« U-20vsオランダ めちゃっぱや | トップページ | 打ち切り補完 »

2005/06/13

6/10NOAH プロポーズ大作戦

そのタイトルで、半分勝ったみたいなもんですよ。何が起きるんだろうと気になった、6/10NOAH選手会興行。

正式には「泉田純のプロポーズ大作戦」。泉田さんが勝ったら、意中の人に告白するんだって!? 当初S田M馬さんとなっていましたが、それは下田美馬選手であることが発覚。どこまで本気なんだろう(笑)?

下田選手と言えば、ハスキーな声でがなりたてながらラフファイトする、怖いお姉さん、という印象ですが。この日は登場した時点でニコニコと。いつも見てる感じと雰囲気違って、なんかチャーミング。「いつも」は大流血戦とか、そういう試合のイメージだからなー。

泉田さんの顔はかなり真剣です。解説の小橋選手「こんな真剣な泉田、見たこと無い」。そりゃまずいでしょう、レスラーとして(笑)。アジアタッグとか、あったじゃん?

ちなみにこの試合の解説小橋選手、ちょっと試合の趣旨からずれてるのが、いい味出してます。弱ってる潮崎選手に檄を飛ばし、下田選手が気になる泉田さんに、「試合に集中したほうがいい」とコメントし。どこまでも本気だ(笑)。

試合はカード見たら一目瞭然、やっぱり潮崎選手が捕まって、泉田さんのフォール勝ち。でもこの試合のクライマックスは、この後だから。

下田選手がリングに呼ばれ、準備万端バラの花まで用意してあって。場内暗転、二人にピンスポットが当たって。泉田さんの緊張が手に取るように分かります。「僕と付き合ってください!」

「ええと、どうしよう?」と素で困ってる下田選手。なんか可愛いな。女子レスラーとしてはきれいどころ系で、ヒラヒラのコスチュームで試合したりしてましたが、こんなに女を感じたのは初めてだ(笑)。どうするんだろう、ドキドキ。

「とりあえず、お友達から…」満願成就とは行きませんでしたが、それでも泉田さん大喜び。ガッツポーズ、タッグパートナーだった力皇選手と抱き合って。そして、いきなりフライング! 下田選手に抱きつこうとして。

下田選手、ビンタ。そして自分の代名詞、ピンクの椅子で一撃! 捨て台詞を残して去っていきました。美馬姉さん、最後はプロの仕事で締めました(笑)。

傷心かと思いきや、泉田さん。「照れてるんだよ」 めげてません。

ほんと、どこまでが本気だったんだろう(笑)?

|

« U-20vsオランダ めちゃっぱや | トップページ | 打ち切り補完 »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/4517333

この記事へのトラックバック一覧です: 6/10NOAH プロポーズ大作戦:

« U-20vsオランダ めちゃっぱや | トップページ | 打ち切り補完 »