« vsホンジュラス どつきあい | トップページ | プリンセス・プラスティック大公開 »

2005/09/09

気の持ちよう

注射される時に「痛くない」と強く思うと、痛みが軽くなる――。前もって痛みが小さいと思い込むと実際の痛みも和らげられることを、西宮協立脳神経外科病院(兵庫県西宮市)の小山哲男医師と米ウエークフォレスト大のロバート・コグヒル助教授らが脳活動の分析で確認した。6日、米科学アカデミー紀要電子版に発表した。

小山医師らは、被験者10人を対象に、信号音の間隔が15秒のときは48度、30秒では50度など、信号音を2回聞かせた直後にふくらはぎに熱の刺激を与える実験を繰り返し、間隔が長いほど痛みが大きいと思い込ませた。

この後、15秒間隔の時の温度を50度に変えて実験。痛みの程度を評価してもらったところ、30秒間隔で50度の刺激を与えた時と比べ、感じる痛みは小さくなった。

読売新聞9/6

人の感覚は思い込みで結構左右される、という話。確かに慣れちゃうと大して痛くなかったり、とかありますからね。

ただ、注射の時「痛くない!」と思い込もうとしている様を想像すると。痛くない痛くないと唱えている時点で、「きっと痛い」と身構えているのが本心では(笑)。

|

« vsホンジュラス どつきあい | トップページ | プリンセス・プラスティック大公開 »

日記・つぶやき2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/5813403

この記事へのトラックバック一覧です: 気の持ちよう:

« vsホンジュラス どつきあい | トップページ | プリンセス・プラスティック大公開 »