そんなこっそりお茶目な三沢さんに、存分に楽しませてもらった試合でした。あー、可笑しかった。

ぜひ地上波でも流して欲しいけれども、やるだろうか。

|

« 第一ステージ突破 | トップページ | 私を月まで連れてって! »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/6343814

この記事へのトラックバック一覧です: 10/8NOAH後楽園ホール かんちょー!:

« 第一ステージ突破 | トップページ | 私を月まで連れてって! »