« ふたつのスピカ 8 | トップページ | vsメキシコ 濃いサッカー »

2005/06/17

U-20vsベナン 痛い引き分け

むむう……。U-20vsベナン、1-1。この引き分けは……。

見ていて不完全燃焼。なんか、こう……。勝てたよね? この試合。

アフリカ勢の身体能力の高さ、というのはよく言われる所で、実際対面した選手たちも、相手の足が伸びてくるのに苦労していたみたいなんですが。でも、見ていた感じ、どうにもならない、というほどじゃなかった。

オランダ戦の前半は、もう、どーにもって感じだったけど。でもそれを頑張って、後半盛り返したことを考えると。この試合も、何とかして欲しかったなー。

例えば、左サイドの家長選手はこの日絶好調で切れ切れで、対面の相手は完全に後手を踏んでて、面白いように抜けていた。実際同点のFKも、中に切れ込んだ家長選手が取ったわけで。あそこから徹底的に攻めるいやらしさがあってもよかった。

なんかそういう戦略的なものが感じられず、向こうに上手く凌がれちゃった感じで。数的有利も使い切れなかったし。

このチーム攻撃陣のタレントが豊富で、後ろの方が弱いかな、と思ってたんですが、それよりボランチがいないですね。

いや、人はいるんだけど、固定できなかった。そのせいか、なんとなく攻めの意図が希薄で、個人頼りになってる。まず平山選手の高さで行くのか、それとも回してサイドから崩すのか、その辺を仕切る人。

ちなみに忘れちゃったんだけど、日本では守備的MFのことをボランチと呼んでいますが、なんか潰し屋は別の呼び方あるらしいですね。昔、ワイパーって言い方もありましたね。

パンゾー君は潰し屋を期待されているわけで、その辺の守備は何とかなってる。もちっとパススピード上げてくれると、ひやひやしないで済むんですが。それより問題は相方。A代表でいうと、小野選手とか遠藤選手とか、気の利く配り屋の人。

本来このチームのその役は、先発の梶山選手だったんだけど、怪我上がりで体力不安が。他にチームでそれが専門職の人、いないよね……。その辺で、なんとなくな攻めになっちゃったのかな、と。それがオイラの不完全燃焼感の正体。

ボランチは日本語訳で、舵のこと。梶山選手が根性で頑張るのか、それともクレバーだと評判の本田選手がさらりとこなしてみせるのか。次戦グループリーグ最終戦。豊富とされる攻撃陣を操る、舵取り役に注目です。

とにかく頑張って決勝トーナメントに行こうよー!

|

« ふたつのスピカ 8 | トップページ | vsメキシコ 濃いサッカー »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/4574644

この記事へのトラックバック一覧です: U-20vsベナン 痛い引き分け:

« ふたつのスピカ 8 | トップページ | vsメキシコ 濃いサッカー »