« ciao! | トップページ | いじめ? »

2005/05/22

基本

毎日家からロクに出ず仕事ばっかりしていると、何か変化が欲しくなります。ですが、当然あんまり遊びに出かけると、後でひどいことになるので(笑)、その刺激は別のものに求めることになって。

で、とりあえず新しいアニメをいろいろつまみ食いしてみたり、CATVで昔の番組を眺めてみたり、普段読まない雑誌に手を出してみたり。先月から今月にかけて、そんなことを続けていて、ふと思ったこと。物語の基本中の基本について。

アニメも漫画もこんなにたくさん出てるけど、業界好調とは言えないんですよね。むしろ苦戦中。昔よりむしろ数はたくさんあるんだから、確率的に考えると、もっとヒットが飛んでもいいのに。

ある作品がつまらないのは作家の不手際だとして、全体的に低調なのは、別の原因があるはず。じゃあ何が原因かと考えると。通な方に寄り過ぎて、基本が疎かになっている傾向。この場合の基本は、喜怒哀楽の表現について。

なんかいろんなものを盛り込んで、すっきり伝わらなくなってるな、と。アニメの新旧見比べてたので、それで例えると。

昔のロボットアニメだと、悪いやつが地球を征服しに来て、それをやっつければお終い。やること非常に単純だから、伝えなきゃいけないこともシンプル。敵をどれだけ憎らしく描くか、対して主人公が、それにどう正義の怒りを燃やしているか。

ただ、こればっかりだと飽きてくるから、当然そこからいろいろ工夫して今がある。そうした中で、敵は単純な悪者じゃなくて、いろいろ事情があったりとか、主人公もすっきり「ぶちのめすぜ!」という気分にはなれなくて、いろいろ悩みがあったりとか。

通な人は見慣れているから、複雑でもついて行けるし、複雑にしといてくれないと単純でつまらないし、それでもいいんでしょうが。子供向けと二極化しちゃってるから、真ん中がぽっかり開いている。

そこで大切な基本や原点というのが、登場人物の喜怒哀楽がすっきり伝わることじゃないかなあ、と。

悩んでてもいいけど、それがきちっと表現されてて、そこにちゃんと焦点が絞られていて。気持ちがちゃんと伝わる分を確保してから、捻りやら大仕掛けやらを取り入れた物。それなら、その世界観に慣れてない人でも、人間の描写を手がかりに入っていける。

みんなそう描け! という事じゃなくて、そのポジションが空いているから、そういう作品も作らないと、という事ですが……。考えてみたら。

自分がそのポジションにいることに気付いた。読みなれていない子供たちに対して、ちょっと通なネタを入れたサッカー漫画を描くという。

いや、多分編集部サイドとしては、プレコミックというぐらいだし、もっと単純で構わなかったと思うんですけど、自ら難しくしてみた、と言うか(笑)。だって、サッカー好きなんだもん。

そこでジャガーを出したりとか、あの手この手で頑張ってるわけですが。奇をてらった作戦だけじゃなくて、基本も大事。ちゃんと喜怒哀楽が伝わるように。サッカーがわかんなくても、キャラクターが手がかりになって入っていけるように。

基本より出でて、基本に返る。そんな結論にたどり着いたのです。頑張ろう。

|

« ciao! | トップページ | いじめ? »

日記・つぶやき2005」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46606/4009468

この記事へのトラックバック一覧です: 基本:

» 雑誌 [雑誌辞典]
雑誌雑誌 (ざっし、Magazine) は、週刊、月刊、季刊、年刊などのように定期的に出版され、ニュース性のある記事やジャンル別の様々な事柄を集められた出版物。新聞と書籍の中間的な存在。大学、学会、特定の業界団体が刊行する研究年報、論文集、技術情報誌もこの中に含まれる。図書館では、こうしたものを「逐...... [続きを読む]

受信: 2005/05/22 03:33

« ciao! | トップページ | いじめ? »