« 売れる漫画 | トップページ | vs千葉 大荒れ »

2005/08/24

愛のある漫画

「夢のある漫画」「売れる漫画」と来て、「愛のある漫画」。

白状しますと。たまたまタイトルかぶったんで、三部作っぽいかな、と思っただけで。もしかしたら今後増殖するかもしれません(笑)。

さて、「愛のある漫画」。別にH漫画というわけではなく。

世にたくさん出ている漫画のうち、言っちゃ悪いけど、クオリティ的にこれはどうだろう? という漫画があったりします。素人に毛が……生えてもいないんじゃないかね? というような。

すいません。人の事言えません。書いてて心配になりました。

…気を取り直し。

さて、そういう技術的不備を伴った漫画があったとして、当然苦戦する場合が多いのですが、意外に善戦して生き延びる物があったりします。そういう漫画を見ていて思うこと。

愛があるなあ、と。

前回「売れる漫画」で使った例えでいうと、人のいいセールスマンという感じ。なんか説明、微妙に要領得ないなあと思いつつ、でもこの人一生懸命だし、これだけ熱っぽく語るってことは嘘じゃないんだろうし、買ってあげてもいいかなあ、というような。

こういう話が好きなんだろう? という感じではなく、こういう話、いいですよね! お客さんもですか! 僕もなんですよ! という、作者の声が聞こえる。ちょっと下手だけど、期待してあげてもいいかなあ、という好感が生まれる。

あと、計算だけで作ると、ツボを外しやすいのです。別に作ってる方は本気で信じてないから、好きな人が一番力を入れて欲しい所が分からない。さらーっと描いちゃう。

その点本人が信じていると、そこだけは外さない。例え途中の伏線とかに不備があったりしても。いやあんまりありすぎると、愛も届かないので、ほどほどじゃないといけませんが(笑)。

また、この形になると、読む方もある条件で集まります。作者の影の声まで深読みするぐらいだから、漫画好きの人が寄ってくる。もともと、購買意欲が高いのです。その読者と作者の間に、同じ物が好きなんだ! という信頼関係が生まれる。で、買ってもらえる。非常にいいサイクルです。

あと、購買意欲の高い層という事でいうと、今はいわゆるオタク層としてしか認識されてませんが、こういう「愛のある漫画」「好感度の高い漫画」に飢えてる、漫画好きの層っていうのもあるよなあ、と思うのです。ほぼ重なってると思いますが、ちょっと違う。この、「ちょっと」のニュアンスが大事に出来るか。

下手ならせめて、一生懸命信じてること描いて、愛を伝えないといけないよ、という話。

オイラも頑張ろう。

|

« 売れる漫画 | トップページ | vs千葉 大荒れ »

日記・つぶやき2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/4866571

この記事へのトラックバック一覧です: 愛のある漫画:

« 売れる漫画 | トップページ | vs千葉 大荒れ »