« ハーメルンのバイオリン弾き 26 | トップページ | 打ち切り異聞 その1 »

2005/05/11

vs新潟 いけないがいけない?

「勝たなきゃいけない試合だった」vs新潟、0-0のドロー。

一番いけないのは、それではないのかと心配になってる今日この頃。真面目で大人しい選手、多いみたいだし。頑張って何とかせねばという義務感でいっぱいになって、余計な力が入ってるのではないか。あの玉ちゃんが、得意の左足シュートを引っ掛けたのを見て、そう思う。

寿司投げつけるぐらい、ふてぶてしかったらよかったのに(笑)。

前節といい、これだけ惜しく外れて点が入らないというのも。なかなか出来ないですよ。なんかの弾みでポンポーンと入るようになる気がしますけどね。ただし、肩の力を抜くことが出来たら。

というわけで、まあ結果知ってて見てるわけだし、オイラはキリキリせずに、肩の力を抜いて感想を。

前節から明神選手のパートナーに祐三君が。土屋&中澤のCBコンビが同タイプなためか、ちょっと不安定。熟成させるには時間がかかりそうなので、はっきりとしたダブルボランチにしちゃった方がいいのかも。

小林君のボランチは結構将来有望だと思っていたので、これは歓迎。U-20の大熊監督も、ボランチで使ってくれたらいいのに。ボランチには大谷選手という期待株もいるので、二人で競って伸びて行って欲しいです。

近藤選手が華麗な足技にトライする姿勢が目立ちます。トライしているだけで、決まっているわけではないんですけど(笑)。でも、SBやり始めた頃は「なんちゃってSB」で、攻撃にさっぱり参加してなかったから、それを思えば進歩したなーと。

この調子だと来年辺り、華麗に突破する近藤選手の姿が見れるんでしょうか。いや、スピードはあるんだから、ほんとにそうなって欲しいです。近藤選手のポジション取りが高すぎておっかない、という声があるみたいですが、この間までは低すぎて意味なかったので、これも経験値待ちかなー。

「波戸さんいじめ」(せっかく上がって呼んでるのに無視)が気になってたんですが、この試合は大活躍。リカルジーニョ、クレーベル選手が中央から攻め立てて、空いたサイドを有効利用。攻めのパターンとしては、この形は非常に有効なんじゃないでしょうか。続けてけば、タイミングとか精度とかもっとよくなってくと思うし。

後はほんとにゴールにボールを押し込むだけなんだけど。宇野沢選手も帰ってきたことだし、頑張れFW陣。…て、力入るようなこと、言わないことにしてたんだっけ(笑)。

次節ヴェルディ戦、これが終わると中断期間に。こっそりヴェルディも調子悪いし、勝っていい気分で中断期間を迎えたいですね。

|

« ハーメルンのバイオリン弾き 26 | トップページ | 打ち切り異聞 その1 »

レイソル2004・2005 降格への道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/4061494

この記事へのトラックバック一覧です: vs新潟 いけないがいけない?:

« ハーメルンのバイオリン弾き 26 | トップページ | 打ち切り異聞 その1 »