« 宇宙の呼び声 | トップページ | 売れる漫画 »

2005/08/22

夢のある漫画

人に夢と書いて儚い(はかない)と読む……のっけから全否定!?

児童誌に描くようになったから、ちょっと気になって、リサーチかけるじゃないですか。身の回りのお父さんお母さんとか、後子供がいる人のブログを探して、漫画の話題を拾ってみたりとか。

自分が読んでた時には、多分そんなに意識してなかったと思うんだけど。人の親になるとやっぱり考え方がちょっと違ってきて、「子供に与えるなら、夢のある漫画がいい」という事になるようです。

これを描くのが難しい。

ドラえもんが載っていた、元祖コロコロからして、もうそういうスタンスじゃないし。商売入ってくるとどうしても、反応のいいとこに行ってしまう。

昔手塚先生が、「漫画は子供のおやつです」と言っていたそうな。PTAからいろいろ言われて。手塚先生先駆者だから、突き上げも凄かったようです。今は、もう親の世代が漫画で育ってるから、そこまでじゃないんだけど、でもやっぱり親の気持ちとしては、似たものがあるみたい。

まさにおやつとおんなじで、子供に食べて欲しい物が、子供の食べたがる物とは限らない。ポテチとかね、ケーキとか。食べ過ぎたら成人病一直線。

でも、「体にもいいおやつ」が、必ず不味い物とも、限らない。確かにそっちの方が作るの大変だけど。

まさに自分にとってドラえもんがそういう作品で。おいしさと栄養素の絶妙のバランスと言うか。「面白くて、ちょっと考えさせる」「面白くて、夢がある」そういう事は、不可能じゃない。

そういう漫画だから、自分の本棚には未だにドラえもんが並んでいるわけで。捨てられない、宝物のような漫画なのです。

自分もそういう漫画が描きたいな、と。大変なのは、分かってるけど。

|

« 宇宙の呼び声 | トップページ | 売れる漫画 »

日記・つぶやき2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/4839512

この記事へのトラックバック一覧です: 夢のある漫画:

« 宇宙の呼び声 | トップページ | 売れる漫画 »